東京都知事選告示

 昨日、東京都知事選が告示されました。すっかり都知事選への関心が低下した感もありますが、東京都民である私にとって、重要な選択となるのは間違いないので、大いに注目しています。不出馬が伝えられていた石原都知事は、一部で予想されたように「後出しジャンケン」で立候補を表明しましたが、出馬するか三期で退任するか、迷っていたこと自体はおそらく確かだろう、と思います。石原都知事が立候補を決意した一因として、自身が立候補しなければ、息子の自民党幹事長の責任問題になりかねなかった、ということが考えられます。

 石原都知事以上の「後出しジャンケン」は東国原前宮崎県知事で、石原都知事が出馬表明したので、今回は都知事選への出馬を見送ると予想していたところ、意外にも立候補しました。石原都知事の老いと失言から、わずかながら勝機が出てきた、という判断なのかもしれませんが、ここで立候補しなければ、政治家生命に関わる、との判断が大きかったのかもしれません。勝つのは無理にしても、善戦はできそうなので、次の衆院選に備えて改めて自分の存在感を印象づけよう、との意図なのかもしれません。

 過去3回の都知事選で石原候補に投票しなかった私は、もちろん今回も石原候補に投票するつもりはまったくないのですが、では誰に投票するかとなると、今回の候補者の中では小池候補以外にはいないな、というのが現時点での考えです。昨年の参院選でも、東京選挙区では小池候補に投票したのですが、私が共産党系候補に投票したのは、それが初めてのことでした。しかし、小池候補には共産党色があまりにも強く、正直なところ、石原候補に勝つのは難しいだろうな、と思います。

 共産党という組織にはブラック企業的性格が強く、自身の組織でワーキングプア問題をまったく解決できないのに、地方自治体で貧困問題を解決できることなどないだろうし、仮に共産党が国政で政権を掌握した場合、その体質からして今以上に格差が拡大するのではないか、といった懸念や冷ややかな見方が共産党に向けられるのは、当然とも言えます。しかし、石原都知事の路線を徹底的に批判し、路線変更するとしたら、今回の候補者のなかでは小池候補が最適任でしょうし、都政を掌握したていどでは、共産党が建前を捨てて本音丸出しで暴走するということもないでしょう。ひじょうに厳しい戦いでしょうが、何とか石原候補を破って当選してもらいたいものです。ここは匿名ブログであり、アクセス数を稼ぐことが主要な目的というわけでもないので、今後も、政治問題でも自分の本音を述べていこう、と考えています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック