ドバイワールドカップでヴィクトワールピサが優勝

 日本時間で今日未明に行われたドバイワールドカップは、日本馬のヴィクトワールピサが勝ち、2着も日本馬のトランセンドと、日本競馬にとって大快挙と言える結果になりました。ブエナビスタは、仕掛けの遅さという問題もありますが、直線でなかなか前が開かなかったようにも見えて、残念ながら8着に終わりました。ブエナビスタの能力ならば、勝ち負けになっても不思議ではないのですが、あるいは、オールウェザーが合わなかったのかもしれません。

 正直なところ、かなり相手に恵まれた感がありましたし、日本馬3頭は強力なので、過去のドバイワールドカップと比較して、もっとも勝つ可能性が高いのではないか、と考えていたのですが、1・2着を日本馬が占めるとは予想していませんでした。とくに、トランセンドの2着は意外で、日本馬3頭のなかでもっとも厳しいと思っていたのですが、展開に恵まれたところはあるかもしれないにしても、私が考えていた以上に強く、適応能力の高い馬ということなのでしょう。ドバイワールドカップは、BCクラシックよりも日本馬が勝てる可能性が高いだろうな、とは思っていたものの、こうもあっさりと日本馬が勝てて、それも1・2着を占めるとは、驚くとともに、なんとも嬉しいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ドバイWCは日本馬ワンツーの快挙!!

    Excerpt:  ドバイゴールデンシャヒーンまでは見ていましたが、寝てしまいました。てことで生で見損なったんだけれど、朝起きてヤフーのトップページを見ると、「ドバイWC ヴィクト日本馬初V」の文字が。背筋がぞくぞくし.. Weblog: にたろうの退屈な日々 racked: 2011-03-28 22:54