映画『おとうと』(2010年版)

 地上波で放送されたので、録画して視聴しました。「古き良き日本」の「人情物語」の典型といった感じの映画で、新鮮さはありませんが、少なからぬ日本人が安心して視聴できる映画ではあるでしょう。もちろん、この映画で提示される「古き良き日本」像は、基本的には山田監督の思い描くものであり、史実と合致するかというと必ずしもそうではないでしょうが、少なからぬ日本人にとって心安らぐ物語であることも確かだろう、とは思います。主役を演じた吉永小百合氏は良くも悪くも安定した感じで、準主役を演じた笑福亭鶴瓶氏にとっては、はまり役だったと言えるでしょう。主役の娘役の蒼井優氏については、昨年の大河ドラマ『龍馬伝』でも述べたように、世評ほど演技力があるとは思わないのですが、それでも、若手女優のなかではかなり上位の演技力だな、と改めて思ったものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック