菊花賞結果

 京都では菊花賞が行なわれました。オルフェーヴルの三冠のかかったレースだったのですが、メイショウサムソン・ネオユニヴァースのときと同様に、あまり盛り上がっていないようなのが残念でした。これは、勝ち方がミスターシービーのように派手ではなく、春のクラシックで危なげなく完勝してきたとはいっても、着差はナリタブライアンやディープインパクトほどではなく、またシンボリルドルフやディープインパクトのように無敗ではなく、皐月賞トライアルのスプリングステークスまでなかなか勝てなかったことなどが原因なのでしょう。

 レースは、大逃げする馬がおらず、それほど馬群がばらけずに進みましたが、オルフェーヴルは引っかかっていたように見えて、危ないかな、とも思ったものの、うまく前に馬を置いて、何とか落ち着いたように見えました。オルフェーヴルは坂の下りで一気に先頭に取りつき、直線では他馬を寄せ付けずに完勝し、2005年のディープインパクト以来7頭目の三冠馬となりました。2着はウインバリアシオンで、最後方からレースを進めたので、もっと前につけておけば、とも思うのですが、オルフェーヴルとはかなり力の差がありそうで、オルフェーヴルを本気で負かしにいっていたら、2着も危なかったのかもしれません。

 オルフェーヴルは3歳世代では抜けて強いことを証明し、これからは古馬との戦いに挑むことになります。おそらく、現時点で現役最強の古馬はブエナビスタだと思いますが、オルフェーヴルはブエナビスタよりも強そうです。オルフェーヴルの次走がジャパンカップか有馬記念なのか、現時点では分かりませんが、そこで完勝するようならば、来年は日本最強馬として堂々と海外の大レースに挑んでいってもらいたいものです。順調に調整が進めば、オルフェーヴルが海外の大レースを勝てる可能性は低くないだろう、と思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック