嫌いな用語

 偶然見つけた記事ですが、共感するところのあるコメントがありました。元々は、言い回しについての記事なのですが、近年になって、ネット上などで用例が増えたように私には思われる用語・単語についても、触れられています。
http://tommorow23.blog.fc2.com/blog-entry-87.html

310 名無しさん@涙目です。(神奈川県) 2011/10/05(水) 05:14:51.06 ID:LIRApwze0

>>33
俺はこの「相方」と「ツレ」が心底嫌いだわ

こっちでこんな言葉使う奴いなかったのに、大学入学以後地方出身の奴だけが
やたらとドヤ顔で使ううえ、友達なのか彼女なのかもわからんから
いちいち人に「で、誰といるの?」とか聞きなおさせる手間を作り出してるだけの馬鹿


 『いちいち人に「で、誰といるの?」とか聞きなおさせる手間を作り出してるだけの馬鹿』と私は思いませんが、「相方」と「ツレ」という言葉には、嫌悪感を抱いてしまいます。その理由はというと、上手く説明できず、感情の問題としか答えられないのですが。

 その他に嫌いな用語に、債務不履行という意味合いで用いられる「デフォルト」があります。おそらく、私にとって「デフォルト」というと、「ユーザが入力するはずの値に入力が無かった場合に使う為に、プログラム側であらかじめ用意しておく値」という意味(ウィキペディアよりの引用)がもっとも馴染み深いからなのでしょう。確かに、日本語に訳しにくい外国語はありますが、この場合は、他にも意味合いがありますし、適切な日本語訳もあるわけですから、わざわざ外国語を片仮名表記にする意味はないと思います。債務不履行と書いたほうが、現代日本社会ではずっと分かりやすいと思うのですが。

 サッカーが日本社会で人気を得るようになってから用いられることの多くなった「サポーター」という用語も、私にとってはずっと気持ち悪く、応援団でよいのではないか、と思い続けてきました。もっとも、この問題については、「サポーター」という用語には、応援団という日本語には含まれないような意味合いも込められている、という可能性もあるのかもしれませんが。それと関連して、「**ジャパン」という表記にも気持ち悪さを感じるのですが、その理由となると、やはり上手く説明できません。もう一つ例を挙げると、「ネチズン」という用語にも気持ち悪さを感じ続けてきました。おそらく、最初に目にした時に、意味がまったく分からず、何となく語感がネオナチに似ているように思えたからなのでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

この記事へのコメント

みら
2011年10月08日 10:06
こんにちわ。

サポーターといえば、膝あて何ですがね、私の場合は。

サッカーは、異様な盛り上がりに引いてしまいます。

ネチズンて、何ですの?

ツレは、「ツレがうつになりまして」映画化に誘われてお断りしたところですが、私も嫌いな言葉です、大阪の友人が使いますが、友達と夫婦の区別がつかない。

2011年10月08日 21:52
ネチズンとは、インターネットなどのコンピュータネットワーク上の社会に属しているという意識の強い人々の呼称だそうです。
三毛猫
2011年10月09日 21:19
こんにちは。

「デフォルト=債務不履行」は、
ITが一般家庭に浸透するよりもずっと前から、
金融機関などで使われています。
なので、先にこっちの意味に慣れると、
ブログ主さん達と正反対の違和感を覚えます。
でも、どちらの意味であっても、
「デフォルト」という単語の使われ方に
戸惑うところは共通しています。
ニュース等の不特定多数の人が接するメディアで、
業界用語を「当然わかっているはず」の言葉として使われるのは、
あまりいいことではないと思います。
長文失礼致しました。
2011年10月09日 21:50
金融機関での使用がずっと前からだったことは、知りませんでした。金融については明らかに勉強不足なので、新聞などで目にしたことはあっても、しっかりとした知識にはならなかったのでしょう。

この記事へのトラックバック