世界最古のベッド?

 南アフリカのシブドゥ遺跡で発見された、中期石器時代のベッドについての研究(Wadley et al., 2011)が報道されました。ナショナルジオグラフィックでも取り上げられています。シブドゥ遺跡では、矢(鏃)と思われる中期石器時代の遺物が発見されており(関連記事)、現代の古人類学界において関心の高い、中期石器時代の「現代的行動」をめぐる問題について論じるさいに、重要な遺跡と言えるでしょう。この研究でも指摘されているように、中期石器時代は、「現代的行動」とも関連しているのですが、現生人類(ホモ=サピエンス)のアフリカ内およびアフリカ外での拡散や、人類集団の瓶首効果という点でも注目されています。

 この研究によると、シブドゥ遺跡では、77000年前には、殺虫性の化学物質を含む芳香植物(スゲや他の単子葉植物)から、葉を切り取ったベッドと推定されるものが作られていました。これがベッドだとしたら、現時点では世界最古となります。73000前には、この居住環境の維持のために、当時の住人が定期的に焼いていたらしい、とも推定されました。58000年前までには、ベッドを作り、焼く頻度が増えたらしいことが分かり、人口増加を示しているのではないか、と推定されています。

 虫除けという目的もあるらしいベッドを作り、居住環境の維持のために定期的に焼いたらしいということは、「現代的行動」の現れと言えるでしょうし、人口増加を示していると解釈できる痕跡が見られることも注目されます。ただ、こうした「現代的行動」がアフリカ南部で多く発見されているからといって、アフリカ南部が起源地とは限らず、アフリカ南部(実質的には南アフリカ共和国)の発掘が経済力の高さにより進んでいるから、という側面が多分にあるのだろう、と思います。また、「現代的行動」はどこかで短期間に一揃いで出現したものではなく、各地で散発的に出現していった可能性が高いのだろう、と私は考えています。


参考文献:
Wadley L. et al.(2011): Middle Stone Age Bedding Construction and Settlement Patterns at Sibudu, South Africa. Science, 334, 6061, 1388-1391.
http://dx.doi.org/10.1126/science.1213317

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック