フェブラリーステークス結果

 東京ではフェブラリーステークスが行なわれました。昨年の勝ち馬テスタマッタと3年前の勝ち馬エスポワールシチーに、昨年秋のJBCクラシックを勝ち、その後ジャパンカップダートで2着・東京大賞典で3着・川崎記念で2着と大レースで好走を続けるワンダーアキュートが出走してきましたが、テスタマッタとエスポワールシチーはもう全盛期を過ぎているでしょうし、ジャパンカップダートを勝ったニホンピロアワーズ・東京大賞典を勝ったローマンレジェンド・川崎記念を勝ったハタノヴァンクールが出走しなかったので、フェブラリーステークスとしては寂しい出走馬構成になった感は否めません。それでも、芝路線の一線級であるカレンブラックヒルが出走してきて、なかなか盛り上がったように思います。

 レースは、タイセイレジェンドが逃げてエスポワールシチーが2番手という展開で進み、やはり距離が長かったのか、直線でタイセイレジェンドが失速すると、エスポワールシチーが先頭に立って粘ったのですが、グレープブランデーが差して勝ちました。グレープブランデーにとっては2年前のジャパンダートダービー以来の大レース勝ちとなります。エスポワールシチーは、もう全盛期を過ぎているのでしょうが、よく粘って2着となりました。全盛期に調子が万全の状態で、アメリカやドバイの大レースに出走してもらいたかったものです。3着のワンダーアキュートは、相変わらずの安定感です。1番人気のカレンブラックヒルは3番手を進んだのですが、3~4角ですでに手応えが悪く、直線では失速して15着に終わりました。ダートコースが合わなかったのかもしれませんが、久々の出走も響いたのかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック