SSDがIDEモードだと消費電力が増える

 まだ日付は変わっていないのですが、8月10日分の記事として掲載しておきます。先月、BIOSが起動しなくなり、マザーボード上の電池の抜き差しにより無事再起動したのですが、これによりBIOSが初期化され、SSDがIDEモードになったことを失念してしまい、そのまま使い続けました。このところ、どうもパソコンの消費電力が増えるというか、CPU使用率が高いなあ、と思っていたのですが、ふと気づいてSSDをAHCIモードに戻したところ、無事CPU使用率は以前の水準に低下し、消費電力も減りました。IDEモードでもAHCIモードと比較して、普通の使用では体感速度が変わらなかったので、気づくのが遅れました。バックアップや大容量データのコピーをしていれば、気づいたかもしれませんが。

 この現象が一般的なのか、私のパソコン環境
http://sicambre.at.webry.info/201110/article_19.html
での特殊なものなのか、分かりませんが、今後はBIOSを初期化した時には気をつけたいものです。それにしても、BIOSがいきなり起動しなくなるのには困ったものですが、BIOSの再起動のやり方に慣れたのは収穫です。まあ、あまり嬉しくない収穫ですが。数ヶ月前にSSDの健康状態が99%に低下してしまいましたが、体感できるほどの性能低下はありませんし、最近はCPUの性能向上が鈍くなっているということもありし、重いソフトを使う予定もないので、少なくとも後3年くらいはこのデスクトップパソコンを使い続けたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック