最近の競馬の結果や飲食関係の話題など

 色々とこの記事にまとめておきます。中央競馬のこの秋のGIはいずれも重賞未勝利馬が勝っているのですが、スプリンターズステークス以外は勝ち馬がそれなりに人気になっています(スプリンターズステークスの勝ち馬スノードラゴンは高松宮記念で2着になっており、今回は過小評価されてしまった、ということなのかもしれません)。馬券売り上げが低迷するなか、経験豊富な馬券購入者が多く残っているのかな、とも思います。私はもう15年近く馬券を購入していませんが、馬券下手なので、このような状況で馬券を再度購入しようという気にはとてもなれません。

 天皇賞(秋)を勝ったのはスピルバーグですが、ジェンティルドンナは好調とは言えなさそうなのに2着を確保しており、今回の出走馬の中では最強であることをしっかりと示したと思います。調子が上向くようなら、ジャパンカップ3連覇を達成しそうです。JBCクラシックではコパノリッキーが完勝し、ゴールドアリュール産駒の超一流馬らしく、しばらくダート路線の王者として君臨しそうです。2着のクリソライトもゴールドアリュール産駒で、これまではオーロマイスターのようにゴールドアリュール産駒の一発屋に終わるのかな、とも思っていたのですが、今後さらに成長して、来年はコパノリッキーを逆転するかもしれません。

 アメリカ合衆国では、ブリーダーズカップが行なわれ、ディスタフではアンタパブルが勝ちました。アンタパブルは今年になって牝馬限定のGIで圧勝を続けているのですが、ハスケル招待ステークスでは同世代の牡馬に完敗しており、レイチェルアレクサンドラやゼニヤッタ級の牝馬ではないようです。クラシックを勝ったのはそのハスケル招待ステークスの勝ち馬であるバイエルンなのですが、注目されるのは、6着までを3歳馬が独占したことです。日本と比較して有力馬の引退の早い北米とはいえ、これには驚きました。


 先日、23年以上使い続けてきた電子レンジがついに故障してしまいました。一応動いて明かりも出ているのですが、まったく温まりません。ネットで検索すると、マグネトロンかその駆動回路部分の不具合のようです。故障の判明した前日までは正常に動作していたのですが、23年以上使っていただけに、仕方のないところでしょうか。購入して半年くらい経過した後に、一度運ぼうとして落としてしまって故障したので修理に出したことがあるのですが、さすがに23年以上前の製品だと修理は無理だと判断して、新製品を購入しました。それにしても、よく電子レンジを23年以上も使ったものだと思います。使用頻度が低かったので、これだけ長い間もったのでしょう。

 旧製品と新製品との詳しい比較をしたわけではないのですが、機能・使い勝手という点ではさほど差はないようです。電子レンジは20年前の時点である程度完成しており、その後は大きな革新はない、ということでしょうか。まあ、消費電力の点など、私の気づきにくいところで大きな改善があるのかもしれませんが。現在は、電子レンジはあまり売れていないようで、オーブンレンジが主流のようです。安いので電子レンジを購入しようかとも考えたのですが、さほど価格差があるわけでもないので、オーブンレンジを選択しました。

 私は独り暮らしが長いのですが、恥ずかしながら他人に出せるような立派な料理は作れません。野菜と蒟蒻を煮込むだけとか、野菜と卵を炒めるだけとか、単純な料理しか作れません。煮込むとはいっても、市販の粉末状の鰹出汁に醤油を目分量で入れただけです。こうして大量に作って冷蔵庫に保存しておいて、3~4日くらい食べ続けます。今回も、前日に作った料理を電子レンジで温めようとして、故障したことに気づきました。以前はたまにカレーも作っていましたが、これも野菜を煮込んで市販のカレールーを入れただけのものでした。かなりお粗末な自炊ですが、自炊には時間も金もあまりかけず、美味いものは高い金を払って食べればよい、と私は考えています。


 以前、「そう言えば、トルコ風アイスは美味かったのに、すっかり消えてしまいました。売れなかったのですかねぇ。ヨーグルト味なんてかなり美味かったと思うのですが」と述べたのですが、そのトルコ風アイスが再び発売されることになりました。残念ながらヨーグルト味ではなくバニラなのですが、ファミリーマート限定で数量も限定とのことで、早めに購入しておく予定です。これが売れたら、また以前のようにレギュラー品として発売してくれるのでしょうか。そうなることを強く願ってはいるのですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック