大河ドラマ『花燃ゆ』第3回「ついてない男」

 今日はもう1本掲載します。視聴率の低さが話題になっている本作ですが、幕末の激動期を迎えて長州の若者たちの焦燥感が描かれ、これから面白くなる要素はあると思う、というか面白くなるよう期待しています。本作の売りの一つはホームドラマパートなのでしょうが、伊之助・寿夫妻の場面がつまらないのは残念です。もっとも、まだ序盤で、今回結婚したばかりなので、判断は時期尚早かもしれませんが。

 これまでの2回、やや空気だった主人公の兄の梅太郎には今回見せ場があり、やっと存在感を示しました。「常識外れ」の弟寅次郎(松陰)にたいして、「常識」と「世間知」を象徴する役割という人物造形なのでしょうか。ただ、主人公の父の百合之助が相変わらず空気なのは気になるところです。配役からすると、物語で重要な役割を担う人物のように思うのですが・・・。

 今回、久坂玄瑞が本格的に登場して主人公の文との出会いが描かれました。この出会いはおそらく創作なのでしょうが、事績・言動のよく伝わっていない主人公を、長州の若者たちを「陰で支えて育てた」人物として描くには、こうした話を挿入していかねばならない、ということなのでしょう。おそらく多くの人が不安視していただろう久坂玄瑞の演技は、やはり残念な出来だったのですが、覚悟ができていたので、ほとんど失望せずにすみました。しかし、将来は主人公の夫になりますし、その事績からも見せ場が多くなるでしょうから、今後の展開を考えるとかなりきついものがあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろし
2015年01月19日 16:13
酷い。これは酷いです。
唯でさえ期待が低かったのに、ここまで落ちるとは。
製作陣に苦情を送りたいぐらい、頭に来ました!
完全に朝ドラの展開でした。
2年連続で、詰まらなく酷い序盤が観れるとは、夢にも思いませんでした。

文の最初の夫・久坂玄随登場。
ついてない男とは、馬鹿にしすぎです。ギャグのつもりか?
完全に朝ドラに出るような人物の扱いなのが、とても腹に来ました。
恐らく、今までの久坂玄随ではワーストかもしれません。演じた東出さんに、気の毒です。

松蔭の扱いが、とても酷かったです。
序盤の準主役的の人物が、こんなにも印象が薄いとは、ショックです。
黒船に乗込む動機や、黒船の危機の描写がゼロなので、全然説得力がありませんでした。
序盤の重要人物なのに、非常に勿体無いです。無責任です。

最後に主役。これも前回同様、殆どパッとしませんでした。
魅力が殆ど感じられず、演じた井上せんにも気の毒です。
久坂同様、20代後半の役者を、10代の役を演じるのには違和感がありました(まあ、近年では珍しくないですが)。子役だったら割りと自然にみられる演出だったのに、大人の姿には無理があります。

(続く)
ひろし
2015年01月19日 16:14
視聴率は15.3%と、前回よりも上がりましたが、それでも世間(特にSNSからは)からは、相当非難・批判を浴びています。まあ、内容がこんなのだったら、当たり前ですが。時代劇最後の砦である大河がこの調子で続けば、本当に打ち切られ、滅びそうな気がします。それだけは、なんとしても阻止せねば。
まだ始まったばかりで、巻き返しは十分ある(と思います)。
まあ、製作陣のヤル気次第ですが(汗)。
このまま行けば、恐らく幕末のみならず、史上最低最悪大河を塗り替えるかも(ちょっと極端ですが)。

以上、朝ドラ大河『花燃ゆ』でした~。
早く来年が来て欲しいです!

それでは~
2015年01月19日 21:28

吉田松陰の扱いは確かにどうかと思わされますね。かなり省略され過ぎの感は否めません。久坂玄瑞の人物造形も残念でしたが、まだ今後の成長に期待したいところです。

視聴率は、何とか15%以上を維持できればよいのですが、序盤から視聴率を上げていく大河ドラマは、近年ではほとんどありませんからねぇ。

この記事へのトラックバック