『ウイニングポスト8 2015』初期設定

 先週購入して以降、地道に史実馬の能力を変更していたのですが、能力閲覧ツールがアップロードされていたので、ある程度簡略な変更で切り上げて、ゲームを少しずつ進めていこう、と考えています。能力閲覧ツールを作成していただいた方には感謝申し上げます。もう能力閲覧ツールなしに『ウイニングポスト』をプレイすることはできません。『ウイニングポスト』シリーズ、とくにWindows版の売り上げは芳しくなさそうですが(そもそもPC用ゲームの売り上げが、1990年代よりも大きく下回っているのでしょうが)、それでも能力閲覧ツールを作成していただけるとは、本当にありがたいことです。

 能力閲覧ツールを入手したので、とりあえず馬主登録をして、ゲーム開始の1982年1月1週時点での設定を確認してみました。設定が大きく変わっているのがアンバーシャダイで、『ウイニングポスト8』では成長度107・寿命48・成長型が遅めだったのに、『ウイニングポスト8 2015』では成長度80・寿命81・成長型が晩成となっています。これでは、『ウイニングポスト8』とは異なり、1982年からアンバーシャダイの無敵の快進撃となることはなさそうです。

 キョウエイプロミスの成長度は『ウイニングポスト8』と同じく初期設定で80なので、1983年後半の古馬長距離路線はアンバーシャダイとキョウエイプロミスの対決となるでしょうか。バンブーアトラスの成長度は71なので、これでは史実通り日本ダービーを勝つのは厳しいかもしれません。ホリスキーの成長度は56で、こちらも史実通り菊花賞を勝つのは厳しそうです。ヒカリデュールの成長度も80となっていますし、全体的に史実馬の成長度が低めに設定されているように思います。

 史実馬は最大成長度が一律110に設定されているのですから、史実での成績を踏まえて、もう少し高めに設定した方がよいのではないか、と思える例が少なくありません。アンバーシャダイの場合、前年の有馬記念を勝っているわけで、さすがに1982年1月1週時点で成長度80は低すぎのように思います。あるいは、『ウイニングポスト8』でアンバーシャダイが史実以上に勝ちすぎるとの苦情があり、設定を見直したのかもしれませんが、それにしても、今度は成長度が低すぎでしょう。これも、開発費用の不足が原因で、テストプレイがあまり行なわれていないためなのかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kazukazu
2015年02月27日 11:09
初めまして、10年ぶりにWpをやるのですが今のWP8 2015って能力判定ツールがあるんですね!DL出来るサイトってあるのでしょうか?
2015年02月27日 21:15
はじめまして。今後ともよろしくお願い申し仕上げます。能力閲覧ツールは
ttp://ux.getuploader.com/wp7/

WP8HV2015_100.zip
です。
kazukazu
2015年03月04日 15:51
こちらこそよろしくお願い致します。

早速のご回答ありがとうございます。

また質問で恐縮ですが、閲覧ツールWP8HV2015_100.zipを見つけたのですがダウンロードする際のパスワードが分かりません。初心者な質問で申し訳ありませんがどのような方法でパスワードを入手できるのでしょうか?よろしかったらお教え願いませんでしょうか?

2015年03月04日 20:41
02/28 09:35
分だとパスワード入力は求められないと思います。ただ、画面を開いて3分以内にダウンロードしないと有効ではなさそうです。

この記事へのトラックバック