春競馬前哨戦

 中央競馬では3歳戦を中心に相次いで前哨戦が行なわれました。少頭数の若葉ステークスは人気薄同士の決着となりました。勝ったレッドソロモンはシュタルケ騎手が上手く騎乗したという感じで、レース自体の水準は高くなかったように思います。若葉ステークスの出走馬が本番の皐月賞で勝つことはないでしょう。3歳牝馬限定戦のフラワーカップを勝ったのはアルビアーノで、こちらも鞍上の柴山騎手の好騎乗が勝因としては大きそうですから、同世代の牝馬一級線相手に通用するかとなると、疑問の残るところです。

 スプリングステークスには2歳チャンピオンのダノンプラチナと複数の無敗馬が出走してきたので、大いに注目していました。人気はそのダノンプラチナと新馬戦を勝ち2戦目で共同通信杯も勝ったリアルスティールがやや抜けていたのですが、勝ったのは2戦無敗のキタサンブラックでした。僅差の2着となったリアルスティールと比較すると、キタサンブラックの勝因は、展開が向いたというか、鞍上の北村騎手の好騎乗が大きかったように思います。また、キタサンブラックの父はブラックタイドで成長の余地には疑問が残るところですし、母の父がサクラバクシンオー・祖母の父がジャッジアンジェルーチ・曾祖母の父がリファールということで、距離が延びてよさそうではありません。キタサンブラックが皐月賞を勝てる可能性は低いように思います。

 むしろ2着のリアルスティールと3着のダノンプラチナの方が本番の皐月賞では人気になるでしょうし、キタサンブラックに先着する可能性が高そうです。ただ、リアルスティールの場合は鞍上が大きな不安要因であることも否定できず、その不安を抱えたままクラシックを勝てるほど能力が抜けているとも思えません。上述したように若葉ステークス組の水準は高くなさそうなので、今年の皐月賞は弥生賞組とスプリングステークス組の対決と考えてよいでしょう。

 天皇賞(春)の前哨戦となる阪神大賞典にはゴールドシップが出走してきて勝ったので、一安心といったところです。ただ、2着のデニムアンドルビーは能力の高い馬であり、4kgの斤量差があったとはいえ、決定的に突き放せたわけでもないので、率直に言ってかなり物足りなさが残りました。ゴールドシップは、昨年までと比較してはっきりと衰えたというわけではないにしても、成長しているわけでもなさそうであり、今年も大レースで勝てるとすると、宝塚記念と有馬記念くらいになりそうです。何とか天皇賞(春)を勝ってもらいたいものではありますが。

 オーストラリアのGIレースのランヴェットステークスとジョージライダーステークスには日本馬が出走し、2000mのランヴェットステークスではトーセンスターダムが2着、1500mのジョージライダーステークスではリアルインパクトが1着、ワールドエースが11着という結果でした。近年では、日本馬が外国のGIレースに出走することは珍しくなくなり、しかも凱旋門賞やドバイおよび香港の複数の国際競争といった特定のGIレースだけでなく、日本では知名度の低そうなGIレースへの日本馬の出走も増えてきました。外国のGIレースに出走する日本馬も、最強クラスだけではなく、大レースで勝ち切るには少し足りない、というクラスの出走も増えてきたように思います。中央競馬の重賞も今ではほぼ外国馬に開放されていますし、日本競馬の国際化が進んだのだな、と改めて思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック