大相撲夏場所千秋楽

 今場所は優勝争いがもつれ、千秋楽を迎えた時点では4敗の力士にさえ優勝の可能性がありました。とはいえ、3敗の2人は白鵬関と照ノ富士関なので、2人ともに負けて11勝4敗で優勝が決まるとも考えにくく、2人が共に勝って12勝3敗での優勝決定戦となる可能性がもっとも高いかな、というのが14日目終了時点での私の予想でした。まず照ノ富士関が登場して碧山関と対戦し、順当に寄り切って勝ち12勝3敗として、この時点で11勝4敗での優勝の可能性は消えました。結びの横綱同士の一番では日馬富士関が寄り倒しで白鵬関に勝ち、照ノ富士関が初優勝を果たすとともに、大関昇進を決めました。

 今場所の白鵬関の調子はいまいちでしたが、日馬富士関の右肘の状態がよくなさそうだったので、白鵬関が勝つと予想していただけに、この結果は本当に意外でした。白鵬関は2回目の7連覇を逃しましたが、今場所の負けはいずれも油断したところがあるもので、豪栄道関と稀勢の里関に負けた一番は、勝ち急いでしまった感があります。最多優勝回数を更新したということで、白鵬関といえども意欲と緊張感を持続させるのは難しい、ということなのでしょうか。白鵬関は全盛期と比較すると衰えた感は否めませんが、大きく衰えているわけではありませんし、他の横綱二人や大関陣が不安定だったり伸び悩んでいたりしているので、まだ何回か優勝できそうです。

 照ノ富士関は初優勝を果たし、大関昇進を決めましたが、8勝に終わった豪栄道関や負け越した琴奨菊関はもちろんのこと、大関として水準以上の成績を残してきた稀勢の里関よりも今では力は上でしょうから、順当な昇進だと思います。照ノ富士関には横綱昇進を目指してもらいたいものですし、横綱になる可能性は高いと思います。ただ、照ノ富士関の相撲にはまだ雑なところがあることも否定できませんから、横綱に昇進するには時間を要するかもしれません。

 日馬富士関は、気力が充実すればまだ1~2回優勝できそうだ、と考えてきたのですが、右肘の状態が私の想像していた以上に悪そうなので、このまま優勝できずに引退となるかもしれません。もっと心配なのはもう一人の横綱の鶴竜関で、実質的に全休だった先場所に続いて、今場所も全休でした。鶴竜関の地力は横綱に足りないという感じでしたから、名古屋場所に出場できたとしても、相撲勘も鈍っていることでしょうし、優勝は難しそうです。照ノ富士関が成長してきましたし、白鵬関は大きく衰えているわけではなく、鶴竜関とは生まれが半年も変わらないくらいなので、鶴竜関はこのまま優勝できずに引退することになりそうです。

 逸ノ城関は千秋楽に何とか勝ち越しました。今場所は左肩の状態が思わしくなかったようで、あっさりと負けることもありましたし、まだ引き技を安易に出すところもありますが、突き押しや上手を引いての速い攻めが見られたのは成長だと思います。何とか年内には大関に昇進してもらいたいものです。栃ノ心関は、上位陣にはなかなか通用しませんでしたが、西前頭筆頭で9勝6敗と勝ち越しました。まだ相撲の上手さという点で上位陣よりも明らかに劣る感は否めませんが、来場所は何とか三役で勝ち越してもらいたいものです・・・とはいっても、三役4人中3人が勝ち越し、東前頭筆頭の宝富士関も9勝6敗なだけに、栃ノ心関は前頭筆頭で据え置きかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろし
2015年05月31日 16:32
今週は、とても忙しかったので、コメントが遅くなりました。
相撲ファンの小生には、書きたい事が山ほどあったので、ご了承下さい。

今場所は、久しぶりにハラハラドキドキ・波瀾万丈で、かなり面白かったです。
こんな気分になったのは、3年前の5月場所以来でした(奇しくも、同場所・同成績(12勝3敗)・敢闘賞とダブル受賞・同郷(ウランバートル)・横綱/大関以下・国籍)。

初日に、黒星を喫した時、行き成り優勝争いに、黄色信号が掛かったと思ったら、その後、かなり粘りながらも、健闘されました。
白鵬に負け、3敗を喫した時点で、赤信号かと思いきや、最後の5日間は、まさかの波瀾万丈の展開で、混戦する優勝争いで勝ち抜いた苦労が報われたのが、とても印象的でした。

彼の優勝インタビューは、旭天鵬以来、とても印象に残りました。
笑顔で対応したのが、大きなプラス要因でした。
個人的に、近年の優勝インタビューは、横綱・大関よりも、関脇以下の方が、心に残るような気がします。(続く)
ひろし
2015年05月31日 16:33
今回の優勝で、来場所から新大関としてデビュー。
しかも、初の平成生まれなのが、かなりの注目。
三役2場所での大関昇進は年6場所制として1958年以降では初めてで、まさに前代未聞な珍事。今回の活躍で、相撲協会も大いに評価されてるので、この昇進には納得します。
少なくとも、去年の鶴竜関の初優勝・横綱昇進よりは、全然説得力があります(アレは流石に無理がありました)。

歴代のモンゴル大関4人は、全て横綱に昇進されてるので、横綱になる可能性はあると思います。課題はまだまだあるかも知れませんが、年齢的にまだ若いので、十分素質はあると思います。大きな怪我さえしなければ、かなり活躍されると思います。
個人的には、早くても来年の1~5月場所辺りだと思います。
それが実現すれば、若貴以来の兄弟横綱(厳密には初の外国(モンゴル)兄弟横綱)、曙・貴乃花・若乃花(3代)・武蔵丸以来の4横綱時代になりますが、全員モンゴル勢なので、日本人の影が、益々薄くなるのが否めませんが。(続く)
ひろし
2015年05月31日 16:33
白鵬関についてですが、今場所は11勝4敗で、横綱として自己ワースト2位(1位は2012年5月場所)でしたが、それでも、負けた相手は何れも、何度も対戦した相手でした。

前人未到の2度目の7連覇を目指したましたが、初日で黒星は、3年前の5月場所以来で、まさかの波乱の幕開けとなりました。
個人的に、この黒星が、今場所の勝者を決めた鍵となりました(極端な考えでした)。
12日に、久しぶりに豪栄道に負けた時点で、かなりの混戦状態になり、最後の2日は、まさかの連続黒星と言う、苦渋を嘗めました。
負けた取り組みを見ると、初日を除いては、白鵬関はかなり焦った様子でした。
初日のミスが、ここまで影響するとは、それ程彼の実力・存在感が、計り知れないと頷けました。

マスコミに対する態度は相変わらずで、色々と精神的に追い込まれていたそうです。
今年中(11月場所を最後)に引退すると言う噂も流れてますが、今場所の経験で、闘争心を燃やす模様だと思います。
白鵬は、肉体的よりも、精神的にかなり負担が掛かってるそうです。
それでも、今の様子だと、そう簡単に引退する心配はないと思いますが。
体力に大きな低下が無い限り、まだまだ続くと思います。(続く)
ひろし
2015年05月31日 16:34
日馬富士関は4敗でしたが、久しぶりに健闘されたと思います。
千秋楽に久しぶりに白鵬関に勝ち、弟分の照ノ富士関を優勝に導いた時は、とても感動されました。照ノ富士関が流した、嬉泣きは印象に残りました。
弟分が大関に昇進されたため、彼の闘争心が燃え、今後の活躍に期待が出来ました。
個人的には、弟分の見本になるため、あと1~2回は優勝して欲しいです(出来れば今年中に)。

怪我に悩まされ、2場所連続休場の鶴竜関ですが、益々影が薄い存在になりました。
横綱に昇進して、1年が経過するのに、横綱としては殆ど成果を挙げてません。
私の不安どおり、1度の優勝で昇進は早すぎました。
今後の横綱昇進制度は、「1度の優勝で昇進」は廃止すべきだと思います。
今の調子だと、来年辺りが潮時になると思います。
久しぶりに、3横綱の優勝争いが観たいです。(続く)
ひろし
2015年05月31日 16:36
稀勢の里関は、ホントに残念な結果に終わりました。
白鵬には勝ちましたが、それまでの黒星が響いた結果、初優勝はお預けでした。
3敗だったら、優勝決定戦で活躍されたと思うと、とても悔まれます。

豪栄道関は白鵬に黒星を喫し辛うじて勝ち越し、琴奨菊関は負け越しで、大関勢は、余りパッとしませんでした。

逸ノ城関は、初日に初めて白鵬に勝ちましたが、その後の、黒星に苦しめながらも、やっとの思いで勝ち越し。もうちょっと、頑張って欲しかったのですが、年齢的にまだまだ若いので、チャンスは十分にあります。大関になる素質は十分にありますが、それだと、益々モンゴル大関が増え、日本人の影響が薄くなりますが(さっきも言いましたが(汗))。

日本人勢で、金星の力士は割りといましたが、負け越しになったり、優勝争いに加わらなかったりと、余りパッとしない印象でした。

総合的に、今場所を10点満点中に評価すると、9点でした。
優勝争いに、休場だった鶴竜関や、大関の豪栄道関や琴奨菊関も加われば、もっと面白かったのが、ちょっとした心残りでした。
それでも、個人的には、満足させた場所でした。
内容的に、3年前の旭天鵬の優勝と、色々と似てる所が、あったのが興味深かったです。

来場所の期待・楽しみが、増えました。
どんな場所になるか、ハラハラさせます。
日本人関も頑張って下さい!

それでは~
2015年05月31日 18:50
優勝争いという点では今場所は盛り上がったと思います。私もなかなか楽しめました。

鶴竜関の横綱昇進は早すぎましたね。これは、稀勢の里関を横綱に昇進させようと基準を緩めた相撲協会が悪いと思います。

この記事へのトラックバック