チンパンジーと人間の直立歩行の類似性

 チンパンジーと人間の直立歩行の類似性についての研究(Thompson et al., 2015)が公表されました。人間が大股で歩く際には、臀部と上半身が相反する方向に動いて歩幅を広げて、腕の振りを利用して骨盤の回転を相殺しています。一方、人間より腹部(腰部)がかなり短いチンパンジーは、二足歩行時に胴体(骨盤・腰部・胸部を含めた領域)を動かさないという仮説が提唱されていました。この研究は、二足歩行をするように訓練されたチンパンジーの臀部・腰部・胸部のそれぞれの動きを追跡した結果、人間とチンパンジーは大股歩きをする時の上半身と臀部の位置関係が異なっているものの、骨盤に対する身体領域の運動の大きさがほぼ同じであることを明らかにしました。

 これらの身体領域の運動の決定的な違いは、チンパンジーが人間よりかなり大きく骨盤を回転させることですが、胸部の運動によって過剰な骨盤の回転を相殺するという機能が働く点は同じだった、と指摘されています。この類似性から、アウストラロピテクス属のアファレンシス(Australopithecus afarensis)がチンパンジーと似た骨格形態を持っていたことは二足歩行運動の妨げにならなかった、と考えられています。また、この能力は人類進化の初期段階に存在していた可能性が高いことも示唆されています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【動物学】チンパンジーとヒトの直立歩行の類似性
 チンパンジーが二足歩行する際に胴体を回転させる様子がヒトの二足歩行に似ているという意外な発見の報告が、今週掲載される。この研究報告は、チンパンジーに似た初期のヒトの祖先が、これまで考えられていたよりも効率的な直立歩行ができたと考えられることを示唆している。

 ヒトの二足歩行は、臀部(骨盤)と上半身(胸部)の協調運動を特徴としている。つまり、ヒトが大股で歩く際には、臀部と上半身が相反する方向に動いて歩幅を広げており、腕の振りを利用して骨盤の回転を相殺している。これに対して、ヒトより腹部(腰部)がかなり短いチンパンジーは、二足歩行時に胴体(骨盤、腰部、胸部を含めた領域)を動かさないという仮説が提唱されていた。

 今回、Nathan Thompsonたちは、運動学的解析を行って、ヒトだけでなく、二足歩行をするように訓練されたチンパンジーのこれら3つの身体領域(臀部、腰部、胸部)のそれぞれの動きを追跡した。その結果、ヒトとチンパンジーは、大股歩きをする時の上半身と臀部の位置関係が異なっているが、骨盤に対する身体領域の運動の大きさがほぼ同じであることが分かった。

 これらの身体領域の運動の決定的な違いは、チンパンジーがヒトよりかなり大きく骨盤を回転させることだが、胸部の運動によって過剰な骨盤の回転を相殺するという機能が働く点は同じだった。この類似性から、ヒト族のアファール猿人(Australopithecus afarensis)がチンパンジーに似た骨格形態を持っていたことが二足歩行運動の妨げにならなかったと考えられる。また、この能力はヒト族の進化の初期段階に存在していた可能性が高いことも示唆されている。



参考文献:
Thompson NE. et al.(2015): Surprising trunk rotational capabilities in chimpanzees and implications for bipedal walking proficiency in early hominins. Nature Communications, 6, 8416.
http://dx.doi.org/10.1038/ncomms9416

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック