社会の階層化を促進する儀式的な人身御供

 儀式的な人身御供と社会の階層化に関する研究(Watts et al., 2016)が報道されました。この研究では、地理的・社会的に多様な、伝統的なオーストロネシア文化93集団が分析されました。この研究は、これら93集団を「平等主義」・「適度に階層化」・「高度に階層化」と三区分し、「平等主義的な」社会では25%、「適度に階層化された」社会では37%、「高度に階層化された」社会では67%で儀式的な人身御供が存在することを確認しました。

 さらにこの研究は、複数の確率モデルを用い、儀式的な人身御供は「高度に階層化された」社会の維持に役立ち、「適度に階層化された」社会を「高度に階層化された」社会に移行させることを明らかにしました。しかし、「平等主義的な」社会では、儀式的な人身御供が社会の階層化を促進するわけではない、という結果も得られています。このことから、階層化された社会で力を維持したい支配層にとって、社会の下層を対象とした人身御供は有益な手段になったのではないか、と指摘されています。

 ただ、これは伝統的なオーストロネシア文化における儀式的な人身御供に関しての推測であり、国家による儀式的な人身御供や、人種・民族などを対象とした大量虐殺の場合には当てはまらない可能性がある、と注意が喚起されています。また、儀式的な人身御供や社会的地位の数値化はきわめて困難なので、この研究結果は非常に幅の広い大まかな傾向を表しているにすぎない、とも指摘されています。それでも、たいへん興味深い研究と言えるでしょう。


参考文献:
Watts J. et al.(2016): Ritual human sacrifice promoted and sustained the evolution of stratified societies. Nature, 532, 7598, 228–231.
http://dx.doi.org/10.1038/nature17159

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック