大相撲名古屋場所千秋楽

 今場所は、稀勢の里関の横綱昇進がかかっていたということで、かなりの注目を集めたようです。14日目が終わった時点で、優勝争いは2敗の日馬富士関と3敗の稀勢の里関・貴ノ岩関に絞られました。まず、貴ノ岩関が嘉風関と対戦して勝ち、優勝争いに残りました。次に稀勢の里関が豪栄道関と対戦し、完勝して優勝争いに残りました。豪栄道関は大関12場所で4場所目の負け越しとなり、10勝以上は1場所だけで(12勝)、8勝が5場所・9勝が2場所ですから、クンロク大関以下と言ってよいでしょう。

 結びの一番は、多くの人が予想していたであろうように、日馬富士関が白鵬関を圧倒して破り、13勝2敗で8回目の優勝を果たしました。白鵬関は、足指の負傷もあったのでしょうが、気力を失ってしまった、という感じでもありました。白鵬関の衰えは明らかですが、他の上位陣も衰えや負傷による不調が見られるので、来場所以降もしばらくは優勝を争えるでしょう。

 稀勢の里関は12勝3敗で、今場所の稀勢の里関は、先場所・先々場所よりも全体的に相撲内容が悪かったので、一桁の勝ち星でも不思議ではありませんでした。よく二桁勝ったなあ、と思います。相変わらず相撲協会は稀勢の里関に甘く、稀勢の里関が12勝3敗で優勝していたら横綱昇進も考えていました。相撲協会(やマスコミや多くの相撲愛好者?)の思惑通りにはいかず、今場所も稀勢の里関は優勝できませんでしたが、星一つの差での「準優勝」ということで、来場所も横綱昇進に挑むことになるようです。

 しかし、稀勢の里関は今年になって精神面での成長が見られるとはいえ、総合的には全盛期より衰えたように思われますから、横綱昇進はもう厳しいでしょうし、仮に三横綱が不調や休場などで来場所運よく優勝して横綱に昇進したとしても、横綱にふさわしい成績を残すことはできないでしょう。稀勢の里関が横綱の器だとはまったく思いませんので、私は稀勢の里関が甘い基準で横綱に昇進することを望んでいません。稀勢の里関が横綱に昇進する条件として、最低でも14勝以上での優勝が必要だと思うのですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック