再来年(2018年)の大河ドラマ『西郷どん』の主演は鈴木亮平氏

 これは11月3日分の記事として掲載しておきます。すでに一部大手スポーツ紙で報道されていましたが、再来年(2018年)の大河ドラマ『西郷どん』の主演は鈴木亮平氏に決まった、と公表されました。脚本家との関係からも意外な人選ではなく、適役と言えそうです。またしても薩摩視点の幕末ものとなり、西郷隆盛が2回目の主役で、原作者にも脚本家にも期待できなさそうということもあって、心底うんざりしているのですが、とりあえず初回は視聴する予定です。まあ、惰性で全話視聴することになりそうですが、このブログの感想記事は初回だけになるかもしれません。

 上記報道で気になるのは、「篤姫との淡い恋」も盛り込まれる予定とのことで、NHKは本当に『篤姫』幻想に囚われているのだなあ、と改めて思った次第です。確かに、2008年放送の大河ドラマ『篤姫』は、21世紀の大河ドラマとしては驚異的な視聴率を誇りましたが、いつまでもその(あくまでも視聴率的な意味での)成功体験に固執するのはどうかと思います。近年の大河ドラマの視聴率が低迷していることも、それと大いに関係がありそうに思うのですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック