東京大賞典結果

 これは12月30日分の記事として掲載しておきます。大井では東京大賞典が行なわれました。近年ではブログを始めた頃よりも競馬についての記事が激減しているのですが、有馬記念と東京大賞典だけはブログを始めてから毎年必ず取り上げてきました。今年も、それほど思い入れの強い馬が出走しているわけではなく、わりと冷静に見られますし、一年の終わりを感じさせるレースでもあるので、区切りのためにも感想を述べることにしました。残念ながら外国馬は出走してきませんでしたが、サウンドトゥルーやアウォーディーやコパノリッキーが出走してきたので、GIとしてまずまずの出走馬構成になったと思います。

 レースは、チャンピオンズカップで直線失速して完敗したコパノリッキーが逃げ、アウォーディーが差のない2番手で進みました。直線ではアポロケンタッキーが抜け出して完勝し、アウォーディーがわずかにサウンドトゥルーを抑えて2着に入りました。3着のサウンドトゥルーと4着のノンコノユメとの間の着差は4馬身で、アポロケンタッキーは人気薄でしたが、人気馬3頭は2~4着で実力を発揮していますから、ここは素直にアポロケンタッキーの強さを認めるべきだと思います。ただ、アポロケンタッキーが来年のダート路線の主役になれるかというと、もう1戦様子を見る必要があるかな、とも思いますが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック