ファミリー劇場HDリマスター版『太陽にほえろ!』590話~593話(追記有)

590話「怪盗107号」6
 一係が麻薬取引の現場を押さえようと夜中に張り込んでいたところ、偶然、麻薬の隠し場所にある絵を盗もうと進入してきた犯人が、麻薬を発見して盗みます。その犯行手口から、美術品専門の窃盗犯である怪盗107号だと考えられました。ドックは犯人の姿を目撃し、手がかりのバイクから、その犯人が女性の歯科衛生士だと推理します。その女性は、かつて美術商の夫が詐欺にあって自殺したことから、復讐のために美術品の窃盗を繰り返していました。一係は、何とか女性から麻薬を押収しようと、女性に食い下がります。アクションシーンはなかなか見ごたえがありましたし、話もさほど悪くはなかったと思います。今回のような、女性心理も描く作品となると、やはり現在のメンバーではドックが適任です。


591話「ボギーの妹?」10
 ボギーはある女性に付け狙われ、その若い女性を問い質します。道路に飛び出した女性を助けようとしたボギーは自動車にはねられ、行方不明となります。一係はボギーを探しますが、3日経っても見つからず、公開捜査に踏み切ります。ボギーは記憶喪失となり、ボギーを狙っていた若い女性の家にその兄として住んでいました。ドックとブルースは偶然ボギーを見かけますが、見失います。ドックはボギーが記憶喪失ではないか、と推理します。女性の意図が不明で不気味な印象を残しますが、ボギーの姉の証言により、ボギーの妹と称する女性がボギーに恨みを抱いていることが明らかになります。143話「霧の旅」のように、本作で刑事が記憶喪失になる話もありますが(関連記事)、珍しいので、新鮮な感じで視聴できました。ボギーを恨んでいる女性の心理が今回の主題で、女性心理に疎いボギーとの組み合わせでボギーの不器用さや優しさが浮き彫りになり、かえって面白くなったように思います。


592話「空白0.5秒」9
 ラガーは女性を人質に取った男性の拳銃強盗犯を説得しようとします。その犯人もラガーと同じく母子家庭で育ったので、ラガーには共感するところがありました。母親を乗せたパトカーのサイレン音を聴いたラガーは、窓の方を見て犯人から一瞬目を離します。その間に、犯人はライフルで射殺されます。撃ったのはブルースでした。ラガーは、犯人が自分の説得に応じて銃を下げたところを見ていましたが、ブルースにはそれは見えていませんでした。しかし、ラガーが目を離した隙に、犯人はラガーに銃を向けた、とブルースは言います。ブルースは査問委員会にかけられることになります。ボギーは、ブルースを庇おうとしないラガーに苛立ちます。一係は、殺された犯人を改めて調べるとともに、人質の女性にも証言を求めますが、女性は分からないとしか言いません。ラガーは査問委員会で、ブルースが射殺したのは誤りだった、と証言します。ブルースに不利な雰囲気となるなか、人質だった女性が、犯人は再びラガーに銃を向けた、と証言します。自分の説得が成功したと確信していたラガーは動揺します。捜査を進めると、犯人と母親の仲は悪く、犯人は母親に暴力を振るっていたことが明らかになります。母親が自殺未遂しようとした時点でオチは見えてきましたが、査問委員会でのやり取りや、ボギーがブルースを思って激昂したところなど、緊張感があった見ごたえがありました。動揺しまくるラガーにたいして、終始冷静なブルースが対照的で、この点も話を面白くしていたと思います。


593話「ジプシー再び」7
  545話で他の警察署に転勤となった原が再登場する話で、原の再登場自体は覚えていたのですが、内容自体はほとんど忘れていました。話の方は、暴走族の構成員が殺されるところから始まります。なかなか謎めいたところのある事件で、ボギーの活躍も含めてなかなか楽しめましたが、今回はあくまでも、原の再登場を楽しむべきということかな、と思います。原の再登場は今回だけで、殉職ではなく転勤という形での退場だったので、スコッチのようにレギュラー刑事として復帰とまではいかなくても、もう1回くらい再登場があってもよかったのではないか、と思います。


追記(2018年4月4日)
 591話「ボギーの妹?」の評価を9から10に変更しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

いち
2016年12月06日 19:19
こんばんは。「ボギーの妹」ですが、記憶が戻った後のボギーの台詞「復讐よりも毎日のくらしの方がよっぽど大事」というのはかなり重みを感じました。
些細なところでは、前に食中毒を起こした話を持ってきたり、姉役の有吉ひとみの出演などをみると、 殉職を控えたボギーの主演作という点でもかなり力を入れている感じがうかがえました。 あと、映像で目についた積もった雪、溶けて汚れた雪。この年、1984年は極寒の年だったのを思い出しました。
2016年12月06日 23:59
この頃の話では残雪や白い息が目につきますね。映像資料としても貴重だと改めて思います。

この記事へのトラックバック