ギンザメ類の起源

 ギンザメ類(全頭亜綱)の進化系統樹における位置づけについての研究(Coates et al., 2017)が公表されました。ギンザメ類は軟骨魚類の主要な分類群で、サメ類やエイ類と類縁とされています。しかし、ギンザメ類の外観はひじょうに特徴的で、進化的な状況における位置づけが困難なため、その類縁関係は不明瞭とされています。ギンザメ類の眼は眼窩が脳の形をゆがめてしまうほどに大きく、奇妙で特徴的な歯を有しています。

 この研究は、南アフリカで発見されたペルム紀の絶滅軟骨魚類(Dwykaselachus)の脳頭蓋を分析しました。その結果、この頭蓋の外側はシムモリウム目として知られる先史時代のサメ類に似ているものの、コンピューター断層撮影法による解析では、その脳頭蓋はギンザメ類に特徴的な形態である、と明らかになりました。これは、ギンザメ類がかつては一般的で、広範囲に生息していたシムモリウム目の内部に位置づけられ、デボン紀までさかのぼるシムモリウム目の長い進化期間の末期を代表する系統であることを意味しています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


進化学:シムモリウム目軟骨魚類の脳頭蓋とギンザメ類の起源

進化学:ギンザメ類の位置付け

 ギンザメ類、すなわち全頭亜綱は、軟骨魚類の主要な分類群であり、サメ類やエイ類と類縁とされている。しかし、ギンザメ類の外観が非常に特徴的であり、進化的な状況における位置付けが困難なため、その類縁関係は不明瞭である。ギンザメ類の眼は、眼窩が脳の形をゆがめてしまうほどに大きく、奇妙で特徴的な歯を持つ。M Coatesたちは今回、南アフリカで発見されたペルム紀の絶滅軟骨魚類Dwykaselachusの脳頭蓋に関する研究結果を報告している。頭蓋の外側はシムモリウム目として知られる先史時代のサメ類に似ているが、コンピューター断層撮影法による解析の結果、その脳頭蓋はギンザメ類に特徴的な形態をしていることが明らかになった。これは、ギンザメ類が、かつては非常に一般的で、広範囲に生息していたシムモリウム目の内部に位置付けられ、デボン紀までさかのぼるシムモリウム目の長い進化期間の末期を代表するものであることを意味している。



参考文献:
Coates MI. et al.(2017): A symmoriiform chondrichthyan braincase and the origin of chimaeroid fishes. Nature, 541, 7636, 208–211.
http://dx.doi.org/10.1038/nature20806

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック