火山による暁新世・始新世境界の温暖化

 これは9月22日分の記事として掲載しておきます。暁新世・始新世境界の温暖化に関する研究(Gutjahr et al., 2017)が公表されました。暁新世・始新世境界温暖化極大期(PETM)は、約5600万年前に起こった生態系の破壊を伴う地球表面の温暖化事象です。この事象では大量の炭素が放出されたと考えられていますが、放出された炭素の総量と供給源はまだよく分かっていません。この研究は、地球システムモデルにおいてホウ素と炭素の同位体データを組み合わせて、炭素の供給源はこれまで考えられていたよりもずっと大きく、おそらく北大西洋の巨大火成岩岩石区と関連する火山活動によって、炭素の大半が放出されたことを明らかにしました。この研究は、有機炭素と気候のフィードバックの増幅はこの事象を駆動するのに大きな役割は担っていなかったものの、有機物の埋設の増強は放出された炭素を隔離し、地球システムの回復を促進するのに重要であった、と示唆しています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


古気候学:暁新世・始新世境界温暖化極大期における大半が火山由来の炭素の大量放出

古気候学:火山由来の炭素が太古の気候を温暖化した

 暁新世・始新世境界温暖化極大期(PETM)は、約5600万年前に起こった生態系の破壊を伴う地球表面の温暖化事象である。この事象時に大量の炭素が放出されたと考えられているが、放出された炭素の総量と供給源はまだよく分かっていない。今回、地球システムモデルにおいてホウ素と炭素の同位体データを組み合わせて、炭素の供給源はこれまで考えられていたよりもずっと大きく、おそらく北大西洋の巨大火成岩岩石区と関連する火山活動によって、炭素の大半が放出されたことが見いだされた。今回の研究は、有機炭素と気候のフィードバックの増幅はこの事象を駆動するのに大きな役割は担っていなかったが、有機物の埋設の増強は、放出された炭素を隔離し、地球システムの回復を促進するのに重要であったことを示唆している。



参考文献:
Gutjahr M. et al.(2017): Very large release of mostly volcanic carbon during the Palaeocene–Eocene Thermal Maximum. Nature, 548, 7669, 573–577.
http://dx.doi.org/10.1038/nature23646

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック