大河ドラマ『西郷どん』第15回「殿の死」

 今回は、13代将軍である徳川家定の後継者をめぐる政争が急展開しました。西郷吉之助(隆盛)は橋本左内とともに京都に赴き、朝廷工作を進めます。すでに篤姫(於一、天璋院)が一橋(徳川)慶喜を次の将軍とするよう、家定に進言し、家定が承認したこともあり、情勢は一橋派に一気に傾いたかに見えました。しかし、家定が倒れて重体に陥り、その隙に徳川慶福(家茂)を次の将軍に推す南紀派が巻き返しを図ります。井伊直弼は大老に就任し、次期将軍を慶福と決定します。

 吉之助は薩摩に戻り、主君である島津斉彬に、一橋派が敗れたことを伝えます。斉彬は吉之助に役目を解くと伝え、万策尽きた、と吉之助は落胆します。そんな吉之助を励ましたのは大久保正助(利通)でした。家定は亡くなり、斉彬も万策尽きて自暴自棄になりかけますが、正助に励まされた吉之助は強引に斉彬と面会し、挙兵を勧めます。京都で馬揃えを行なうことで朝廷に圧力をかけて勅許を得よう、というわけです。斉彬は吉之助の進言を受けて覚悟を決めます。吉之助は斉彬の命で京都に向かい、諸藩の説得工作に従事することになります。

 しかし、斉彬は挙兵の準備中に倒れ、亡くなります。斉彬は急死したそうなので、今回の描写も悪くはないのかもしれませんが、それにしても、正助とともに主人公に次ぐくらいの重要人物にしては、あっけない最期だったように思います。まあ、斉彬の最期は次回でもっと詳しく描かれるのかもしれませんが。今回は、政治劇と友情物語が描かれ、連続歴史ドラマとして王道的な構成になっていたように思います。今後しばらくは吉之助の苦難が描かれるようで、本作第一の山場となりそうですから、楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 西郷どん 第15回「殿の死」

    Excerpt: 大体タイトルの内容は物語のなかで一番最後にもってこられますね。今回は吉之助が徐々に成長する姿を1話の中でみることができます。初めは、お殿様の考えることは自分には途方もない話しで自分には到底ついていけな.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2018-04-22 22:52
  • 『西郷どん』、若干減速か?(第13~16回)

    Excerpt: 皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第13~16回の感想です。まずはあらすじ。安政大地震により輿入れが延期となった篤姫(北川景子)であったが、西郷吉之助(鈴木亮平)の尽力により一年で嫁.. Weblog: Coffee, Cigarettes & Music racked: 2018-06-24 19:02