ファミリー劇場HDリマスター版『太陽にほえろ!PART2』1話~4話

1話「悪魔のような女」6
 PART2の視聴は本放送以来となります。ボスが去り、新たに女性係長が赴任し、新鮮な印象を受けたと記憶しています。本放送時に知っていたのか否か、覚えていないのですが、新係長の篁朝子を演じた奈良岡朋子氏は192話で犯人役を演じていました。トシさんも、現在は欠番扱いの19話「ライフルが叫ぶとき」で犯人役を演じたそうです。新たに登場したのは篁係長とオサムさんで、長さんが一係に復帰しました。長さんの復帰は、本放送当時嬉しく思ったものです。この時点ではドックもすでに一係赴任から6年以上経過し、マミーはセミレギュラー時代も含めると初登場から9年以上経過していますが、初回から10年以上在籍していた長さんはやはり別格で、本作の長い歴史を改めて感じさせます。オサムさんを演じる寺尾聰氏は、253話にて刑事役でゲスト出演していますが、オサムさんはその時の刑事ではないようです。レギュラー刑事9人体制は過去最多となりますが、篁係長もオサムさんも復帰した長さんもすっかり一係に馴染んでいるように見えたのはやや残念で、新任・復帰の経緯も描いてもらいたかったものです。

 話の方はすっかり忘れていましたが、冷酷な女性社長の犯罪は恐ろしさを感じさせるものでした。この犯罪を暴いたのはドックでしたが、殿下もスコッチもデュークもいない今、女性心理を最もよく分かっているのはドックでしょうから、適任だと思います。最後はやや強引な感もありましたが。犯人の女性社長を演じたのは金沢碧氏で、本作では久々のゲスト出演となりますが、相変わらずの存在感で作品の質を高めていたと思います。検索してみたら、金沢氏は本放送前日に33歳になったばかりで、以前の出演時には20代前半だったことになります。貫禄があったので、以前の出演時には30歳間近くらいなのかと思っていました。金沢氏の起用は、本作と制作陣がかなり共通する『俺たちの旅』つながりだったのでしょうが、それならば、岡田奈々氏も1回くらいは本作にゲスト出演してもらいたかったものです。好きな顔の芸能人を1人選べと言われたら、岡田奈々氏と即答するくらいなので、本作で見られなかったのは残念でした。


2話「探偵物語」3
 オサムさんは知り合いの探偵の事務所から、ブルースとともに宝石強盗犯の恋人である女性を見張っていました。しかし、女性はオサムさんとブルースを探偵と勘違いし、恋人である犯人を逃してほしい、と依頼します。オサムさんは女性の依頼を受け、犯人を逮捕しようとします。一途な女性の願いは叶わず、悲劇的な最期を迎え、こういう終わり方も悪くはないと思うのですが、どうも盛り上がりに欠けた感は否めません。オサムさんは飄々としつつも強引なところがあり、もうベテランと言ってよいような感じではあるものの、完璧超人に近い刑事というわけでもなく、本作にはいなかったタイプの刑事だと思います。制作者も人物造形に試行錯誤していたのでしょう。


3話「老犬ムク」7
 今回は動物ものですが、久々だと思います。動物ものもかつては定番でしたが、テキサス殉職以降は少なくなったような気がします(詳しく調べたわけではありませんが)。今回は犬が準主役?ですが、やはり本作で犬といえばテキサスの印象が強く残っています。話の方は、DJが老犬と遭遇し、飼い主を探すところから始まります。動物ものでは若手の主演が多く、その意味でDJを主演としたのは伝統に沿っていると言えるかもしれません。冒頭の事件はあっさりと解決し、DJが老犬の飼い主を探して篁係長も支援する、というほのぼのとした話から、強盗事件との関わりが明らかになり、本作らしい不穏な展開になっていきます。話の方はなかなか工夫されていて、まずまず楽しめました。ムクが死ぬという最後は切ないものでしたが、悪くはなかったと思います。


4話「俺は殺された」6
 今回は本作の定番の一つ(と言ってよいほど回数が多いのか、詳しく調べていないので自信はありませんが)であるタレ込み屋ものです。山さんがタレ込み屋から情報を得ている場面はよく描かれていましたが、今ではブルースがタレ込み屋を使うようになったとは、ブルースも成長したものだ、と感慨深くなります。まあブルースの場合、成長したというか慣れてきてふてぶてしくなった、とも言えそうですが・・・。話の方は、大袈裟で調子の良いタレ込み屋とブルースとの関係を軸に展開し、謎解きも感動要素もあってなかなか楽しめました。長さんとブルースの師弟関係が言及されたのは、やや懐かしくありました。ただ、長さんとブルースの師弟関係が、作中ではあまり感じられないのは残念です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック