大河ドラマ『西郷どん』第16回「斉彬の遺言」

 西郷吉之助(隆盛)は主君である島津斉彬の命を受けて京都に赴き、斉彬の上洛の準備を進めます。そこへ月照が現れ、斉彬の死を伝える薩摩からの書状を渡します。吉之助は慟哭しますが、それでも諦めず、朝廷を通じて水戸藩の徳川斉昭を動かそうとします。江戸の一橋(徳川)慶喜は登城して井伊直弼と面会し、勅許を得ずに日米修好通商条約を締結した、と責め立てます。しかし直弼は、動じることもなく平然と受け流します。直弼は、慶喜と同様に勅許なしでの日米修好通商条約締結を責め立ててきた斉昭と松平慶永も平然と受け流します。

 吉之助は密勅の件を斉昭に伝えようと江戸に向かいますが、門前払いをくらいます。吉之助は慶喜に執り成しを頼みますが、斉昭が蟄居を命じられたと知らされます。吉之助はそれでも諦めず、慶喜に決起を懇願しますが、斉彬はもういないのだ、と言って立ち去り、慶喜も蟄居となります。直弼の家臣である長野主膳は密勅の件を把握し、直弼は密勅に関わった人物の捕縛を決意します。万策尽きた吉之助を訪ねた月照は、吉之助が薩摩に帰って自殺することを見抜いていました。月照は斉彬の遺志を継ぐよう吉之助を励まし、自首しようとします。吉之助は月照に、自分と共に薩摩に行くよう説得し、吉之助は月照・有村俊斎(海江田信義)と薩摩に向かいますが、橋本左内は捕えられます。

 今回は、吉之助と月照の相互の思いやりと、吉之助と左内の別れが描かれました。直弼と慶喜・斉昭・慶永の面会や、安政の大獄の始まりが描かれるなど、歴史ドラマらしさもありましたが、普遍的な人間ドラマとしての性格が強く出ていたように思います。不満を抱く大河ドラマ愛好者は少なくないかもしれませんが、私はそこそこ楽しみに視聴できています。注目されるのは、吉之助と慶喜との関係が深く描かれていることです(おそらくほとんど創作なのでしょうが)。安政の大獄前の両者の関係は、慶喜が将軍後見職、さらには将軍となり、吉之助が薩摩藩の要人となってからの両者の関係・駆け引きにも影響を与えてくるでしょうから、その時にどう描かれるのか、楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • NHK大河ドラマ「西郷どん」第16回「斉彬の遺言」

    Excerpt: 「西郷!今からお前はワシになれ!」先週の決め台詞でした~。これが本日のタイトル元なんですかねえ?それとも、もう一つ二つ追い鰹があるのかなあ~~。 Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2018-04-29 20:48
  • 『西郷どん』、若干減速か?(第13~16回)

    Excerpt: 皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第13~16回の感想です。まずはあらすじ。安政大地震により輿入れが延期となった篤姫(北川景子)であったが、西郷吉之助(鈴木亮平)の尽力により一年で嫁.. Weblog: Coffee, Cigarettes & Music racked: 2018-06-24 19:03