ペキンアヒルのゲノム解析

 ペキンアヒルのゲノム解析に関する研究(Zhou et al., 2018)が公表されました。マガモが中国中央部で紀元前500年頃に家畜化されて以降、さまざまな在来種のアヒルが作られています。その一つがペキンアヒルで、数百年にわたって人為選択が集中的に行なわれました。しかし、白い羽毛や成長速度などといった、ペキンアヒルの望ましい特徴の一部に寄与する遺伝的変異は同定されていませんでした。この研究は、マガモ40羽・中国の在来種のアヒル12種(シャオシンアヒル、ガオヨウアヒルなど)36羽・ペキンアヒル30羽のゲノムを比較しました。

 この研究では、人為選択のシグナルが同定された上で、マガモとペキンアヒルが交配され、1026羽という大集団のアヒルの交配が行なわれました。この集団を調べた結果、ペキンアヒルにおいて白い綿羽・大きな体サイズ・飼料効率の高さに関連する遺伝的変異が二つ同定されました。MITF遺伝子の変異により白い綿羽の説明がつき、別の変異が出生後のIGF2BP1遺伝子の持続的発現を引き起こし、肉生産量の増加につながった可能性がある、と明らかになりました。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【遺伝学】ペキンアヒルのゲノム解析

 ペキンアヒルのゲノム解析が行われ、白い羽毛と大きな体サイズに関連する遺伝的変異が同定されたことを報告する論文が、今週掲載される。この新知見は、ペキンアヒルにおいて数百年にわたって選択されてきた特徴の一部について、遺伝的基盤の手掛かりをもたらしている。

 マガモが中国中央部で紀元前500年頃に家畜化されて以降、さまざまな在来種のアヒルが作られている。その1つがペキンアヒルで、数百年にわたって人為選択が集中的に行われた。しかし、ペキンアヒルの望ましい特徴の一部(例えば、白い羽毛や成長速度)に寄与する遺伝的変異は同定されていなかった。

 今回、Shuisheng Hou、Yu Jiangたちの研究グループは、マガモ40羽、中国の在来種のアヒル12種(シャオシンアヒル、ガオヨウアヒルなど)36羽、ペキンアヒル30羽のゲノムを比較した。今回の研究でHouたちは、人為選択のシグナルを同定した上で、マガモとペキンアヒルを交配して、1026羽という大集団のアヒルの交配を行った。この集団を調べた結果、ペキンアヒルにおいて白い綿羽、大きな体サイズ、飼料効率の高さに関連する遺伝的変異が2つ同定された。すなわち、MITF遺伝子の変異によって白い綿羽の説明がつくこと、また、別の変異が出生後のIGF2BP1遺伝子の持続的発現を引き起こして肉生産量の増加につながった可能性のあることが明らかになった。



参考文献:
Zhou Z. et al.(2018): An intercross population study reveals genes associated with body size and plumage color in ducks. Nature Communications, 9, 2648.
https://dx.doi.org/10.1038/s41467-018-04868-4

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック