雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『西郷どん』第41回「新しき国へ」

<<   作成日時 : 2018/11/04 18:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 廃藩置県が断行され、島津久光は激昂します。新政府の改革は進みますが、海外使節団の派遣をめぐって対立は深まります。大久保一蔵(正助、利通)は西郷吉之助(隆盛)に、不満に思うだろう留守政府組を抑える役割を担うよう、期待していました。岩倉具視は留守政府を預かる隆盛に、海外使節団の帰国まで政策も人事も何も変えるな、と念押しします。しかし、江藤新平と後藤象二郎は岩倉・大久保・木戸たち要人の不在中に権力掌握を図り、山県有朋の汚職を追求します。隆盛は、島津久光をはじめとして新政府の方針を不満に思う人々を抑えるために、明治天皇の行幸を計画し、鹿児島もその対象となりました。久光は明治天皇に随行して鹿児島に帰ってきた隆盛に、不満をぶつけつつも叱咤します。

 今回は新政府への不満、さらには新政府内の対立も描かれましたが、おそらく本作では最後となるだろう、薩摩藩出身者たちの絆、とくに隆盛と利通の親密な関係が見どころだったでしょうか。この後には隆盛と利通の決別と薩摩藩出身者の分裂、さらには西南戦争まで行きつくわけで、予定調和的ではありますが、無難な構成になっていると思います。隆盛と久光とのやり取りは、ともに島津斉彬を慕い、反目し合ってきた二人の関係に一区切りをつけるという意味でよかったと思います。ただ、これで本作の久光の役割はほぼ終わったかな、と思うと残念ではあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『西郷どん』、悪くはないんだけど…(第39〜41回)
皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第39〜41回の感想です。まずはあらすじ。明治時代になって東京を退き、薩摩改め鹿児島に戻った西郷隆盛(鈴木亮平)。政府のことは大久保利通(瑛太)に任せ、東京に出仕するつもりはなかったが、横山安武(笠松将)の ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2018/11/15 19:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ『西郷どん』第41回「新しき国へ」 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる