雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『西郷どん』第47回(最終回)「敬天愛人」

<<   作成日時 : 2018/12/16 18:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 西郷隆盛(吉之助)は軍に残ったわずかな者たちと鹿児島を目指して退却を続け、隆盛の弟の西郷従道(信吾)は延岡で糸・菊次郎・熊吉と再会し、鹿児島に送り届けます。鹿児島に戻った西郷軍は政府軍と戦いを続けますが、衆寡敵せず、城山に追い詰められます。大久保利通(正助、一蔵)は隆盛に、降伏すれば助命する、と伝えます。桐野利秋(中村半次郎)たちは隆盛に降伏して生きるよう懇願しますが、ともに戦死する決意を伝えます。隆盛の死の場面は、利通が殺害され、回想が終わった後に最後になって描かれました。この構成は賛否の分かれるところでしょうが、こうした演出もありでしょうか。

 ついに最終回を迎えました。率直に言って、とても大河ドラマとして高評価できる作品ではないのですが、1年間視聴と感想記事の掲載を続けてきただけに、多少は感慨もあります。それにしても、最終回でも利通の醜態を描くとは、明治編はとくに、利通に厳しい脚本だったな、と改めて思います。まあ、原作もそうなのかもしれませんが。桐野を殺したのが川路利良だったのは、幕末編の伏線回収と言えるかもしれませんが、それならば、明治編でもう少し両者の関係を描いておくべきだったように思います。隆盛と縁の深かった人物のうち、徳川(一橋)慶喜と勝海舟(麟太郎、安房守)と愛加那(とぅま)は登場しましたが、天璋院(於一、篤姫)が登場しなかったのは残念でした。来年の大河ドラマの予告は放送されませんでしたが、番組表を確認すると、来週日曜日(2018年12月23日)18時から予告番組が放送されるようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『西郷どん』、不覚にも感動しました(第46〜47回)
皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第46〜47回の感想です。まずはあらすじ。明治政府に今の政体を問いただすために進発した西郷隆盛(鈴木亮平)一行。しかし、これを政府への反逆とみなした大久保利通(瑛太)らは隆盛らを賊軍とみなし、征討を命じた。 ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2019/01/18 20:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ『西郷どん』第47回(最終回)「敬天愛人」 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる