雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Menno Schilthuizen「都市が変える生物進化」

<<   作成日時 : 2019/01/13 09:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 『日経サイエンス』2018年12月号の特集「新・人類学 ヒトはなぜ人間になったのか」第3部「明日の姿」に掲載された解説です。本論文は、都市が進化の「圧力鍋」となっており、都市では素早く徹底的な適応が強いられる、と指摘しています。確かに、都市化も環境変化の一種であり、都市化が選択圧となることは、進化学において容易に予想されますが、それを実証することがやはり重要で、たいへん意義深いと思います。

 本論文は、都市環境における急速な進化の事例として、カタツムリ・クモ・タンポポなどを挙げています。たとえばカタツムリの殻は、都市におけるヒートアイランド現象への適応としても殻の色が薄くなっており、これは黒っぽい色の殻では熱エネルギーの吸収効率が高まってしまうからです。またブリッジスパイダーは夜行性ですが、街灯が餌となる昆虫を引き寄せるため、人工光を生まれつき好むようになりました。しかし一方で、ブリッジスパイダーは日光を依然として避けているそうです。このように、生物は都市に適応していっていますが、本論文は、「成功」事例の背後には絶滅事例がその10倍ほどあるのではないか、と指摘しています。


参考文献:
Schilthuizen M. (2018)、『日経サイエンス』編集部訳「都市が変える生物進化」『日経サイエンス』2018年12月号P82-87

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Menno Schilthuizen「都市が変える生物進化」 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる