三畳紀前期の目の小さな海生爬虫類

 三畳紀前期の目の小さな海生爬虫類に関する研究(Cheng et al., 2019)が公表されました。現生のカモノハシなど非視覚的な感覚刺激に依存する目の小さな動物は通常、他の感覚器官が発達しています。そのような感覚器官は、暗闇での狩猟など、視覚的には高難度の条件下で作動します。この研究は、約2億5000万年前となる三畳紀前期の海生爬虫類(Eretmorhipis carrolldongi)の新たな化石標本2点の相対的な目のサイズが、そうした目の小さな動物種と同等か、それらより小さいことを明らかにしました。この海生爬虫類の化石には軟組織が保存されていなかったので、どの非視覚的感覚が発達していたのか、検証はできませんでした。しかし、この海生爬虫類の形態と生息地と考えられる場所の環境から、触覚が発達していた可能性はひじょうに高い、と結論づけられました。

 この海生爬虫類は低光量下で触覚によって獲物を捕まえていた可能性があるわけで、羊膜類(爬虫類・鳥類・哺乳類)が触覚によって捕食者と被食者を区別し始めたのは、三畳紀前期までさかのぼる可能性がある、と示唆されます。これは、視力の弱い羊膜類としては最古の化石記録となります。この知見は、海生爬虫類の多様化が約2億5200万年前のペルム紀末大量絶滅(地球上での既知の絶滅事象の中で最大規模のもの)以降に起こったとする従来の学説に疑問を投げ掛けています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。



【進化】 先史時代の小さな目の「カモノハシ」は触覚によって獲物を見つけていたかもしれない

 三畳紀前期(およそ2億5000万年前)の海生爬虫類Eretmorhipis carrolldongiの新たな化石標本2点について記述された論文が、今週掲載される。Eretmorhipisは、現生のカモノハシとの類似点があり、体サイズの割に目が非常に小さい。従って、この化石標本は、視力の弱い羊膜類(爬虫類、鳥類、哺乳類)の最も古い記録であり、獲物感知に非視覚な手掛かりを用いていた可能性がある。

 非視覚的な感覚刺激に依存する目の小さな動物は、通常、他の感覚器官が発達している。そのような感覚器官は、暗闇での狩猟など、視覚的には高難度の条件下で作動する。今回、藻谷亮介(もたに・りょうすけ)たちの研究グループは、Eretmorhipisの相対的な目のサイズが、こうした目の小さな動物種と同等か、それらより小さいことを明らかにした。今回の化石には軟組織が保存されていなかったので、藻谷たちは、Eretmorhipisのどの非視覚的感覚が発達していたのかを検証できなかった。それでも藻谷たちは、Eretmorhipisの形態と生息地と考えられる場所の環境を基に、触覚が発達していた可能性が非常に高いと結論付けた。

 Eretmorhipisが低光量下で触覚によって獲物を捕まえていた可能性があるという今回の発見からは、羊膜類が触覚によって捕食者と被食者を区別し始めたのが三畳紀前期までさかのぼる可能性のあることが示唆される。この知見は、海生爬虫類の多様化が約2億5200万年前のペルム紀末大量絶滅(地球上での既知の絶滅事象の中で最大規模のもの)以降に起こったとする従来の学説に疑問を投げ掛けている。



参考文献:
Cheng L. et al.(2019): Early Triassic marine reptile representing the oldest record of unusually small eyes in reptiles indicating non-visual prey detection. Scientific Reports, 9, 152.
https://doi.org/10.1038/s41598-018-37754-6

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック