2019年度アメリカ自然人類学会総会(ネアンデルタール人とデニソワ人の分岐年代)

 今年(2019年)3月27日~3月30日にかけて、アメリカ合衆国テキサス州オースティン市で第88回アメリカ自然人類学会総会が開催されています。アメリカ自然人類学会総会では、最新の研究成果が多数報告されるだけに、古人類学に関心のある私は大いに注目しています。総会での各報告の要約はPDFファイルで公表されているのですが、まだいくつかの報告を読んだだけです。とりあえず今回は、とくに興味深いと思った報告(Rogers et al., 2019A)を取り上げます(P206)。今後、興味のある報告をこのブログで取り上げた場合は、この記事にトラックバックを送ることにします。

 本報告は、ネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)と種区分未定のホモ属であるデニソワ人(Denisovan)との分岐年代について検証しています。後期ホモ属の進化と交雑に関しては以前まとめましたが(関連記事)、まずネアンデルタール人およびデニソワ人の共通祖先系統と現生人類(Homo sapiens)の祖先系統が分岐した後、ネアンデルタール人系統とデニソワ人系統とが分岐した、と推測されています。本報告の筆頭著者であるロジャース(Alan R. Rogers)氏は以前、ネアンデルタール人系統とデニソワ人系統の分岐年代を25660世代前(744000年前頃)と推定しました(関連記事)。一方、クロアチアのネアンデルタール人の高品質なゲノム配列を報告した研究では、両系統の分岐年代は44万~39万年前頃と推定されました(関連記事)。

 本報告は、以前から指摘されていた「超古代型」人類からデニソワ人への遺伝子流動(関連記事)を考慮に入れれば、ネアンデルタール人系統とデニソワ人系統は中期更新世早期に分岐し、両系統の共通祖先がボトルネック(瓶首効果)を経た、というロジャース氏の以前の見解が確証される、と主張しています。この「超古代型」人類は、ネアンデルタール人・デニソワ人・現生人類の共通祖先系統と200万年前頃に分岐し、デニソワ人のゲノムに約3%継承されている、と本報告は推測しています。古代DNA研究の進展は目覚ましく、追いついていくのがたいへんですが、本報告のような新たな知見を少しでも多く当ブログで取り上げていきたいものです。


 なお、アメリカ自然人類学会総会に関するこのブログの過去の記事は以下の通りです。

2018年度(第87回)
https://sicambre.at.webry.info/201804/article_46.html

2017年度(第86回)
https://sicambre.at.webry.info/201705/article_13.html

2016年度(第85回)
https://sicambre.at.webry.info/201606/article_23.html

2015年度(第84回)
https://sicambre.at.webry.info/201504/article_15.html

2014年度(第83回)
https://sicambre.at.webry.info/201404/article_22.html
https://sicambre.at.webry.info/201404/article_34.html
https://sicambre.at.webry.info/201404/article_37.html
https://sicambre.at.webry.info/201405/article_5.html
https://sicambre.at.webry.info/201405/article_7.html

2013年度(第82回)
https://sicambre.at.webry.info/201304/article_30.html

2012年度(第81回)
https://sicambre.at.webry.info/201204/article_20.html

2011年度(第80回)
https://sicambre.at.webry.info/201104/article_27.html

2010年度(第79回)
https://sicambre.at.webry.info/201004/article_23.html

2009年度(第78回)
https://sicambre.at.webry.info/200905/article_27.html

2008年度(第77回)
https://sicambre.at.webry.info/200804/article_20.html
https://sicambre.at.webry.info/200804/article_28.html
https://sicambre.at.webry.info/200804/article_32.html

2007年度(第76回)
https://sicambre.at.webry.info/200703/article_32.html
https://sicambre.at.webry.info/200704/article_11.html


参考文献:
Rogers AR. et al.(2019A): Superarchaic admixture confirms a deep separation of Neanderthals and Denisovans. The 88th Annual Meeting of the AAPA.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • パプア人系統とチベット人系統におけるデニソワ人との複数回の交雑

    Excerpt:  パプア人系統(Jacobs et al., 2019)とチベット人系統(Zhang et al., 2019)におけるデニソワ人(Denisovan)との複数回の交雑についての2019年度アメリカ自.. Weblog: 雑記帳 racked: 2019-03-30 11:22
  • レヴァントにおけるネアンデルタール人の進化

    Excerpt:  レヴァントにおけるネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)の進化について、2019年度アメリカ自然人類学会総会(関連記事)で報告されました(Hershkovitz et al.. Weblog: 雑記帳 racked: 2019-03-31 09:52
  • デニソワ洞窟の中部旧石器時代後期~上部旧石器時代初期の年代

    Excerpt:  南シベリアのアルタイ山脈のデニソワ洞窟(Denisova Cave)の中部旧石器時代後期~上部旧石器時代初期の年代について、2019年度アメリカ自然人類学会総会(関連記事)で報告されました(Hers.. Weblog: 雑記帳 racked: 2019-04-01 03:44
  • アフリカのハイデルベルゲンシス

    Excerpt:  ネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)と現生人類(Homo sapiens)の共通祖先について、2019年度アメリカ自然人類学会総会(関連記事)で報告されました(Mouni.. Weblog: 雑記帳 racked: 2019-04-06 09:26
  • デニソワ人のホモ属進化史における位置づけ

    Excerpt:  種区分未定のホモ属であるデニソワ人(Denisovan)の人類進化史における位置づけについて、2019年度アメリカ自然人類学会総会(関連記事)で報告されました(Stringer., 2019)。この.. Weblog: 雑記帳 racked: 2019-04-07 07:25
  • アメリカ大陸におけるデニソワ人の遺伝的影響

    Excerpt:  アメリカ大陸におけるデニソワ人(Denisovan)の遺伝的影響について、2019年度アメリカ自然人類学会総会(関連記事)で報告されました(Huerta-Sanchez et al., 2019)。.. Weblog: 雑記帳 racked: 2019-04-14 09:49
  • ヨーロッパにおける旧石器時代の食人

    Excerpt:  ヨーロッパにおける旧石器時代の食人について、2019年度アメリカ自然人類学会総会(関連記事)で報告されました(Bello et al., 2019)。この報告の要約はPDFファイルで読めます(P16.. Weblog: 雑記帳 racked: 2019-04-14 09:53
  • ハイデルベルゲンシスの位置づけ

    Excerpt:  ハイデルベルゲンシス(Homo heidelbergensis)の人類進化史における位置づけについて、2019年度アメリカ自然人類学会総会(関連記事)で報告されました(Gomez-Robles., .. Weblog: 雑記帳 racked: 2019-04-22 03:21
  • ネアンデルタール人およびデニソワ人の共通祖先と未知の人類との交雑

    Excerpt:  ネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)および種区分未定のホモ属であるデニソワ人(Denisovan)の共通祖先と未知の人類との交雑の可能性を指摘した研究(Rogers et.. Weblog: 雑記帳 racked: 2019-06-09 09:56