同期している飼い犬と飼い主の長期ストレスレベル(追記有)

 飼い犬と飼い主の長期ストレスレベルの同期に関する研究(Sundman et al., 2019)が公表されました。この研究は、シェトランドシープドッグ33匹とボーダーコリー25匹、およびその飼い主の毛髪コルチゾール濃度を測定し、通年のストレスレベルの推移を調べました。その結果、ヒトのコルチゾール濃度が上昇すると、イヌ、とくに雌においてコルチゾール濃度が上昇する、と明らかになりました。この結果は、イヌとその飼い主のストレスレベルが同期している可能性を示唆しています。イヌとヒトのストレスの関連は夏と冬の両方で観察されていることから、コルチゾール濃度の季節的変動はストレスの同期性に影響しない、と示唆されます。

 また、この研究は飼い主に、イヌの興奮性・訓練に対する反応性・攻撃性・または恐怖心といった形質を評価する有効な質問票と、飼い主自身の外向性・協調性・または神経症的傾向といった性格特性を評価する有効な質問票への回答を依頼しました。その結果、所有者による分類に基づくイヌの性格は、飼い主の毛髪コルチゾール濃度にほとんど影響しない、と明らかになりました。これに対して、飼い主の誠実性と寛容性という性格特性は、イヌのコルチゾール濃度の上昇と関連し、飼い主の神経症的傾向は、イヌのコルチゾール濃度の低下と関連していました。この結果は、飼い主がイヌのストレスレベルに反応しているのではなく、イヌが飼い主のストレスレベルを反映している可能性を示唆しています。この研究によれば、これらの知見はヒトとイヌの関係の強さを裏づけるさらなる証拠で、イヌの福祉の改善にも重要な意味を持っている可能性があります。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【動物行動学】飼い犬と飼い主の長期ストレスレベルが同期している

 飼い主の長期ストレスが、その飼い犬のストレスレベルの高さと関連していることを、58匹のイヌとその飼い主を対象とした研究によって明らかにした論文が、今週掲載される。

 今回、Lina Rothたちの研究グループは、シェトランドシープドッグ(33匹)とボーダーコリー(25匹)、およびその飼い主の毛髪コルチゾール濃度を測定し、1年を通したストレスレベルの推移を調べた。その結果、ヒトのコルチゾール濃度が上昇すると、イヌ、特に雌のイヌにおいてコルチゾール濃度が上昇することが判明した。この結果は、イヌとその飼い主のストレスレベルが同期している可能性を示唆している。イヌとヒトのストレスの関連は夏と冬の両方で観察されていることから、コルチゾール濃度の季節的変動はストレスの同期性に影響しないことが示唆される。

 また、Rothたちは飼い主に、イヌの興奮性、訓練に対する反応性、攻撃性、または恐怖心といった形質を評価する有効な質問票と、飼い主自身の外向性、協調性、または神経症的傾向といった性格特性を評価する有効な質問票への回答を依頼した。その結果、イヌの性格(所有者による分類に基づく)は、飼い主の毛髪コルチゾール濃度にほとんど影響しないことが明らかになった。これに対して、飼い主の誠実性と寛容性という性格特性は、イヌのコルチゾール濃度の上昇と関連し、飼い主の神経症的傾向は、イヌのコルチゾール濃度の低下と関連していた。この結果は、飼い主がイヌのストレスレベルに反応しているのではなく、イヌが飼い主のストレスレベルを反映している可能性を示唆している。

 Rothたちによれば、これらの知見はヒトとイヌの関係の強さを裏付けるさらなる証拠であり、イヌの福祉の改善にも重要な意味を持っている可能性がある。



参考文献:
Sundman AS et al.(2019): Long-term stress levels are synchronized in dogs and their owners. Scientific Reports, 9, 7391.
https://doi.org/10.1038/s41598-019-43851-x


追記(2019年6月13日)
 ナショナルジオグラフィックでも報道されました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック