ミトコンドリアの選択を引き起こす断片化

 ミトコンドリアの選択を引き起こす断片化に関する研究(Lieber et al., 2019)が公表されました。ミトコンドリアゲノムは母系遺伝しますが、ミトコンドリアゲノムには変異が生じやすく、ミトコンドリアで働く選択機構は、こうした変異で起こり得る有害な影響を打ち消しています。この研究は、in situハイブリダイゼーション法(組織切片・細胞・染色体に存在する特定の核酸シークエンスの局在を検出する方法)を用いて、ショウジョウバエ(Drosophila)の生殖系列において個々のミトコンドリア対立遺伝子を可視化する系を樹立しました。ミトコンドリアの融合が減少すると、対立遺伝子が複数のミトコンドリアへと分散されることになり、ゲノムの混合が妨げられる、と明らかになりました。これはまた、有害な変異を持つATP産生能の低いミトコンドリアが、オートファジー経路によって分解されるための標識となります。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


細胞生物学:生殖系列ではミトコンドリアの断片化によって有害なmtDNAの選択的除去が駆動される

細胞生物学:断片化がミトコンドリアの選択を引き起こす

 ミトコンドリアゲノムは母系遺伝するが、ミトコンドリアゲノムには変異が生じやすいことを考えると、ミトコンドリアで働く選択機構は、こうした変異で起こり得る有害な影響を打ち消している。R Lehmannたちは今回、in situハイブリダイゼーション法を用いて、ショウジョウバエ(Drosophila)の生殖系列において個々のミトコンドリア対立遺伝子を可視化する系を樹立した。ミトコンドリアの融合が減少すると、対立遺伝子が複数のミトコンドリアへと分散されることになり、ゲノムの混合が妨げられることが分かった。これはまた、有害な変異を持つATP産生能の低いミトコンドリアがオートファジー経路によって分解されるための標識となる。



参考文献:
Lieber T. et al.(2019): Mitochondrial fragmentation drives selective removal of deleterious mtDNA in the germline. Nature, 570, 7761, 380–384.
https://doi.org/10.1038/s41586-019-1213-4

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック