シロイルカとイッカクの雑種

 シロイルカ(Delphinapterus leucas)とイッカク(Monodon monoceros)の雑種に関する研究(Skovrind et al., 2019)が公表されました。両者は500万年前頃に分岐し、165万~125万年前頃に両者の間で遺伝子流動があった、と推定されています。この研究は、1990年に西グリーンランドで発見され、デンマーク自然史博物館に保管されている頭蓋骨の歯から抽出したDNAを解析し、この頭蓋骨のDNAと、頭蓋骨が発見された西グリーンランドの同じ地域に生息するシロイルカ8頭およびイッカク8頭から得たDNAと比較されました。その結果、この頭蓋骨標本は遺伝的に、54%がシロイルカで、46%がイッカクである、と示唆されました。この研究は、個体の性別を決定する一般的な方法であるX染色体と常染色体の比を用いて、この雑種が雄であると推定しました。また、この個体のミトコンドリアDNA解析から、その母親がイッカクと示唆されました。つまり、父親がシロイルカというわけです。

 この研究はまた、頭蓋骨から抽出した骨コラーゲンに含まれる炭素と窒素の同位体を分析し、イッカク18頭およびシロイルカ18頭の頭蓋骨の参照パネルの骨コラーゲンと比較しました。その結果、頭蓋骨から抽出された試料に含まれる炭素同位体の濃度は他の頭蓋骨よりも高く、この雑種の食餌は親種のいずれとも異なっていた、と示唆されました。この研究は、こうした知見に基づき、この雑種がイッカクやシロイルカよりも海底に近い場所(深海底域)で採餌していた、と推測しています。500万年前頃に分岐し、165万~125万年前頃は遺伝子流動の痕跡の確認されていない種間でも交雑が起き得るわけですから、アザラシの事例(関連記事)などからも、哺乳類において交雑は珍しくないと考えられます。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【進化】シロイルカとイッカクの間で雑種形成があったことを示す博物館所蔵の頭蓋骨

 1990年に西グリーンランドで発見された頭蓋骨から得られた遺伝子を解析した結果、これが雌のイッカクと雄のシロイルカの第一世代の雄の子孫のものであることが明らかになったと報告する論文が、今週掲載される。この知見は、イッカクとシロイルカの間で雑種形成があった可能性を示す唯一の証拠となる。

 今回、Mikkel Skovrind、Eline Lorenzenたちの研究グループは、デンマーク自然史博物館に保管されている頭蓋骨の歯から抽出したゲノムDNAの解析を行った。今回の研究では、この頭蓋骨のDNAと、頭蓋骨が発見された西グリーンランドの同じ地域に生息するシロイルカ8頭とイッカク8頭から得たゲノムのDNAとが比較された。この解析から、この頭蓋骨標本は54%がシロイルカで、46%がイッカクであることが示唆された。著者たちは、個体の性別を決定する一般的な方法であるX染色体数と常染色体数の比を用いて、この雑種が雄であると推定した。また、個体のミトコンドリアゲノム(全DNAのごく一部で、雌の生殖系列を介してのみ遺伝する)の解析から、この雑種の母親がイッカクであることが示唆された。

 著者たちはまた、博物館所蔵の頭蓋骨から抽出した骨コラーゲンに含まれる化学元素(炭素と窒素)の同位体を分析し、これをイッカク18頭およびシロイルカ18頭の頭蓋骨の参照パネルの骨コラーゲンと比較した。その結果、頭蓋骨から抽出された試料に含まれる炭素同位体の濃度は他の頭蓋骨よりも高く、この雑種の食餌が親種のいずれとも異なっていたことが示唆された。著者たちは、この知見に基づいて、この雑種がイッカクやシロイルカよりも海底に近い場所(深海底域)で採餌していたと推測している。



参考文献:
Skovrind M et al.(2019): Hybridization between two high Arctic cetaceans confirmed by genomic analysis. Scientific Reports, 9, 7729.
https://doi.org/10.1038/s41598-019-44038-0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック