ポーランド中央部における新石器時代~前期青銅器時代の人類史

 取り上げるのが遅れてしまいましたが、ポーランド中央部における新石器時代~前期青銅器時代の人類集団の遺伝的構成の変容に関する研究(Fernandes et al., 2018)が公表されました。ヨーロッパ系現代人は遺伝的に、更新世の狩猟採集民、新石器時代にアナトリア半島からヨーロッパに到来した農耕民、後期新石器時代~青銅器時代にかけてポントス-カスピ海草原(中央ユーラシア西北部から東ヨーロッパ南部までの草原地帯)からヨーロッパに拡散してきた遊牧民の混合により形成されました。ヨーロッパの新石器時代の農耕民集団は、在来の狩猟採集民集団と混合していきましたが(関連記事)、その進展は地域により異なります(関連記事)。

 本論文は、ポーランド中央部北方のクヤヴィア(Kuyavia)地域の、紀元前4300~紀元前1900年頃となる中期新石器時代から早期青銅器時代の17人のゲノム規模データを分析しました。クヤヴィア地域の考古学的な時代区分は、紀元前5400~紀元前5000年頃の線形陶器文化(Linear Pottery Culture、LBK)、紀元前4700~紀元前4000年頃となるレンジェル文化(Lengyel Culture)、紀元前3800~紀元前3000年頃の漏斗状ビーカー文化(Funnel Beaker Culture、TRB)、紀元前3000~紀元前2300年頃の球状アンフォラ文化(Globular Amphora Culture、GAC)、紀元前2700~紀元前2200年頃の縄目文土器文化(Corded Ware Culture、CWC)、紀元前2500~紀元前1900年頃の鐘状ビーカー文化(Bell Beaker Culture、BBC)となり、一部が共存しています。レンジェル文化で本論文においてゲノム解析の対象となったのは、ブジェシチ・クヤフスキ集団(Brześć Kujawski Group、BKG)です。平均網羅率は0.71~2.50倍です。

 BKGは遺伝的にはおおむねヨーロッパの中期新石器時代農耕民集団と類似していますが、N22とN42の2人は例外です。N22はヨーロッパ西部狩猟採集民集団(WHG)ときわめて近縁で、N42は前期~中期新石器時代農耕民集団とWHG系統の中間に位置します。クヤヴィア地域の人類集団の遺伝的構成でまず注目されるのは、BKGからGACにかけて、WHG系統要素が増加していることです。これは、在来の狩猟採集民との混合によるものと推測されます。紀元前4300年頃のN42個体はほぼWHG系統なので、クヤヴィア地域においては、紀元前5400年頃のLBK農耕民の到着から少なくとも紀元前4300年頃までの1000年以上、外来の農耕民集団とほとんど混合しなかった狩猟採集民集団が存在し、両者は共存していた、と推測されます。こうしたWHG系統の増加(復活)傾向はドイツ中央部のTRB集団でも見られますが、本論文は、クヤヴィア地域ではそれ以前のBKGで見られることから、農耕民集団と狩猟採集民集団との混合はLBKの後に起きたのではないか、と推測しています。これに関して本論文は、クヤヴィア地域だけではなくヨーロッパ中央部でこの時期に一般的に見られる、人口減少との関連を指摘しています。農耕民集団にとって、狩猟採集民との密接な接触はLBK後の集団存続の鍵となったのではないか、というわけです。

 BKG・TRB・GAC集団のミトコンドリアDNA(mtDNA)ハプログループ(mtHg)には、ヨーロッパの新石器時代農耕民によく見られるN1a・T2・J・K・Vが含まれており、ゲノム規模データと一致します。なお、N22はU5a、N42はU5bです。新石器時代の個体群でY染色体DNAハプログループ(YHg)が解析された3人はI2a2aに分類されています。本論文は、BKGにおけるmtHg- U5とYHg- Iが中石器時代のヨーロッパ起源であることから、クヤヴィア地域では更新世の狩猟採集民集団が母系でも父系でも新石器時代農耕民社会で存続しており、類似の事例はカルパチア盆地やバルカンでも報告されている、と指摘しています。

 クヤヴィア地域の人類集団の遺伝的構成が大きく変わるのは後期新石器時代で、CWC集団において、ポントス-カスピ海草原系統(草原地帯系統)の遺伝的影響が強く見られます。これは、青銅器時代の1個体のYHgがR1aであることとも一致します。一方、CWCとかなり年代の重なるGACには、草原地帯系統が見られません。またGACでは、それ以前の集団よりもWHG系統の割合が増加しています。草原地帯系統の欠如と高いWHG系統の割合という特徴は、クヤヴィア地域だけではなく、ポーランドのキエシュコボ(Kierzkowo)の5人とウクライナのイラーツカ(Ilatka)の3人でも確認されています。ただ、これらはGACの早期集団なので、後期GAC集団には草原地帯系統が存在したかもしれない、と本論文は指摘しています。クヤヴィア地域のCWC集団に関して本論文が注目しているのは、既知のCWC集団よりもWHG系統の割合が高いことです。これは、上述のように、クヤヴィア地域では少なくとも紀元前4300年頃まで、アナトリア半島起源の農耕民集団と混合しなかった狩猟採集民集団が存在したことと関連しているのではないか、と本論文は推測しています。それは、CWCと侵入してきた草原地帯文化集団との相互作用は複雑で、地域により異なっていた、との考古学的知見と一致している、と本論文は指摘しています。また、本論文刊行後の研究では、GAC集団とCWC集団との激しい争いを想定する見解も提示されています(関連記事)。

 ヨーロッパ系現代人の形成過程は、上述のように大まかには、更新世の狩猟採集民、新石器時代にアナトリア半島からヨーロッパに到来した農耕民、後期新石器時代~青銅器時代にかけてヨーロッパに拡散してきた草原地帯遊牧民の混合と把握されます。しかし、その融合時期や混合の比率が各地域により異なっていたことは、本論文でも改めて示されたと思います。古代DNA研究の進展は著しいのですが、近代以降の知の中心・基準となり遺跡の発掘・研究が進んでいることと、DNAの保存に比較的好条件の環境であることから、ヨーロッパが中心となっています。本論文を読んで改めて、ヨーロッパにおける古代DNA研究が進展していることを思い知らされました。日本列島も含むユーラシア東部圏の古代DNA研究が、ヨーロッパも含むユーラシア西部と比較して大きく遅れていることは否定できませんが、日本人である私としては、今後少しでもヨーロッパとの差が縮まってほしい、と希望しています。


参考文献:
Fernandes DM et al.(2018): A genomic Neolithic time transect of hunter-farmer admixture in central Poland. Scientific Reports, 8, 14879.
https://doi.org/10.1038/s41598-018-33067-w

自然と健康・幸福感の関係

 自然と健康・幸福感の関係についての研究(White et al., 2019)が公表されました。この研究は、イギリスの成人19806人を対象として、過去1週間に自宅の庭を除く野原や森林などの自然環境で過ごした時間と、自己申告に基づいた健康と幸福感について調査しました。この調査によると、自然の中で120分以上過ごしたと申告した人は、「健康状態が良い」または「幸福感が強い」と申告する傾向が強く見られました。この研究は、こうした関連が近隣の利用可能な緑地の規模とは無関係なことを明らかにしました。さらに、この関連は全ての年齢層の参加者(長期的な健康問題を抱えている人を含む)に見られ、この知見が、単に健康状態の良好な人々の方が自然環境を訪れる頻度が高いことによるものではない、という可能性が示唆されました。

 またこの研究は、一度に自然の中で120分を過ごした場合と短時間の自然環境への訪問を1週間に数回行った場合では差が生じなかった、と報告しています。自然の中で過ごした時間が週120分未満である場合は、幸福感の向上との関連が認められませんでしたが、自然環境で200~300分を過ごしても、さらなる効果は得られませんでした。この研究は、こうした知見は予備的なものではあるものの、健康と幸福感の有意な向上をもたらす可能性のある自然環境と触れ合う時間に関して、証拠に基づいたシンプルな勧告を示して議論するうえで、重要な出発点になると結論づけています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【健康】自然の中で過ごすことが健康と幸福感の向上につながる

 週120分以上を自然環境で過ごすことが、健康と幸福感に関連することを明らかにした研究論文が、今週掲載される。

 今回、Mathew Whiteたちの研究グループは、イギリスの成人1万9806人を対象として、過去1週間に野原や森林などの自然環境(自宅の庭を除く)で過ごした時間と、自己申告に基づいた健康と幸福感について調査した。この調査によると、自然の中で120分以上過ごしたと申告した人は、「健康状態が良い」または「幸福感が強い」と申告する傾向が強かった。

 Whiteたちは、この関連が近隣の利用可能な緑地の規模とは無関係なことを見いだした。また、この関連は全ての年齢層の参加者(長期的な健康問題を抱えている人を含む)に見られ、この知見が、単に健康状態の良好な人々の方が自然環境を訪れる頻度が高いことによるものではない可能性が示唆された。またWhiteたちは、一度に自然の中で120分を過ごした場合と短時間の自然環境への訪問を1週間に数回行った場合では、差が生じなかったと報告している。自然の中で過ごした時間が週120分未満である場合は、幸福感の向上との関連が認められなかったが、自然環境で200~300分を過ごしても、さらなる効果は得られなかった。

 Whiteたちは、今回の知見は予備的なものではあるが、健康と幸福感の有意な向上をもたらす可能性のある自然環境と触れ合う時間に関して証拠に基づいたシンプルな勧告を示すことを議論する上で、重要な出発点になると結論付けている。



参考文献:
White MP et al.(2019): Spending at least 120 minutes a week in nature is associated with good health and wellbeing. Scientific Reports, 9, 7730.
https://doi.org/10.1038/s41598-019-44097-3

ロタウイルスワクチン接種と1型糖尿病のリスク低下との関連

 ロタウイルスワクチン接種と1型糖尿病のリスク低下との関連についての研究(Rogers et al., 2019)が公表されました。この研究は、民間の医療保険会社から入手した非特定化データを用いて、2001~2017年にアメリカ合衆国で生まれた乳児147万4535人のコホートを調べました。その結果、ロタウイルスワクチンの接種を完了した(必要な用量のワクチンを接種された)小児は、ワクチン接種を受けていない小児より1型糖尿病のリスクが低い、と明らかになりました。2006~2017年に生まれ、ワクチン接種を受けた小児540317人のうち、糖尿病を発症したのが192人だった(年間10万人当たり12.2人に相当)のにたいして、同時期に生まれ、ワクチン接種を受けていない乳児246600人のうち糖尿病を発症したのは166人でした(年間10万人当たり20.6人に相当)。ワクチンの部分接種(接種回数が1~2回不足している場合)は、糖尿病の罹患率との関連が認められませんでした。

 2006~2017年の間には、2種類のロタウイルスワクチン(5種類のロタウイルスに対する防御をもたらす五価ワクチンと、1種類のロタウイルスに対する防御をもたらす一価ワクチン)が使用されていました。いずれかのワクチンを接種された小児は、接種されなかった小児と比較して、ロタウイルス感染による入院率が94%低く、ワクチン接種後60日以内の入院者数は、全体で31%少ない、と明らかになりました。この結果は、これらのワクチンが安全であることを示唆している、と考えられます。五価ワクチンの3回接種を完了した乳児は、1型糖尿病のリスクが37%低下しました。

 ヒトと動物の先行研究から、ロタウイルス感染は、1型糖尿病やβ細胞の破壊、膵臓のロタウイルス感染と関連している、と明らかになっています。ロタウイルスワクチン接種と1型糖尿病のリスク低下との関連をより詳細に調査するためには、さらなる研究が必要となりますが、この研究は、ロタウイルスワクチン接種が1型糖尿病の予防に役立つ実用的な手段となる可能性がある、との見解を提示ています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【公衆衛生】ロタウイルスワクチン接種が1型糖尿病のリスク低下と関連

 乳児を対象とした研究で、下痢や体調不良の一般的な原因の1つであるロタウイルスに対するワクチンの定期接種が1型糖尿病のリスク低下と関連しているという見解を示す論文が、今週掲載される。

 今回、Mary Rogersたちの研究グループは、民間の医療保険会社から入手した非特定化データを用いて、2001~2017年に米国で生まれた乳児147万4535人のコホートを調べた。その結果、ロタウイルスワクチンの接種を完了した(必要な用量のワクチンを接種された)小児は、ワクチン接種を受けていない小児より1型糖尿病のリスクが低いことが明らかになった。2006~2017年に生まれ、ワクチン接種を受けた小児54万317人のうち、糖尿病を発症したのは192人だった(年間10万人当たり12.2人に相当)。これに対し、同時期に生まれ、ワクチン接種を受けていない乳児24万6600人のうち糖尿病を発症したのは166人だった(年間10万人当たり20.6人に相当)。ワクチンの部分接種(接種回数が1~2回不足している場合)は、糖尿病の罹患率との関連が認められなかった。

 2006~2017年の間には、2種類のロタウイルスワクチン(5種類のロタウイルスに対する防御をもたらす五価ワクチンと、1種類のロタウイルスに対する防御をもたらす一価ワクチン)が使用されていた。いずれかのワクチンを接種された小児は、接種されなかった小児に比べてロタウイルス感染による入院率が94%低かった。また、ワクチン接種後60日以内の入院者数は、全体で31%少なかった。この結果は、これらのワクチンが安全であることを示唆していると考えられる。五価ワクチンの3回接種を完了した乳児は、1型糖尿病のリスクが37%低下した。

 ヒトと動物の先行研究から、ロタウイルス感染は、1型糖尿病やβ細胞の破壊、膵臓のロタウイルス感染と関連していることが明らかになっている。ロタウイルスワクチン接種と1型糖尿病のリスク低下との関連をより詳細に調査するためにはさらなる研究が必要だが、Rogersたちは、ロタウイルスワクチン接種が1型糖尿病の予防に役立つ実用的な手段となる可能性があるという考えを示している。



参考文献:
Rogers MAM, Basu T, and Kim C.(2019): Lower Incidence Rate of Type 1 Diabetes after Receipt of the Rotavirus Vaccine in the United States, 2001–2017. Scientific Reports, 9, 7727.
https://doi.org/10.1038/s41598-019-44193-4

渡邉義浩『漢帝国 400年の興亡』

 中公新書の一冊として、中央公論新社から2019年5月に刊行されました。本書は秦王朝崩壊期から『三国志』の時代までを対象とし、漢王朝の前提となる秦の制度と、漢王朝滅亡後の漢の「古典化」にも言及しています。本書は、「漢」がいかに「中国の古典」となったのか、儒教を中心に解説しています。古典的というか通俗的見解では、前漢武帝期に儒教が国教化された、となっています。しかし日本でも、20世紀後半には一般向け書籍でそうした見解が批判的に取り上げられるようになり、私のような非専門家層にも、かなり知られるようになったのではないか、と思います。

 本書も、前漢武帝期に儒教が「国教化」されたわけではなく、前漢景帝期に始まり、後漢章帝期の白虎観会議(紀元後79年)で完成した、との見解を提示しています。本書はこの過程を、多様な儒教解釈の変遷から検証しています。正直なところ、儒教史に疎い私にとって、一読しただけで的確に全体像を把握するのは無理だったので、今後再読するつもりです。前漢成立後、儒教は時の権力者に取り入るため、多様な解釈を提示します。この権力者の中には、皇帝だけではなく、霍光や王莽のような権臣もいます。霍光はあくまでも臣下の地位に留まり続けましたが、王莽は儒家の新解釈も利用して皇帝に即位します(新王朝)。本書では、儒教が柔軟な解釈で時の権力者に取り入っていった様子が鮮やかに叙述されており、儒教が「国教」となり、「中国の古典」の中核となったことも納得できます。

 本書の主題は漢王朝がいかに「中国の古典」になったのか、ということであり、儒教解釈の変遷が詳しく解説されているので、表題から受ける印象とは異なり、前後合わせて400年ほどの漢王朝の一般向けの標準的な通史という性格は弱くなっているように思います。しかし、本書冒頭の秦王朝崩壊期における劉邦と項羽の覇権争いの解説はかなりのところ古典的というか通俗的な物語的な叙述になっており、読み終わってから振り返ると、本書の中では浮いてしまっているようにも思います。まあ、この時代に関しては子供の頃に得た知識からあまり上積みのない私にとって、なじみ深い叙述ではありましたが。本書を読み始めた時は、一般向けを強く意識した物語的な漢王朝史になるのかな、と予想しただけに、その後の儒教解釈の変遷の(一般向けとしては)詳しい解説が始まると、やや戸惑いました。秦王朝崩壊期に関する一般向け書籍は何冊か所有しているので、21世紀以降のものを再読して、近年の研究成果に基づいた解説を再度把握しておこう、と考えています。