ディープインパクト死亡

 一昨日(2019年7月28日)頸部の手術を受け、昨日午前中に突然起立不能になったディープインパクトは、今朝のレントゲン検査で頸椎に骨折が見つかり、回復の見込みが立たないことから安楽死の処置が取られた、と公表されました。マスコミでも報道されています。ディープインパクトはまだ17歳で、種牡馬として大成功を収め、今年も日本国内の種牡馬成績で独走していただけに、たいへん残念です。競馬人気が低下していく中、日本で広く知名度を得たサラブレッドとしては、ディープインパクトが最後になるかもしれません。それだけ偉大な馬だったわけですが、もちろん、今後ディープインパクトやオグリキャップやハイセイコーを超えるような知名度の馬が出現するよう、願っています。

 今にして思うと、私は現役時代から種牡馬として実績を残すまで、ディープインパクトを過小評価してきたかもしれません。凱旋門賞で苦戦するだろうという予想は当たりましたが(結果は3位入線で失格)、弥生賞直後には、「着差はわずかだが、遅い流れで後方から進んで外を回ったことを考慮すると、強い勝ち方だったと思う。ただ、多頭数となるクラシックをすべて勝てるというほどの印象は受けなかった」と述べており、大外れでした(関連記事)。ただ、引退レースとなった2006年の有馬記念後の感想で述べた、「日本競馬史上最強馬候補の一頭ではありますが、そうだと断言するには、器用さが足りなかったように思われます」との評価(関連記事)は今でも変わりません。

 ディープインパクトに対する私の評価で何よりも大外れだったのは、種牡馬としては総額51億円という日本馬産史上最高額のシンジケートに見合うだけの成績は残せず、とても父サンデーサイレンスに及ばないだろう、と予想したことです(関連記事)。この予想は大外れで、今となっては本当に恥ずかしい限りです。ディープインパクトとその関係者の皆様には、今更ではありますが、謝罪申し上げます。ディープインパクトの種牡馬成績については、超一流馬がジェンティルドンナくらいしかいないのを不満に思う人もいるかもしれませんが、安定して一流馬を輩出している中でのことだけに、凄いものだと思います。

 また、ディープインパクト産駒の種牡馬成績は今のところさほどでもないようにも思いますが、父親が凄すぎて息子たちの壁になっている、という側面もあるように思います。ディープインパクトの種牡馬としての大成功は、同じく種牡馬として大成功した父の死後に種牡馬入りしたことも大きかったのではないか、と私は考えています。サンデーサイレンス産駒の初期の活躍馬のフジキセキやダンスインザダークは、種牡馬生活の序盤が父と重なっていなければ、もっと好成績を収めたのではないか、というわけです。ヨーロッパの事例では、史上最強馬とも言われるフランケルが、種牡馬としては父のガリレオの壁に阻まれ、期待されたほどではないように思われます。その意味で、今後ディープインパクト産駒が父に迫る種牡馬成績を残すこともあるかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント