ハリケーンは攻撃的なクモを助長する

 ハリケーンが攻撃的なクモを助長する、と報告した研究(Little et al., 2019)が公表されました。熱帯低気圧は、自然生息地に大規模な撹乱を生じます。しかし、低頻度で予測しがたいことが多いその事象の生態学的影響は、暴風雨の襲来前後で生息地を比較する必要があるため、研究するのが困難です。この研究は、2018年にアメリカ合衆国のメキシコ湾岸と大西洋岸を襲った3つの熱帯低気圧の前後で、集団生活を営むクモ(Anelosimus studiosus)のコロニーのサンプル調査を行ないました。

 この研究は、熱帯低気圧の経路を予想することにより、予想経路上にあるコロニーのサイズを評価し、それぞれのコロニーが模擬的被食者に対してどれだけ攻撃的に反応するかを調べました。この研究は、クモの巣を振動させて攻撃に出てきたクモを数え、さらに、低気圧の通過から48時間後に現地へ戻ってどのコロニーが生き残ったかを調べ、その後の2回の訪問で卵をいくつ産んだか、孵化した幼虫が何匹なのか、数えました。低気圧の前に攻撃性が高かったコロニーは、暴風雨襲来後の繁殖率と幼虫生存率が高い、と明らかになりました。一方、熱帯低気圧の影響を受けなかった地域では、穏やかなコロニーのほうが有利でした。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


ハリケーンは攻撃的なクモを助長する

 熱帯低気圧の後では、攻撃的な性質のクモのコロニーの方が、穏やかな性質のクモのコロニーよりも生存率と繁殖率が高いことを明らかにした論文が今週掲載される。この研究は、極端な事象が、動物の行動の形成で役割を果たしている可能性があることを示唆している。

 熱帯低気圧は、自然生息地に大規模な撹乱を生じる。しかし、頻度が低く予測しがたいことが多いその事象の生態学的影響は、暴風雨の襲来前後で生息地を比較する必要があるため、研究するのが困難である。

 Alexander Littleたちは、2018年に米国のメキシコ湾岸と大西洋岸を襲った3つの熱帯低気圧の前後で、集団生活を営むクモ(Anelosimus studiosus)のコロニーのサンプル調査を行った。彼らは、熱帯低気圧の経路を予想することにより、予想経路上にあるコロニーのサイズを評価し、それぞれのコロニーが模擬的被食者に対してどれだけ攻撃的に反応するかを調べた。著者たちは、クモの巣を振動させて攻撃に出てきたクモを数え、さらに、低気圧の通過から48時間後に現地へ戻ってどのコロニーが生き残ったかを調べ、その後の2回の訪問で卵をいくつ産んだか、孵化した幼虫が何匹かを数えた。低気圧の前に攻撃性が高かったコロニーは、暴風雨襲来後の繁殖率と幼虫生存率が高かった。熱帯低気圧の影響を受けなかった地域では、穏やかなコロニーのほうが有利であった。



参考文献:
Little AG. et al.(2019): Population differences in aggression are shaped by tropical cyclone-induced selection. Nature Ecology & Evolution, 3, 9, 1294–1297.
https://doi.org/10.1038/s41559-019-0951-x

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント