『卑弥呼』第26話「剛毅」

 『ビッグコミックオリジナル』2019年10月20日号掲載分の感想です。前回は、タケル王がトンカラリンの洞窟から脱出できた場合を懸念するイクメに、そうなれば日見子(ヒミコ)たる自分が消えればよい、とヤノハが答える場面で終了しました。今回は、トンカラリンの洞窟の入口の前で、鞠智彦(ククチヒコ)の配下の志能備(シノビ)と思われるシコロが見張っている場面から始まります。そこへ、シコロよりも上の志能備と思われるアラタと棟梁が現れます。シコロはアラタと棟梁に、山社(ヤマト)の兵2人(ミマアキとクラト)が3日前にトンカラリンの洞窟にタケル王を封じ込め、タケル王を洞窟に残して出てきた、と説明します。ミマアキとクラトは、洞窟の中でタケル王を連れまわし、暗闇の中に放置したわけです。洞窟の出口には、おそらくは志能備のスサという人物が見張っていますが、タケル王はまだ現れていない、とシコロはアラタと棟梁に報告します。棟梁はアラタに、トンカラリンの洞窟に残るよう指示し、自分は鞠智彦に報告するために戻る、と言います。洞窟に入ってタケル王を救出しなくてもよいのか、とアラタに尋ねられた棟梁は、地図がなければ誰も迷うだけなので、絶対に中に入るな、と指示します。それでもタケル王を放置することに躊躇うアラタに、タケル王は日見彦(ヒミヒコ)なので、造作なく出られるはずだ、と棟梁は言います。

 山社の眼前まで迫った那軍の陣地では、山社からの使者であるミマアキがトメ将軍と面会していました。山社を守護するミマト将軍が息子のミマアキを使者として派遣したことにトメ将軍は感心しますが、武人として名高いトメ将軍を一度見たかったので、自分の意志で使者として来た、とミマアキは言います。トメ将軍は剛毅なミマアキを気に入ります。ミマアキはトメ将軍に、日見子(ヒミコ)たるヤノハからの和議を提示します。ミマアキはトメ将軍に、山社に攻め入ろうとした暈(クマ)のテヅチ将軍が率いる千人の兵は武装解除され、タケル王は追放された、と説明します。千人もの軍に無血で勝利したのか、と愉快そうに語るトメ将軍に、自分が言った通りだろう、とヌカデが言います。トメ将軍は、日見子と名乗る祈祷女(イノリメ)のヤノハがただ者ではない、と改めて認識します。トメ将軍はミマアキに、日見子たるヤノハと会わせてもらいたい、と和議の条件を提案します。トメ将軍がヤノハと会って気に入れば和議は成立、気に入らなければ戦う、というわけです。

 鞠智(ククチ)の里では、鞠智彦が志能備の棟梁と思われる人物から報告を受けていました。テヅチ将軍が裏切って山社は戦わずして勝利し、大河(筑後川と思われます)を渡って暈軍を撃破したトメ将軍率いる那軍は山社を包囲しているものの、まだ戦いは始まっていない、と報告を受けた鞠智彦は、すべての運が山社のヤノハに向いたな、やはり一度会ってみたい、と言います。タケル王が山社の兵によりトンカラリンの洞窟に放置された、と報告を受けた鞠智彦は、面白い仕置きを考えつくものだ、と感心するように言います。早急にタケル王を救出すべきだ、と進言された鞠智彦は、トンカラリンの洞窟の見取り図がなければ助け出せないので、自分が直接助けに行く、と伝えます。

 山社では、ミマト将軍とテヅチ将軍が会見していました。テヅチ将軍は、自部隊が那軍に包囲されて山社に入った以上、もはや暈には戻れず、山社に合流するしかないだろう、と覚悟を決めていました。ミマト将軍は、先行きは暗いと指摘します。いずれ総兵25000人の暈が本気で攻めてくるので、どう考えても勝ち目はない、というわけです。日見子たるヤノハは那の全軍2万人が山社につくと予言しているが、さすがに信じられない、とミマト将軍は嘆息します。トメ将軍は日見子たるヤノハと2日後の朝に会見し、和議か戦いか、自分たちの運命も決まる、とミマト将軍とテヅチ将軍は語り合います。

 鞠智彦は配下の兵を引き連れてトンカラリンの洞窟まで来ましたが、共に洞窟に入ろうとする志能備の棟梁を制し、自分だけで中に入ろうとします。洞窟の中は危険なので、無駄な死人を出したくない、心配無用というわけです。志能備の棟梁は剛毅な鞠智彦に感心し、鞠智彦の配下のウガヤは、剛毅である以上に、下々の者の生命すら大切に考えている人だ、と言います。洞窟に入った鞠智彦は、タケル王は賢いのでこの辺りまでは正しい道を進んだと思ったが、と呟きます。すると、鞠智彦の声を聞いたタケル王が鞠智彦に声をかけます。暗闇の中でずっと考えていたタケル王は鞠智彦に、今の想いを打ち明けます。自分は真の日見彦だが、父が無事な限りはイサオ王とは名乗れない、とタケル王は言います。倭の日見彦ではあっても、暈の渠師者(イサオ)・梟師(タケル)制は超えられない、というわけです。暈では大王が代々イサオを名乗り、その息子や後継者はタケルと名乗っていました。タケル王は鞠智彦に、今後、自分は暈タケルではなく山社タケル、つまりヤマトタケルと名乗る、と宣言します。タケル王は鞠智彦に、出口まで自分を導くよう、命じます。自分は朝日を待って外に出て、鞠智彦は1日待ってこっそり出れば、自分は自力でトンカラリンの洞窟を抜け出た正真正銘の日見彦として、日見子と騙るヤノハを殺す大義ができる、というわけです。自分の言葉に無反応な鞠智彦を見て、自分は気がふれたわけではないので、安心してほしい、とタケル王は笑って言います。すると鞠智彦は、無表情のままタケル王を刺し、イサオ王から、新たな日見彦を探すのでタケル王は黄泉の国に行けと命じられた、とタケル王に伝えます。倒れたタケル王を見て、自分はお前が嫌いだった、と鞠智彦は呟きます。

 山社では、トメ将軍と日見子たるヤノハの面会の日を迎えました。ヤノハをまだ真の日見子と認めていないトメ将軍は、刀をミマアキに預けようとしません。山社の兵士たちに弓を向けられても堂々としているトメ将軍の剛毅さにミマアキは感心します。トメ将軍と面会したヤノハは、自分が真の日見子か否か確かめる余裕はない、と伝えます。ヤノハが、天照大御神から、那国はトメ将軍を裏切ったので、即刻兵を率いて渡河(筑後川と思われます)しなければ、そなたは百日以内に死ぬ、とトメ将軍に伝えるところで今回は終了です。


 今回はタケル王の最期が描かれ、暈の仕組みもやや詳しく説明されました。タケル王はいかにもといった小者でしたが、鞠智彦はタケル王を賢い人物と評価しています。まあ、賢いというよりはずる賢いといった感じですし、鞠智彦もそうした意味で発現したのでしょう。タケル王の父親であるイサオ王は冷酷な人物なので、息子を見捨て新たなタケル王を立てる可能性が高いと予想していましたが、鞠智彦が自らタケル王を殺害するのは予想外でした。イサオ王は他にも息子がいるのか、あるいは息子に限らず優秀な人物をタケル王として擁立し、日見彦として諸国に認めさせようとしているのでしょうか。鞠智彦がタケル王を嫌っていたのはもっともだろう、と思います。人物相関図で「わがままで幼稚な性格の人物」と紹介されているタケル王の言動に、鞠智彦は随分と振り回されたでしょうから、鞠智彦にとってタケル王は暈の足を引っ張っている人物という認識だったと思います。鞠智彦がタケル王にうんざりしているような描写もこれまでにあったので、今回は納得のいく話になっていました。鞠智彦は自分だけでトンカラリンの洞窟に入り、配下はそれを鞠智彦の剛毅さと思いやりと解釈していましたが、そういう側面もあるとしても、タケル王の殺害場面を見られたくなかったのが最大の理由でしょう。現時点では、ヤノハの思惑通りに事態が進んでいるように見えますが、剛毅な知恵者である鞠智彦と、それ以上に大物かもしれないイサオ王がこのままヤノハの思惑通りに進むことを見逃すとは思えず、ヤノハが鞠智彦やイサオ王とどう関わっていくのか、注目されます。

 今回の表題である剛毅とは、一人は鞠智彦、もう一人はトメ将軍を指します。トメ将軍は、ヤノハが真の日見子なのか見極めるために、ヤノハと面会します。ここで、ヤノハがアカメに、トメ将軍を陥れるような噂を那国で流すよう、命じたことが活きてくるのではないか、と思います。那国上層部は、その噂によりトメ将軍に疑いを抱いているでしょうから、トメ将軍ヤノハはトメ将軍に、兵を率いて那国に戻らせ、那国を掌握させようとしているのでしょうか。あるいは、トメ将軍に自分を真の日見子と認めさせ、トメ将軍を那国に戻らせ、那国上層部のトメ将軍への疑念を解消させるとともに、那国上層部にもヤノハを真の日見子と認めさせ、那国を新生「山社国」の側に引き込もうとしているのかもしれません。いずれにしても、暈軍が今後本気で山社に攻め込めば、さすがに山社の兵数では持ちこたえられないでしょうから、倭国随一の富を誇る那(第1話でのイクメの説明)を新生「山社国」の陣営に引き込むことは必須です。

 暈は『三国志』の狗奴国でしょうから、ヤノハと暈が和解することはなく、今後も対立を続けていくのでしょう。一方、那は『三国志』の奴国でしょうから、卑弥呼(日見子)たるヤノハの山社国(邪馬台国)陣営に就くことになりそうです。その意味で、今後の展開はある程度予想できるわけですが、その過程には創作の余地が大きいわけで、どう描かれるのか、楽しみです。『三国志』から予想すると、トメ将軍は、倭国から魏に派遣された大夫の難升米でしょうから、今後百日以内に落命することはなく、日見子たるヤノハに仕えることになりそうです。トメ将軍はかなり魅力的な人物造形になっていますから、どのような心境・経緯でヤノハに仕えることになるのか、今後の描写が楽しみです。

久住眞理、久住武『ヒューマン 私たち人類の壮大な物語─生命誕生から人間の未来までを見すえる総合科学』

 人間総合科学大学より2018年5月に刊行されました。本書は人間の総合的理解を意図しています。そのため本書は、DNAのような分子から、細胞→組織→臓器→個体→個体群(社会)→生物圏(生態系)まで各階層を扱い、それらを統合して人間を理解しようとしています。したがって、狭義の生物学だけではなく、文化的な側面にも多くの分量が割かれており、農耕や産業革命、現在進行中の情報革命(第四次産業革命)も言及されています。幅広い視野で人間を総合的に理解しようとする本書の意図はよく伝わっていると思います。専門化・細分化の進展は当然重要ではあるものの、それらを統合化することこそ肝要なのだ、というわけです。

 これは正論でほとんどの人々もそう考えているでしょうが、当然実行はたいへん困難です。本書も、広範な分野を扱っているだけに、個々の分野の専門家には疑問の残る解説もあるでしょう。たとえば、ヘッケルの反復説に肯定的なところです。しかし本書は、参考文献も明記しており、体系的な人間理解の教科書・入門書としては有益だと思います。細胞やホルモンなど、重要ではあるものの、私も含めてあまりよく理解していない人が多いだろう人間の存立基盤についての基礎的な解説もあり、生物学の復習というか、その手がかりとしても役立つでしょう。

 本書は人間の統合的理解を意図していますから、進化の観点も強く打ち出しています。本書は広範な分野を扱っているだけに、人類進化について詳しく解説できているわけではありませんが、形態の進化と文化の変容について簡潔に述べており、参考文献一覧もなかなか充実していますから、人類進化の教科書・入門書としても機能していると思います。本書は、人間の疾病にも進化的基盤がある、と指摘します。これは重要な観点と言えるでしょうが、本書は生物の出現にまでさかのぼり、長い射程で人間の進化を把握しているのが特徴です。

 こうした点も含めて本書は教科書・入門書としてなかなか良いと思うのですが、やや慎重さに欠けるところがあるのは残念です。たとえば、P120の図では哺乳類の誕生が6500万年前とされていますが、P121の図では2億2千万年前に初期哺乳類が進化し、6400万年前に哺乳類が繁栄した、とあります。ここは統一された説明にしておいてもらいたかったところです。またP124では、アウストラロピテクス属が中東で発見されたとありますが、アフリカでしか発見されていません。もっとも、これらが放置の価値を大きく下げているとは思いませんが。


参考文献:
久住眞理、久住武(2018)『ヒューマン 私たち人類の壮大な物語─生命誕生から人間の未来までを見すえる総合科学』(人間総合科学大学)

新種の翼竜(追記有)

 新種の翼竜に関する研究(Pentland et al., 2019)が公表されました。翼竜類に関する情報は、全ての大陸で発見された化石に基づいていますが、翼竜類の骨は薄く、その内部は中空であるため、不完全で断片的な化石が多くなっています。とくにオーストラリアの翼竜類の化石記録は少なく、わずか20点の断片的な標本しか知られていません。この研究は、オーストラリアのクイーンズランド州のウィントン層で出土した、頭蓋骨のいくつかの部分と5本の椎骨の化石が翼竜類の新種だと明らかにし、「Ferrodraco lentoni」と命名しました。Ferroは、ラテン語のferrum(鉄)に由来し、鉄鉱石中に保存されていたことと関係しており、dracoはラテン語で竜を意味します。

 この研究は、上顎頂と下顎頂とスパイク状の歯を含む顎の形状と特徴に基づいて、これをアンハングエラ属の化石標本と同定しました。アンハングエラ属に関する情報は、ブラジルの白亜紀前期のロムアルド層から出土した化石に依拠しています。また、Ferrodraco lentoniと他のアンハングエラ属の翼竜類の比較により、Ferrodraco lentoniの翼開長は約4メートルと示唆されました。さらに、この研究は、前歯が小さいことなどFerrodraco lentoniには独特な歯の特徴があり、これにより他のアンハングエラ属の翼竜と区別できる、とも指摘しています。

 この化石は2017年にウィントン層の一部で発見されましたが、ウィントン層の形成は、9300万~9000万年前頃のチューロニアン期の前期まで続いたと考えられています。アンハングエラ属は1億~9400万年前頃のセノマニアン期の末期に絶滅したと考えられていましたが、Ferrodraco lentoniの発見は、オーストラリアにいたアンハングエラ属の翼竜が、他の地域よりも後の時代まで生き残っていた可能性を示唆しています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【古生物学】最も長く生き残っていたかもしれないオーストラリアの新種の翼竜

 最近発見された化石が翼竜類の新種であり、チューロニアン期(9300万~9000万年前)まで生き残っていた可能性のあることを報告する論文が、今週掲載される。この化石には、頭蓋骨のいくつかの部分と5本の椎骨が含まれており、オーストラリアで発見された翼竜類の化石標本の中で最も完全な形を残している。今回の研究で得られた知見から、この化石が、アンハングエラ属の翼竜の後期の種と考えられることが示唆された。アンハングエラ属は、セノマニアン期(1億~9400万年前)の末期に絶滅したと考えられていた。

 翼竜類に関する情報は、全ての大陸で発見された化石が基になっているが、翼竜類の骨は薄く、その内部は中空であるため、不完全で断片的な化石が多い。特にオーストラリアの翼竜類の化石記録が少なく、わずか20点の断片的な標本しか知られていない。

 今回、Adele Pentlandたちの研究グループは、ウィントン層(オーストラリア・クイーンズランド州)で出土した化石が、翼竜類の新種であることを発見し、「Ferrodraco lentoni」と命名した。Ferroは、ラテン語のferrum(鉄)に由来し、鉄鉱石中に保存されていたことと関係しており、dracoはラテン語で竜を意味する。Pentlandたちは、顎(上顎頂、下顎頂、スパイク状の歯を含む)の形状と特徴に基づいて、これをアンハングエラ属の化石標本と同定した。アンハングエラ属に関する情報は、ブラジルの白亜紀前期のロムアルド層から出土した化石に依拠している。また、Ferrodracoと他のアンハングエラ属の翼竜類の比較によって、Ferrodracoの翼開長が約4メートルであることが示唆された。さらに、Pentlandたちは、Ferrodracoに独特な歯の特徴(例えば、前歯が小さいこと)があり、これによって他のアンハングエラ属の翼竜と区別できることも報告している。

 この化石は2017年にウィントン層の一部で発見されたものだが、ウィントン層の形成は、チューロニアン期の前期まで続いたと考えられており、このことは、オーストラリアにいたアンハングエラ属の翼竜が他の地域よりも後の時代まで生き残っていた可能性があることを示唆している。



参考文献:
Pentland AH. et al.(2019): Ferrodraco lentoni gen. et sp. nov., a new ornithocheirid pterosaur from the Winton Formation (Cenomanian–lower Turonian) of Queensland, Australia. Scientific Reports, 9, 1345.
https://doi.org/10.1038/s41598-019-49789-4


追記(2019年10月8日)
 ナショナルジオグラフィックでも報道されました。