中国に拘束されていた北海道大学の岩谷将教授が解放される(追記有)

 中国に拘束されていた北海道大学の岩谷将教授が解放され帰国した、と報道されました。この件は気になっていたので、ひとまず安心しました。この件については先日取り上げましたが(関連記事)、中国研究者の懸念が杞憂ではなかったことを示唆する報道になっています。中国外務省の耿爽副報道局長によると、今年(2019年)9月8日、岩谷氏は宿泊先のホテルで機密資料を所持しているのが当局に見つかり拘束され、取り調べに対して、以前から大量の機密資料を収集・取得していた違法な状況を供述し、容疑を認めて後悔の念を示していることから釈放した、とのことです。

 ネットでは掲載されていませんが、読売新聞紙面によると、岩谷氏が拘束されたのは、中国大陸から台湾に逃れた国民党関連の文書を古本屋で購入して所持していたためで、岩谷氏はスパイ法違反などの容疑で取り調べを受けていた、とのことです。耿爽副報道局長の定例記者会見と読売新聞の記事がどこまで真相を伝えているのか、門外漢には分からないのですが、仮におおむね記事の通りだとすると、外国の中国研究者にも中国共産党の統制が及びつつある、という中国研究者の懸念を裏づけるもので、憂慮されます。

 私は十数年前より、中国の経済・軍事・政治力の強化とともに、今よりもずっと中国に「配慮した」言説を日本でも強いられるようになるのではないか、と警戒していましたが、こうした問題は日本に限らないのでしょう。まあそれでも、日本をはじめとして各国には、中国との付き合いで利益を得ていたり、中国に傾倒したりしている人がいるでしょうから、中国に配慮せよ、といった感じで中国に多少なりとも批判的な言説を糾弾する人々が世界で増えていくかもしれません。

 「嫌中感情」がすっかり定着したように見える近年の日本では、それは被害妄想だと笑う人も多いでしょうが、中国が世界全体ではなくともアジア東部・南東部で覇権を確立し、日本も中国に政治・軍事的に従属するようになれば、それまで「反中的な」言説を声高に語っていた輩の中に、「現実主義」と称して「米帝」や「西側」を罵倒して中国共産党に迎合する者が現れ、現在の「ネトウヨ」よりも多数を占めるようになり、「親中的」で「反米(もしくは西側)的」」な本がベストセラーになるのかもしれません。


追記(2019年11月16日)
 「ネットでは掲載されていません」と本文では述べてしまいましたが、Twitterで該当する記事も掲載されていたことを知りました。まあ私が間抜けだったのですが、紙面では1記事のような扱いだったので、ネットでもできれば1記事にまとめておいてもらいたかったものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント