皇位継承の根拠をY染色体とする言説について、竹内久美子氏より有本香氏の見解の方がずっとまとも

 現行法では、悠仁親王に息子がいなければ将来皇位継承者が不在になるため、皇位継承への関心が以前よりも高まっているように思います。そうした中で、皇位継承の根拠をY染色体とする言説が支持を拡大しているように見えます。そうした言説の古株とも言える竹内久美子氏は、

神武天皇のY染色体です。男しか持たない性染色体Yは、父から息子へ純粋に受け継がれ、男から男へ、つまり男系でつなげている限り、そのままの状態を保ち続けます。性染色体Xも、その他の常染色体もこういうことはなく、わずか数代で「薄まって」しまいます。

発言し、また

先ほど、読者の方から指摘があり、有本氏は先人が見抜いたこと(男系男子でY染色体が純粋に受け継がれる)に敬意を払っているが、科学的根拠に基づいて説明されることに抵抗があるとのことです。私は科学的根拠ほど客観的で優れたものはないと考え、どうして抵抗があるのか、理解できないのですが。

とも発言しています。皇位継承を男系に限定することは短くとも1500年以上の伝統と言って大過はないでしょうが(前近代において皇位の男系継承が明文化されなかったのは、それが支配層において常識・大前提だったからと考えています)、その根拠をY染色体とすることには弊害が大きい、と私は考えています。この問題については以前述べたので(関連記事)詳しくは述べませんが、DNA解析のない時代には父子関係が遺伝的に保証されていたわけではないので、どこかで「間違い」が起きていた可能性もある、ということが皇位継承の根拠をY染色体とする言説の致命的な欠陥だと思います。

 皇位の男系継承は、社会的合意(前近代において、その社会の範囲は限定的だったわけですが)が積み重ねられてきた伝統により主張されるだけでよく、Y染色体という生物学的根拠を持ち出せば、じっさいに検査しなければ正統性が認められない、という話になってしまいます。その意味で、皇位継承をY染色体で説明することに抵抗がある、という有本香氏の見解は、竹内久美子氏よりもずっとまともだと思います。また、Y染色体には短いながら組換え領域がありますし、もちろん変異は蓄積されていきますから、Y染色体が「純粋に受け継がれ」て「そのままの状態を保ち続け」ることはあり得ません。まあ竹内久美子氏の発言なので、とくに驚きませんが。

 皇位継承の根拠をY染色体とする言説は、女系容認派や天皇制廃止派に付け入る隙を与えるだけの愚行だと思いますが、それ以上の問題に発展しかねません。今後、男系維持派の大半?が主張するような、旧宮家の男系男子の皇族復帰にさいして(皇別摂家の男系子孫の皇族復帰を主張する人は、私の観測範囲では皆無に近いようです)、Y染色体根拠論に基づくと、Y染色体DNAの検査が必要となるからです。仮に、現在の男性皇族と旧宮家の男系男子とでY染色体ハプログループ(YHg)が大きく異なっていた場合(たとえば、YHg-DとYHg-O)、どちらが「正統」なのか、という点をめぐって議論になり、皇室の権威を傷つけてしまうことになりかねません。じっさい、外国の事例ですが、プランタジネット朝に始まる父系一族において、サマーセット家ではどこかで家系図とは異なる父系が入っている、と推測されています(関連記事)。今後、皇族が減少するなか、旧宮家の男系男子を皇族に復帰させるとしても、DNA検査は必要ない、と私は考えています。

 なお、世論は女系容認と愛子内親王の即位を支持しており、旧宮家の男系男子の皇族復帰は支持されていない、と主張する天皇制支持の女系容認派も少なくないようですが、世論は移ろいやすいものであり、世論を根拠とするのは危険だと思います。かりに、旧宮家の男系男子に、人格・知性・体力・容貌に優れ、皇族復帰の意志のある人、つまり現時点では旧宮家の男系男子として最も有名であろう竹田恒泰氏とはとても似ていないような人がいれば、世論は一気に旧宮家の男系男子の皇族復帰に傾くのではないか、と私は危惧しています。まあ、私は子供の頃からずっと天皇制には好感を抱けず、長く廃止論者でしたから(近年では、世論で強く支持されている以上、直ちに廃止する必要はない、と考えていますが)、男系派が声高に主張し続け、一方で旧宮家の男系男子の皇族復帰も支持されないまま、悠仁親王とその配偶者の間に息子が生まれず、皇族がいなくなり、天皇制が実質的に廃止になってもよい、と考えていますが。

 日本の皇位継承に限らず、人類史において男系継承は普遍的に見られます。その意味で、日本の皇室のように長期にわたって特定の父系がある政治的体制の君主であり続けたのは珍しいとしても、男系継承自体には特別な価値はない、と言うべきでしょう。おそらくこれは、人類社会にはもともと父系的性格が強いことに起因するのではないか、と私は考えています。もっとも、現生人類(Homo sapiens)社会は単純な父系制でも母系制でもなく、所属集団を変えても元の集団への帰属意識を持ち続けるので、双系的と考えるのが妥当だと思います(関連記事)。ただ、現代人も含まれる現生類人猿(ヒト上科)の社会からは、現生類人猿社会は人類系統の一部を除くと、非母系社会だった可能性がきわめて高いと思います。さらに、ゴリラ社会は基本的に父系でも母系でもない「無系」と言うべきかもしれませんが、一部の社会においては父親と息子が共存して配偶者を分け合い、互いに独占的な配偶関係を保ちながら集団を維持しています(関連記事)。

 おそらく、現代人・チンパンジー属・ゴリラ属の最終共通祖先の時点で、父系にやや傾いた無系社会が形成されており、チンパンジー属系統ではその後に明確な父系社会が形成されたのだと思います。人類系統においても、現生人類ではない絶滅人類で父系社会を示唆する証拠が得られています(関連記事)。人類系統においては、父系に傾きつつも、じょじょに双系的な社会が形成されていき、さらに配偶行動が柔軟になっていき、母系社会も出現したのだと思います。おそらく人類史において、母系社会の形成は父系社会よりもずっと新しいと思います。ただ、そうした変化が現生人類の形成過程と関連しているのか、それともさらにさかのぼるのか、現時点では不明ですし、将来も確証を得るのはきわめて困難でしょう。

ネオニコチノイド系殺虫剤の使用により破綻した宍道湖の漁業(追記有)

 宍道湖の漁業におけるネオニコチノイド系殺虫剤の使用の影響に関する研究(Yamamuro et al., 2019)が公表されました。日本語の解説記事もあります。花粉媒介種に対して世界で最も広く使われているネオニコチノイド系殺虫剤の悪影響はよく知られています。この研究は化学・生物学・漁獲量に関する20年以上に及ぶデータを用いて、動物プランクトンからワカサギやウナギといった商業漁業種に至るまで、宍道湖の水中食物連鎖におけるネオニコチノイドの影響を追跡しました。

 その結果、1993年に初めてネオニコチノイド系殺虫剤が使用されたのと時を同じくして、春季の動物プランクトンの平均生物量が83%減少し、その直後に動物プランクトンを餌とする種の漁業が完全に破綻した、と明らかになりました。ワカサギの漁獲量だけでも、ネオニコチノイド初使用からわずか1年後には年間240トンから22トンに急減しました。この研究は、ネオニコチノイド系殺虫剤によりワカサギやウナギの餌である無脊椎動物の個体数が減少した結果、宍道湖の漁獲量も間接的に減少した、と推測しています。

 また、この時期に日本全国で湖における漁獲量が減少したことも、殺虫剤使用による食物網の崩壊に起因しているのではないか、とこの研究は示唆しています。この研究は、ネオニコチノイド系殺虫剤は世界で最も広く使用されている殺虫剤なので、同様の動態が世界中の水域でも展開している可能性を指摘しています。この研究は、脊椎動物を含むその他の生物に対しても、ネオニコチノイド系殺虫剤の間接的影響が及んでいる可能性を示しました。じっさい、すでにハチに関してはネオニコチノイド系殺虫剤の悪影響が指摘されています(関連記事)。


参考文献:
Yamamuro M. et al.(2019): Neonicotinoids disrupt aquatic food webs and decrease fishery yields. Science, 366, 6465, 620–623.
https://doi.org/10.1126/science.aax3442


追記(2019年11月16日)
 ナショナルジオグラフィックでも報道されました。

数年後に中国人がノーベル賞取りまくるのはほぼ確実なんだよ

 表題の発言がTwitterで話題になっているようです。全文を引用すると、

数年後に中国人がノーベル賞取りまくるのはほぼ確実なんだよ
論文投稿サイトすら知らない一般人は「中国人は真似ばかり」とか言うけど、いつまで中国を科学力の低い国だと思ってんだろ
とっくに追い越されてるんですけど


となります。ノーベル賞では業績から受賞までの間隔が長い場合も多いので、「数年後」では中国人がノーベル賞を「取りまくる」とまではいかないかもしれませんが、中長期的には中国人から多数の受賞者が出るのはほぼ間違いないでしょう。逆に日本人に関しては、中長期的には受賞者が減少する可能性はかなり高く、そう遠くない将来、久しく日本人が受賞していない、という会話が日本の秋の風物詩になるかもしれません。当ブログではおもに自然科学系の論文を取り上げていますが、中国人研究者の論文が増えてきているな、との印象を抱いています。

 発展する中国と衰退する日本という図式は、日本でも「リベラル」や「左翼」の人々が好んでおり、それがおおむね妥当であることは否定できません。私が十数年以上前から警戒しているのは、中国の経済・軍事・政治力の強化とともに、今よりもずっと中国に「配慮した」言説を日本でも強いられることなのですが(関連記事)、最近、北海道大学教授が中国で拘束された一件は、それが現実化しつつあることを示しているのかもしれません。もっとも、この件の背景はまだ不明なので、現時点では断定を避けておきます。

 ただ、中国も日本と同じく人口構造上の大きな弱点を抱えているので、一時期のアメリカ合衆国ほどの影響力を世界に及ぼせるかとなると、疑問も残ります。その意味で日本人は、過剰に中国を警戒するのではなく、適切に評価して是々非々で付き合っていくことが必要なのでしょうが、その判断が難しいこともまた確かです。まあ、人間社会とは難しいものだと開き直って、それをむしろ楽しむようにするのが精神衛生上はよいでしょうか。

金子拓『信長家臣明智光秀』

 平凡社新書の一冊として、平凡社より2019年10月に刊行されました。来年(2019年)の大河ドラマの主人公は明智光秀なので、すでに光秀関連の一般向け書籍が複数刊行されていますし、今後も続々と刊行されていくでしょう。もう15年以上、戦国時代の勉強が停滞しているので、この機会に新たな知見を得るとともに復習することも目的に、光秀関連の一般向け書籍を読むつもりだったのですが、戦国時代に関しては現在の優先順位がさほど高くないので、一冊に絞ろうと考えていました。そこで、著者名を見て、本書を読もうと決断した次第です。

 光秀の前半生についてはよく分からない、と研究者の間では合意が形成されているようですが、本書は、副題にあるように、光秀が織田信長の家臣だった時代に限定しており、それ以前についてはほとんど言及していません。これは研究者としての良心の表れとも言えるでしょうし、私もさほど不満があるわけではないのですが、光秀の前半生についてやや詳しく解説した近年の一般向け書籍もそのうち読んでみよう、と考えています。来年の大河ドラマでは若き日の光秀も描かれるでしょうが、どのような設定が採用されるのでしょうか。

 信長家臣時代後半の光秀は、丹波攻略を中心に、畿内とその周辺の各地に出陣しました。本書から窺える光秀像は、たいへん優秀で、主君の信長から厚い信頼を得ているとともに、主君に感謝している忠実な家臣というものです。その光秀が謀反を起こした(本能寺の変)理由について本書は、謀反の半年前にはまだ信長への感謝が見られることから、それから半年以内に信長に対する強い不満を抱くようなことがあったのではないか、と推測しています。具体的には、光秀が窓口となっていた四国(対長宗我部家)政策の変更や、稲葉家との家臣の所属をめぐる問題が挙げられています。本書の見解で注目されるのは、光秀の謀反の理由として、じゅうらいは俗説として軽視される傾向にあった、光秀が信長に暴行を受けた、という記録を重視していることです。具体的にどのような場面でなぜ光秀が信長に暴行を受けたのか、確定はできないとしても、どこかで暴行はあったのではないか、というわけです。本書は、光秀は信長が無防備で都にいる状況を見て、信長に対する不満から激情的に謀反を起こしたのであり、政権構想など確たる見通しはなかったのではないか、と推測しています。