何故欧州の科学者はネアンデルタール人やデニソワ人のY-DNAを公表しないのだろう?

 Twitterで検索していたら、表題の発言を発見しました。これは引用で、元の発言

最近は「ネアンデルタール人は最も古いグループの現生人類であり、現代人と同じ民族である」と考えられる様になり、となると「デニソワ人やクロマニヨン人も当然、現生人類である」となる。何故欧州の科学者はネアンデルタール人やデニソワ人のY-DNAを公表しないのだろう?現生人類ならば、当然ある筈

となります。こう呟いた「ニコイの水芭蕉」氏の発言にはこのように出鱈目なものが多く、しかも呟きが多く検索の邪魔になるので、以前からミュートしていました。取り上げるべきではないのでしょうが、せっかくミュートしていたのに視界に入ってきてイラっとしてしまったので、苛立ちを解消するために言及します。そもそも、ネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)や種区分未定のホモ属であるデニソワ人(Denisovan)が「現代人と同じ民族」とはあまりにも常軌を逸した発言で、そもそも民族は遺伝的に定義できるものではありません。おそらく、現生人類(Homo sapiens)を「Homo sapiens sapiens」、ネアンデルタール人を「Homo sapiens neanderthalensis」とする種区分のことを念頭に置いているのでしょうが、これは両者が種ではなく亜種レベルで区分される、と言っているにすぎず、「民族」区分を意味しているのではありません。あまりにも常識的なことなので、わざわざ述べていて恥ずかしいくらいですが。

 次に、ヨーロッパの研究者がネアンデルタール人やデニソワ人のY染色体DNAを公表していない、との認識ですが、こちらも出鱈目です。確かに、デニソワ人のY染色体DNAはまだ公表されていないと思いますが、これはデニソワ人男性ではY染色体DNAに基づく系統樹を推定できるだけの品質のデータが得られていないというだけで、ネアンデルタール人に関しては、以前にも取り上げましたが(関連記事)、イベリア半島北部のエルシドロン(El Sidrón)遺跡(関連記事)と、ベルギーのスピ(Spy)遺跡およびロシアのコーカサス地域のメズマイスカヤ(Mezmaiskaya)遺跡(関連記事)の個体のものが公表されています。エルシドロン遺跡のネアンデルタール人に関する論文(Mendez et al., 2016)の図3は以下のようになっています。
画像
スピ遺跡とメズマイスカヤ遺跡のネアンデルタール人に関する論文(Hajdinjak et al., 2018)の図2は以下のようになっています。
画像
 このようにネアンデルタール人のY染色体DNAに関してはすでに3年半以上前(2016年4月)から公表されています。それを知らなかったのは仕方ないとしても、「ネアンデルタール人 Y染色体」で検索すればすぐに分かることなのに、その手間さえかけず、あたかもヨーロッパの研究者がわざとこうひょうしないかのように仄めかすのは、本当に悪質だと思います。まあ、こうした愚劣な陰謀論的発言は多くの場合、ちょっとした検索もしないような横着と傲慢さに基づいているのでしょう。


参考文献:
Hajdinjak M. et al.(2018): Reconstructing the genetic history of late Neanderthals. Nature, 555, 7698, 652–656.
http://dx.doi.org/10.1038/nature26151

Mendez FL, Poznik GD, Castellano S, and Bustamante CD.(2016): The Divergence of Neandertal and Modern Human Y Chromosomes. The American Journal of Human Genetics, 98, 4, 728-734.
https://doi.org/10.1016/j.ajhg.2016.02.023

森林の枯死の予測

 森林の枯死の予測に関する研究(Liu et al., 2019)が公表されました。森林枯死の発生頻度が高まっていることは全世界で観測されており、その結果としての土地被覆の変化が、生態系と在来種に影響を及ぼしています。また、この数十年間にわたって、気候変動による気温と降水量のパターンの変化が、森林にとってストレスになっています。森林枯死を予測できることは、発生を未然に食い止める上で重要ですが、森林枯死の基盤となる機構が解明されていないため、難題となっています。

 この研究は、植生動態のリモートセンシングデータを用いて、森林枯死を予測するための新しい観測的手法を開発しました。この手法は、森林の回復力の変化という早期予兆信号を観測することに基づいています。回復力の変化は、森林が、潅木地のような別の種類の生態系に変化する可能性が生じる転換点に近づくと起きますが、これは一定期間にわたる衛星観測による植生データの解析によって検出でき、撹乱が起こった後の樹木の葉の回復の遅さを示している可能性があります。

 この研究は、アメリカ合衆国カリフォルニア州の森林でこの観測的手法を検証し、森林枯死の6~19ヶ月前に森林の回復力の変化を検出できる、と発見しました。この早期予兆信号は、緑色植物の密度の低下のような他の森林衰退の兆候よりも早く検出されました。この研究は、こうしたシステムによって、森林枯死の予測をこれまでよりも正確かつ早期に行なえるようになり、森林管理者が脅威を緩和し、森林の健康を回復させて森林枯死を防止するための時間的余裕が得られる、と考えています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【生態学】森林の死を予測するための新たな手掛かり

 森林の回復力(撹乱からの回復速度)の低下は、衛星観測による植生データから検出でき、森林の枯死を予測するための早期予兆信号となる可能性があるという考えを示す論文が掲載される。

 森林枯死の発生頻度が高まっていることは全世界で観測されており、その結果としての土地被覆の変化が、生態系と在来種に影響を及ぼしている。また、この数十年間にわたって、気候変動による気温と降水量のパターンの変化が、森林にとってストレスになっている。森林枯死を予測できることは、発生を未然に食い止める上で重要だが、森林枯死の基盤となる機構が解明されていないために難題となっている。

 今回、Yanlan Liu、Mukesh Kumarたちの研究グループは、植生動態のリモートセンシングデータを用いて森林枯死を予測するための新しい観測的手法を開発した。この手法は、森林の回復力の変化という早期予兆信号を観測することに基づいている。回復力の変化は、森林が、別の種類の生態系(例えば、潅木地)に変化する可能性が生じる転換点に近づくと起こるのだが、一定期間にわたる衛星観測による植生データの解析によって検出でき、撹乱が起こった後の樹木の葉の回復が遅いことを示している可能性がある。Liuたちは、カリフォルニア州の森林でこの観測的手法を検証し、森林枯死の6~19か月前に森林の回復力の変化を検出できることを発見した。この早期予兆信号は、他の森林衰退の兆候(例えば、緑色植物の密度の低下)よりも早く検出された。

 Liuたちは、このシステムによって、森林枯死の予測をこれまでよりも正確かつ早期に行えるようになり、森林管理者が脅威を緩和し、森林の健康を回復させて森林枯死を防止するための時間的余裕が得られると考えている。



参考文献:
Liu Y. et al.(2019): Reduced resilience as an early warning signal of forest mortality. Nature Climate Change, 9, 11, 880–885.
https://doi.org/10.1038/s41558-019-0583-9