梅津和夫『DNA鑑定 犯罪捜査から新種発見、日本人の起源まで』

 講談社ブルーバックスの一冊として、講談社から2019年9月に刊行されました。本書はDNA鑑定の原理をその問題点・限界点とともに分かりやすく解説しており、DNA鑑定の具体例も示されていますから、入門書としてなかなか工夫されており、楽しめると思います。また、環境DNAなど最新の研究動向も抑えられており、この点もよいと思います。著者はDNA鑑定以前の、血液型などを用いた遺伝的情報の鑑定の時代から専門家として活躍しており、DNA鑑定の黎明期から現在の隆盛までを経験してきたため、本書は簡潔なDNA鑑定史としても興味深い一冊になっていると思います。

 このように、本書は全体的には良書だと思うのですが、日本人の起源と古代DNA研究に関する見解には疑問も残りました。まず、本書は全体的に「縄文人」の影響をやや過大に評価しているように思います。もちろん本書は、現代(本州・四国・九州とその近隣の島々を中心とする「本土」)日本人における「縄文人」の遺伝的影響が10~30%程度で、この数値は今後変動する可能性が高い、という近年の知見を踏まえてはいます。また、近隣の漢人・朝鮮人との比較で、日本人の遺伝的独自性の最大の要因が「縄文人」に由来する可能性は高いでしょうから、その意味で、日本人起源論で「縄文人」に注目するのは当然だとは思います。

 しかし、「大陸の言葉ではなく縄文語から連なる日本語」との見解は、現時点ではとても断定的に語ることはできず、他の可能性もじゅうぶん想定されるでしょう(関連記事)。本書は、「縄文人」の祖先集団が長江下流域から南西諸島に少数で到来し、その後日本列島を北上していった、との見解を提示しています。その根拠は、沖縄県民において「縄文人」型一塩基多型の割合が他の都道府県よりも顕著に高いことです。しかし、これは単に「縄文人」の遺伝的影響が、「本土」集団よりも琉球集団において高いこと、つまり弥生時代以降にアジア東部から日本列島へと到来した集団の遺伝的影響が、琉球集団よりも「本土」集団の方において高いことを反映しているにすぎない、との解釈もじゅうぶん成立するように思います。

 また本書は、「縄文人」の祖先集団の流入経路として、氷河時代に北方経路からの人類集団の到来は考えにくいと指摘していますが、北海道においては、後期旧石器時代後半にマンモスがシベリアから到来し、細石刃の出現から、人類集団も同様だったと考えられています(関連記事)。また、更新世もずっと寒冷期だったわけではなく、日本列島に現生人類(Homo sapiens)が拡散してき時期は、最終氷期極大期(LGM)よりもずっと温暖だった海洋酸素同位体ステージ(MIS)3と考えられています。「縄文人」の起源は、アジア東部のどこか特定の地域の小集団ではなく、アジア東部の複数地域の集団が日本列島に到来し、融合した結果である可能性の方が高い、と私は考えています。

 日本人起源論と関連して本書の見解で気になるのは、古代DNA研究への懐疑的な視線です。確かに、本書が指摘するように、分子時計はまだとても確定的な精度とは言えませんし、古代DNA研究において試料汚染は今でもひじょうに重要な問題です。本書がとくに懐疑的なネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)のような古い年代のDNAでは、確かに深刻な問題と言えるでしょう。しかし、5年前(日本語版は4年前)に刊行された著書(関連記事)でも、試料汚染を防ぐための方法が詳しく解説されていますし、その後も試料から本来のDNAを抽出する方法論は改善されており、近年の論文でも試料汚染解決のための方法論は重点的に解説されることが多いように思います(関連記事)。また、そうした試料汚染除去とともに、より多くの内在性DNAを抽出する方法論も改善されてきています(関連記事)。古代DNA研究に関して、ヨーロッパやアメリカ合衆国のいくつかの研究所の資金力は豊富で、大規模かつ革新的です。正直なところ本書は、ヨーロッパやアメリカ合衆国の大規模な研究所の古代DNA研究を過小評価しているのではないか、と思います。

 本書はネアンデルタール人のDNA解析に懐疑的なことから、ネアンデルタール人と現生人類との交雑との見解にも懐疑的なのですが、その根拠として、ミトコンドリアDNA(mtDNA)でもY染色体DNAでも、ネアンデルタール人由来の領域が現代人では見つかっていない、ということが挙げられています。しかし、母系のmtDNAも父系のY染色体DNAも単系統遺伝なので失われやすい、と考えると別に強く疑問を抱くほどではないと思います。また、ネアンデルタール人のY染色体を有する個体は、ネアンデルタール人と現生人類との交雑集団において繁殖能力が低下し、排除された可能性が指摘されています(関連記事)。もしそうなら、ネアンデルタール人と現生人類との交雑において、ネアンデルタール人男性と現生人類女性という組み合わせが多かったというか一般的だったとすると、(出アフリカ系)現代人の常染色体DNAにネアンデルタール人由来の領域が認められるのに、ネアンデルタール人由来のmtDNAもY染色体DNAも確認されていない理由を上手く説明できそうです。もちろん、これ以外の想定もじゅうぶん可能ですが。


参考文献:
梅津和夫(2019)『DNA鑑定 犯罪捜査から新種発見、日本人の起源まで』(講談社)

髙橋昌明氏による『中世の罪と罰』の書評

 網野善彦・石井進・笠松宏至・勝俣鎭夫『中世の罪と罰』(東京大学出版会、1983年、私が所有している第9刷の刊行は1993年)が講談社学術文庫で再刊された、との呟きをTwitterで見かけました。新たに解説が所収されたのは魅力ですが、以前よりも日本中世史の優先順位が下がっているので、親本を所有しているのに新たに購入すべきか否か、迷っています。上記の呟きでは、『日本読書新聞』1984年5月21日号1面に掲載された、髙橋昌明氏による『中世の罪と罰』の書評が紹介されています。この書評は髙橋昌明『中世史の理論と方法 日本封建社会・身分制・社会史』(校倉書房、1997年)に所収されており、同書は一部の書店でまだ入手可能なようです。髙橋氏は、『中世の罪と罰』において4人の著者の間でほぼ共通の了解事項となっている論点を、以下のように整理しています。

(1)罪と罰の対応関係を現代風に割り切ることはできません。中世では、古代に淵源する罪と穢と禍を同一視する観念が強固に存続しており、そこでは穢と禍の除去=祓こそが問題でした。犯人にたいする刑罰の意識は希薄か、もしくは祓の観念を基底に中世的な刑罰が形成されました。

(2)統治者の側と在地では質的に異なった罪と罰の体系があり、ほとんどの中世人にとって現実に効力を有していたのは在地側の方でした。

(3)村落の秩序保持者たる在地領主と荘園領主の罪観念は異質なもので、後者の罪にたいする消極的な対応とは異なり、前者は積極的で厳しい処罰を強行しました。

(4)中世では路・辻・山・海などとそれ以外、あるいは夜と昼の世界など、場の性格と世界の違いにより、同一の好意が民事訴訟に基づく自力救済になったり、犯罪になったりしました。また、早い時代には正当な行為とされていたことが、時代が降ると罪になる場合もありました。

(5)物と人の本来的な一体性が損なわれた状態は不自然・不吉で、あってはならないこと、という呪術的な観念が広範に存在しました。

 髙橋氏は『中世の罪と罰』をこのように整理し、同書に代表される現在(1984年時点)の「社会史ブーム」は、高度に管理化された現代社会の重圧、あるいは高度経済成長以後のさまざまな精神的荒廃にたいする反発や、失われた人と人の絆、人と物、人と自然の結びつき、自立的・主体的労働の回復などといった人間的な願望に深く根差したものだろう、と指摘します。そのうえで髙橋氏は、こうした願望は、未来への展望が困難な中で、前近代社会、とくに最も非管理的で個人の実力がものをいう中世社会への興味・関心となって現れたのではないか、との見解を提示しています。

 髙橋氏はこのように1984年時点での「社会史ブーム」を解説したうえで、それが、こうした現代人の内面の不満とはかなりずれたところで、仲間内にしか通用しない「隠語」で高度な議論の遊戯にふけっているかに見える、マルクス主義史学も含めた戦後歴史学にたいする不信・鋭い批判にもなっている、と指摘します。髙橋氏は、歴史学の一部に見られる、「社会史には課題意識がない」とか「一種の知的遊戯」とかいった、生真面目ではあるものの高慢な論難は、天に唾する行為に他ならない、と指摘します。社会史には「課題意識がない」のではなく、違った視角からの、違ったスタイルの「課題意識」がある、というわけです。当時、髙橋氏をアンチ「四人組(『中世の罪と罰』の著者4人)」とみなす人もいたようですが、髙橋氏は『中世の罪と罰』を高く評価し、戦後歴史学「主流」側の奮起を促しています。髙橋氏はとくに、笠松氏と勝俣氏について、法制史の伝統的見地を十二分に踏まえた正統派の知的営為で、両氏に比肩するほどの後継者は容易に現れないだろう、と高く評価しています。

 また髙橋氏は、「四人組」との評価は不適切で、4人の立場や現代的な関心も相当に異なる、と指摘します。髙橋氏は、笠松・勝俣両氏と網野・石井両氏の違いとして、網野・石井両氏が笠松・勝俣両氏と多くの点で意見・認識を共有しながら、主題を戦後歴史学と直接切り結ぶところに設定している、と指摘します。髙橋氏は、おそらく4人のうちで笠松氏と網野氏がその両極をなすだろう、と評価しています。髙橋氏はそこから、驚くべき密度を誇る笠松氏の所論にもしアキレス腱があるとすれば、案外それは笠松氏の現代法にたいする理解ではないだろうか、と指摘します。髙橋氏は、「課題意識」とその根底にある現代にたいする認識において、我々は自他ともにもう少し厳しい問いかけをすべきだ、と締めくくっています。

 髙橋氏の書評は、当時の学界の雰囲気が窺えるという点でも興味深いものになっています。『中世史の理論と方法』の後書きを読むと、大学紛争以後の学問をとりまく環境と若者の生態・価値観・政治意識が急速に変わりつつあり、そうした背景で社会史が劇的に台頭した、との髙橋氏の認識が窺えます。同書からは、階級闘争や国家論を主題とした戦後歴史学で育った髙橋氏がこの急速な変化にどう対応すべきか、苦悩していたことが窺えます。髙橋氏は学部生だった1960年代半ばに、出張講義に来た黒田俊雄氏にたいして、「もっと階級的にやってください」と注文をつけたそうです。1960年代半ばには、学部生(とはいっても、「意識の高い」一部だったのでしょうが)が研究者にたいしてこのように発言する雰囲気もあったのでしょう。それが、1980年代半ばには大きく変わっていたようです。

 私の実体験は1990年代前半ですが、ある研究者(日本中世史専攻ではありません)は、1970年代と比較して現在(1990年代前半)の学生の気質は大きく変わった、「反左翼的な」見解を述べても強く反発する学生はほぼいなくなった、と発言していました。1970年代から1980年代前半にかけて日本社会の若者をとりまく知的状況は大きく変わり、それは冷戦終了とソ連崩壊により決定的になったのかもしれません(髙橋氏の書評から窺えるように、上の世代の研究者ではまた様相が異なるのでしょうが)。これを堕落と考えるような人も日本社会にはまだ少ないながら存在するのかもしれませんが、マルクス主義が絶対的な権威から転落したこと自体は、たいへん歓迎すべきではないか、と私は考えています。