感情を表す言葉における普遍性と多様性

 感情を表す言葉における普遍性と多様性に関する研究(Jackson et al., 2019)が公表されました。日本語の解説記事もあります。愛という感情はほぼ全ての人が感じます。しかし、トルコ語のsevgiやハンガリー語のszrelem、それらの英訳であるloveが伝える感情は同じなのか、という問題があります。本論文は、世界の口語の1/3以上で感情を伝えるために使用されている言葉の意味のマッピングにより、感情をどう表現するかは文化によって大きく違う、と明らかにしました。これまでの研究ではおもに一つから二つの文化の徹底比較や感情の限定的な選択が行なわれていましたが、この研究の規模は前例のないものだったので、異文化間の大きな相違が明らかになりました。

 多数の人の言語を集めた語彙集には、感情を表す言葉が豊富に載っています。感情を表す言葉の多くはどの言語においても、人間の基本的感情を名づけたものだと考えられます。たとえば、loveやangerです。しかし、感情を表現するすべての言葉の意味が同じというわけではありません。たとえば、ポルトガル語のsaudadeは、厳密に言えば、ないものや失ったものへの切望が引き起こす深い憂愁の感情を表す言葉で、英語にはそれを直訳した言葉はありません。したがって、感情は人の状態を特徴づける一部分ですが、それらを表現するために使用される言葉の意味には微妙な違いがあり、単純な言い回しの中に強く複雑な感情を込めて伝えられます。

 しかし、感情があらゆる文化で同じ意味内容なのかどうかは依然として不明です。本論文は、「コレクシフィケーション」と呼ばれる、言葉の意味における多様性と構造を評価する比較言語学による新しい方法を用いて、話者が比較的少なく研究も進んでいない小言語を含む、20の主要語族2474言語の実例における意味パターンを特定しました。その結果、感情を表す言葉は、対訳辞書では同一となっていても、言語間でその意味に大きな違いがある、と明らかになりました。しかし、この違いのパターンは、言語の地理的分布とそれらが肯定的感情の表現か否定的感情の表現かで予測でき、これは感情という人間の体験は生物学的進化のみならずそれらを表現する言葉によっても形成されることを示している、と本論文は指摘します。


参考文献:
Jackson JC. et al.(2019):Emotion semantics show both cultural variation and universal structure. Science, 366, 6472, 1517–1522.
https://doi.org/10.1126/science.aaw8160

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント