4万年以上前までさかのぼるヨーロッパの投射技術

 ヨーロッパにおける投射技術が4万年以上前までさかのぼる可能性を報告した研究(Sano et al., 2019)が報道されました。日本語の解説記事もあります。これまで、ヨーロッパにおける投射具の最古の事例は、フランスのコンブ=ソニエール(Combe Saunière)遺跡のソリュートレアン(Solutrean)層で発見された23000年前頃の投槍器と考えられてきました。本論文は、イタリア半島南部のカヴァッロ洞窟(Grotta del Cavallo)遺跡のウルツィアン(Uluzzian)層で発見された石器が、ヨーロッパにおける最古の投射具の証拠になる、と報告しています。

 ウルツィアン(Uluzzian)は伝統的に、ヨーロッパ南部(イタリアおよびギリシア)における中部旧石器時代から上部旧石器時代への移行期文化として認識されてきましたが、最近では上部旧石器時代早期の分化として再定義されています。また、カヴァッロ洞窟のウルツィアン層では現生人類(Homo sapiens)の臼歯が発見されており(関連記事)、以前はネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)の所産と考えられていたウルツィアンは、近年では現生人類の所産と考えられるようになってきています。ウルツィアンは、装飾品・磨製骨器・顔料・小石刃製の三日月形石器など、「現代的」な特徴を示す文化です。とくに三日月形石器はウルッツィアン文化の指標とされており、ヨーロッパではネアンデルタール人の所産とされているムステリアン(Mousterian)石器群とは異なる、技術形態学的な特徴を有しています。

 本論文は、カヴァッロ洞窟遺跡の45000~40000万年前頃となるウルツィアン層から出土した146点の三日月形石器の分析結果を報告しています。類似した三日月形石器はアフリカ東部の現生人類の所産と考えられる遺跡で発見されていますが、アフリカ東部からヨーロッパへの拡散経路を示す考古学的証拠はまだ見つかっていません。三日月形石器はデジタルマイクロスコープで観察され、そのマクロおよびミクロ痕跡が、実験試料に認められる使用痕跡と比較分析されました。その結果、多くの三日月形石器に、指標的な衝撃剥離とミクロレベルの線状痕が観察されました。

 これらの衝撃剥離は、投槍器や弓で投射されたサンプルに認められた衝撃剥離のパターンに似ていましたが、突き槍や投槍の実験で形成された衝撃剥離とは明らかに違うものでした。この知見は、アフリカからアジア南西部を経由してヨーロッパに拡散してきた現生人類が、すでに投槍器や弓のような投射具を装備していた、と示唆します。これは、ヨーロッパにおける投射具の年代を以前の推定よりも2万年以上さかのぼらせることになります。今後、ヨーロッパの他の上部旧石器時代早期の遺跡で、投射具の痕跡の確認事例が増えていくかもしれません。本論文は、フランス地中海沿岸の移行期文化であるネロニアン(Neronian)では、ウルツィアンよりも5000年以上前に投射具が用いられていたかもしれないものの、その機能検出には体系的な石器の使用痕分析が必要と指摘します。

 また、いくつかの三日月形石器に認められた付着物のフーリエ変換赤外分光分析から、これらの三日月形石器は、オーカー・樹脂・蜜蝋を混ぜた混合接着剤で柄に付けられていた、と明らかになりました。カヴァロ洞窟で回収された赤い土のフーリエ変換赤外分光分析の結果、遺跡内の土壌が混じっていた可能性はなく、付着物はオーカーを含んだ接着剤である、と確認されました。このような複合的な接着剤は、固定強度を高めるため、速い速度で獲物に当たったさいに、石器が柄から外れるのを防ぐ効果があります。

 投槍器や弓を使った狩猟具は強い衝撃力を有するので、投射技術を有していた現生人類は、投射技術のないネアンデルタール人との生存競争において有利に立てたのではないか、と本論文は推測しています。また、投射技術は長距離から獲物を狩れるので、手で槍を持って獲物に突き刺したり、手で槍を投げたりするより安全でもあります。ネアンデルタール人は木製の槍を使用し、先端に石器を装着した可能性もあります。しかし、ネアンデルタール人の狩猟に関する現時点での研究に基づくと、槍を突き刺したか手で投げたと推測され、道具を用いて投射していたわけではなさそうだ、と本論文は指摘します。ネアンデルタール人の狩猟法は接近戦が主体との見解は有力で(関連記事)、この観点からもネアンデルタール人にたいする現生人類の優位が支持されます。

 ヨーロッパにおいて、ネアンデルタール人の狩猟はアジア南西部から拡散してきた現生人類よりも非効率的で危険だったため、現生人類との競争で不利になったネアンデルタール人は、すでに減少していた人口を回復させられず、滅亡したのではないか、というわけです。本論文はその傍証として、カヴァッロ洞窟では後期ムステリアン層よりもウルツィアン層において若いウマが多く狩られている、という考古学的証拠を提示します。若いウマは成体の雄に保護されているので、若いウマの集中的狩猟はウルツィアン集団の熟練した長距離狩猟を反映しているかもしれない、というわけです。

 ただ、ウルツィアンが現生人類の所産なのか、疑問も呈されています(関連記事)。本論文が明らかにしたウルツィアンの投射技術は、ウルツィアンの担い手がネアンデルタール人ではなく現生人類である可能性を強く示唆する、と言えるかもしれませんが、ウルツィアン全体ではどうなのか、また同時期のヨーロッパの移行期文化や、その後の上部旧石器時代前期ではどうなのか、という検証の進展がこの問題の解明には重要となりそうです。あるいは、ウルツィアンの担い手がネアンデルタール人と現生人類の双方だった可能性も考えられます。両者の交流が新たな文化を創出した、というわけです。

 また、狩猟法において現生人類はネアンデルタール人にたいして優位に立っていた、との見解も慎重に考えなければならないでしょう。実験考古学では、獲物から20m程度の距離でも、投槍で獲物を仕留められ、獲物からの距離が長ければ、手で槍を投げても投槍器を用いる場合と同等の効果が得られる、との見解も提示されています(関連記事)。また、ネアンデルタール人と上部旧石器時代の初期現生人類の頭蓋外傷受傷率は類似している、との見解も提示されています(関連記事)。つまり、ネアンデルタール人が現生人類よりも危険な狩猟法を用いていたのかも確定的ではない、というわけです。投射技術により現生人類がネアンデルタール人よりも優位に立ち、ネアンデルタール人は絶滅に追い込まれた、との見解は魅力的ですが、この見解が通説となるには、さらなる検証が必要でしょう。


参考文献:
Sano K. et al.(2019): The earliest evidence for mechanically delivered projectile weapons in Europe. Nature Ecology & Evolution, 3, 10, 1409–1414.
https://doi.org/10.1038/s41559-019-0990-3

イギリスにおける移住と遺伝子の差との関連

 イギリスにおける移住と遺伝子の差との関連についての研究(Abdellaoui et al., 2019)が公表されました。イギリスでは、ヒトのDNAは先祖の違いを反映すると知られており、また人々が伝統的に生まれた土地に留まってあまり移動しないため、数世紀にわたって維持されてきました。しかし、DNAの構成が産業革命や後の移住などの国内移動によってどのように影響を受けているかについてはよく分かっていませんでした。

 この研究は、イギリスバイオバンクに登録されたヨーロッパ系の45万人以上を対象に、約120万の遺伝的変異を使って、多遺伝子スコア(特定の形質に関する人の遺伝的素因の推定値)を計算しました。その結果、解析した33の遺伝形質のうち、21の形質に明瞭な地域的偏りが認められました。また、参加者の多遺伝子スコアは、年長の遺伝的祖先の影響を取り除くと、遠くに住む他の参加者の多遺伝子スコアよりも、近隣に住む人々の多遺伝子スコアに近い、と明らかになりました。このパターンはとくに、学業達成度に関するスコアについて強く認められました。低学歴と関連する遺伝的変異は、炭鉱町などの経済的に苦しい地域でより多く認められました。この研究は、参加者が学業達成度に関して高い遺伝的素因を有している場合、貧しい地域を去っている可能性が高いのではないか、と示唆しています。

 さらにこの研究は、選択的な移動が、遺伝的変異だけでなく、究極的には投票傾向などの集団的な態度と一致する可能性のある、社会的および経済的な問題の地域への偏りと関連する可能性がある、と見いだしています。たとえば、選挙結果にみられる地域差は、地域の社会経済的状態、ならびに学業達成度と相関する遺伝的変異の両方と関連しています。社会的成層は、イギリスにおける遺伝的変異の地域分布に影響を及ぼしている可能性が高く、健康や不平等に関連する政策、さらには遺伝子と行動変化の関係に関する今後の研究に重要な意味を持つ、との結論をこの研究は提示しています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【遺伝学】英国における社会経済的要因による移住は遺伝子の差と関連する

 英国では、メンタルヘルス、個性、学業達成度などのさまざまな形質と関連する遺伝的変異が地域によって偏っていることを報告する論文が掲載される。この研究で、この傾向はおそらく祖先の違いによるものではなく、社会経済的に駆動された近年の移動によるものであると考えられることが示唆されている。

 英国では、ヒトのDNAは、先祖の違いを反映することが知られており、また人々が伝統的に生まれた土地に留まってあまり移動しないため、数世紀にわたって維持されてきた。しかし、DNAの構成が、産業革命や後の移住などの国内移動によってどのように影響を受けているかについてはよく分かっていなかった。

 今回、Abdel Abdellaouiの研究チームは、英国バイオバンクに登録されたヨーロッパ系の45万人以上を対象に、約120万の遺伝的変異を使って、多遺伝子スコア(特定の形質に関する人の遺伝的素因の推定値)を計算した。すると、解析した33の遺伝形質のうち、21の形質に明瞭な地域的な偏りが認められた。また、参加者の多遺伝子スコアは、(年長の遺伝的祖先の影響を取り除くと)、遠くに住む他の参加者の多遺伝子スコアよりも、近隣に住む人々の多遺伝子スコアに近いことが判明した。このパターンは特に、学業達成度に関するスコアについて強く認められた。低学歴と関連する遺伝的変異は、炭鉱町などの経済的に苦しい地域でより多く認められた。研究チームは、参加者が学業達成度に関して高い遺伝的素因を有している場合、貧しい地域を去っている可能性が高いのではないかと示唆している。

 さらに研究チームは、選択的な移動が、遺伝的変異だけでなく、(究極的には投票傾向などの集団的な態度と一致する可能性のある)社会的および経済的な問題の地域への偏りと関連する可能性があることを見いだしている。例えば、選挙結果にみられる地域差は、地域の社会経済的状態、ならびに学業達成度と相関する遺伝的変異の両方と関連している。

 社会的成層は、英国における遺伝的変異の地域分布に影響を及ぼしている可能性が高く、健康や不平等に関連する政策、さらには遺伝子と行動変化の関係に関する今後の研究に重要な意味を持つと、研究チームは結論している。



参考文献:
Abdellaoui A. et al.(2019): Genetic correlates of social stratification in Great Britain. Nature Human Behaviour, 3, 12, 1332–1342.
https://doi.org/10.1038/s41562-019-0757-5

コウモリが山火事から恩恵を受けている可能性

 コウモリが山火事から恩恵を受けている可能性に関する研究(Steel et al., 2019)が公表されました。山火事は、生物多様性と生息地の質に影響を及ぼす重要な生態学的過程です。火災により生じる生息地の不均一性(しばしばpyrodiversityと呼ばれます)は、コウモリの採餌と就塒(ねぐらに就くこと)に影響を及ぼし、生息地の質にとって重要な駆動要因になっています。しかし、森林景観において山火事がコウモリの発生と多様性に及ぼす影響については充分な研究がまだ行なわれておらず、火災が起こりやすい生態系でのコウモリの保全と管理に関して、数々の課題が生じています。

 この研究は、山火事の規模とpyrodiversityが、シエラネバダ山脈の森林に生息するコウモリの群集に対してどのような影響を及ぼすのか調べるため、2014~2017年のコウモリの個体数をモニタリングしました。その結果、この地域でよく見られるコウモリ種17種のうち、6種(オオクビワコウモリ、ミミナガホオヒゲコウモリ、メキシコオヒキコウモリなど)の占有率が、山火事の規模に比例して上昇し、ホソゲホオヒゲコウモリの占有率だけが低下した、と明らかになりました。また、pyrodiversityが大きい地域では、3種の占有率が上昇した、と明らかになりました。検出された種の総数(種の豊富さ)は、火災を免れた地域では8種でしたが、中程度以上の焼損規模の地域の方が多く、11種でした。

 これらの結果から、コウモリが最大の恩恵を得るのは、山火事の規模が中程度で、焼損規模に多様性が認められる場合である、と示唆されました。この研究は、コウモリは山火事の増加に対して、ある程度の回復力を持っており、この傾向は気候変動とともに継続することが予想される、と指摘しています。これらの知見は、火災が起こりやすい森林地域におけるコウモリの保全と管理の戦略を改善する上で、役立つ可能性があります。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【生態学】森に棲むコウモリは山火事から恩恵を受けているかもしれない

 シエラネバダ山脈で発生する山火事に対して、コウモリはさまざまな応答を示しているが、積極的な応答が多いことを示唆する論文が掲載される。この知見は、火災が起こりやすい森林地域におけるコウモリの保全と管理の戦略を改善する上で役立つ可能性がある。

 山火事は、生物多様性と生息地の質に影響を及ぼす重要な生態学的過程である。火災によって生じる生息地の不均一性(pyrodiversityと呼ばれることが多い)は、コウモリの採餌と就塒(ねぐらに就くこと)に影響を及ぼし、生息地の質にとって重要な駆動要因になっている。しかし、森林景観において山火事がコウモリの発生と多様性に及ぼす影響については十分な研究が行われておらず、火災が起こりやすい生態系でのコウモリの保全と管理に関して数々の課題が生じている。

 今回、Zachary Steelたちの研究グループは、山火事の規模とpyrodiversityが、シエラネバダ山脈の森林に生息するコウモリの群集に対してどのような影響を及ぼすのかを調べるため、2014~2017年のコウモリの個体数をモニタリングした。この地域でよく見られるコウモリ種17種のうち、6種(オオクビワコウモリ、ミミナガホオヒゲコウモリ、メキシコオヒキコウモリなど)の占有率が、山火事の規模に比例して上昇し、ホソゲホオヒゲコウモリの占有率だけが低下した。また、pyrodiversityが大きい地域では、3種の占有率が上昇した。検出された種の総数(種の豊富さ)は、火災を免れた地域で8種だったものが、焼損規模が中程度以上の地域の方が多く、11種だった。

 以上の結果から、コウモリが最大の恩恵を得るのは、山火事の規模が中程度で、焼損規模に多様性が認められる場合であることが示唆された。Steelたちは、コウモリは山火事の増加に対して、ある程度の回復力を持っており、この傾向は気候変動とともに継続することが予想されると考えている。



参考文献:
Steel ZL. et al.(2019): The effects of wildfire severity and pyrodiversity on bat occupancy and diversity in fire-suppressed forests. Scientific Reports, 9, 16300.
https://doi.org/10.1038/s41598-019-52875-2

三鬼清一郎『大御所徳川家康 幕藩体制はいかに確立したか』

 中公新書の一冊として、中央公論新社から2019年10月に刊行されました。本書は大御所時代の徳川家康、つまり征夷大将軍を息子の秀忠に譲ってから死去までの約10年を基本的には対象としています。この期間は、江戸幕府の体制確立においてたいへん重要となります。本書は、家康の大御所政治の前提として、養子も含めて息子に家督を譲った父親が、依然として実権を把握している事例を取り上げています。家康とよく比較対象になる織田信長も豊臣秀吉もそうでしたし、戦国大名においてもそうした事例は珍しくありませんでした。

 本書は大御所時代の家康の政治を概観し、大坂城の豊臣対策として、各地に城を築いたり、整備していったりしたことを指摘します。本書はこれらの築城を豊臣包囲網と評価していますが、家康存命時には、そうした性格が強かったことは否定できないのでしょう。本書は外交面では、豊臣政権での朝鮮出兵による日本の孤立からの脱却を家康は構想していた、と本書は指摘します。ただ、本書がおもに取り上げるのは朝鮮とヨーロッパ勢力で、明との直接的関係はほとんど言及されていません。

 本書が取り上げた時代と関連する小説もコラムとして取り上げられており、一般向けであることを強く意識した構成になっているように思います。ただ、本書の構成で疑問が残るのは、大御所時代の家康を対象としながら、水戸藩について1章を割き、『大日本史』ばかりか幕末の水戸藩の情勢までやや詳しく解説していることです。柳川一件や島原の乱までは、本書の主題を考えると言及されてもとくに問題ないと思いますが、幕末の水戸藩の情勢をそれなりに取り上げるのは、さすがに行き過ぎだと思います。