44000年以上前のスラウェシ島の形象的な洞窟壁画(追記有)

 44000年以上前のスラウェシ島の形象的な洞窟壁画に関する研究(Aubert et al., 2019)が報道されました。ナショナルジオグラフィックでも報道されています。『サイエンス』のサイトには解説記事が掲載されています。この研究はオンライン版での先行公開となります。象徴的思考の考古学的指標となる芸術は「現代的行動」の代表例の一つとされており、その出現は人類進化史において画期とされています。後期更新世に出現した洞窟壁画は、芸術作品の中でも比較的残りやすいことから、高い関心が寄せられてきました。

 じゅうらい、最初期の洞窟壁画はヨーロッパでのみ確認されていましたが、21世紀になってインドネシアでは、スラウェシ島(関連記事)やボルネオ島(関連記事)で4万年前頃までさかのぼる世界でも最初期の洞窟壁画が確認されています。スペインでは65000年前頃までさかのぼる非形象的な洞窟壁画が発見されており、ネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)の所産とされていますが(関連記事)、その年代と制作者に関しては議論が続いており(関連記事)、まだ当ブログで取り上げていないものもあります。

 このネアンデルタール人の所産とされる洞窟壁画もそうですが、最初期のものはおおむね非形象的です。ネアンデルタール人の所産とされる6万年以上前の事例を除くと、ヨーロッパでは最古となるスペインのエルカスティーヨ(El Castillo)洞窟の壁画は4万年前頃ですが、形象的壁画の出現は32000年前頃以降と推測されています(関連記事)。そのため、「現代的行動」の指標とされる描画でも、形象的か否かを重視する見解も提示されています(関連記事)。ネアンデルタール人は線刻や手形を残せても、形象的表現はできず、それが現生人類との大きな違いだった、というわけです。

 その意味で、形象的表現としては現時点で最古となりそうな、ボルネオ島の野生ウシと思われる4万年前頃の動物壁画の事例は、重要と言えそうです。以前は、人類史において最初に芸術が開花したのはヨーロッパと考えられていましたが、アジア南東部ではヨーロッパと同年代かもっと古くから芸術活動が行なわれていたわけで、おそらく現生人類(Homo sapiens)は出アフリカの前から、潜在的には形象的表現も含む芸術活動が可能な認知能力を有しており、その最古級の痕跡が現時点ではヨーロッパ西部とアジア南東部に偏在しているのは、単に残存性の問題なのかもしれません。

 インドネシアでもヨーロッパでも、洞窟壁画で形象的表現として動物は多く描かれていますが、動物を狩るヒトはほとんど描かれておらず、動物とヒトを合成した表現(獣人)も稀です。獣人を表現した最古の事例は、ドイツ南西部のホーレンシュタイン-シュターデル(Hohlenstein–Stadel)洞窟で発見された、40000~39000年前頃となる早期オーリナシアン(Aurignacian)の「ライオンマン」像で、マンモスの牙で制作されました。この「ライオンマン」像は、存在しないものを想像する能力が主教の基盤になると考えられているため、重視されてきました。ボルネオ島の洞窟壁画では、21000~20000年前頃以降、ヒトが描かれるようになります。これまで、ボルネオ島やスラウェシ島では、洞窟壁画が描かれるようになった4万年前頃までさかのぼるヒトの描写は確認されていませんでした。

 本論文は、2017年12月に発見された、スラウェシ島のマロス・パンケプ(Maros–Pangkep)地方にあるリアンブルシポン4号(Leang Bulu’ Sipong 4)洞窟(以下、LBS4と省略)の、幅4.5mの壁画を報告しています。描かれている動物は、2頭のイノシシと4頭の小型スイギュウ(アノア)です。また、8個体のヒトらしき絵も描かれていますが、嘴や尾のような(ヒトではない)動物の特徴も備えており、本論文は獣人と解釈しています。ウラン系列法による年代測定では、アノア2で412600±240年前、アノア3で41320±380年前、イノシシ1で36620±280年前と44410±490年前という結果が得られています。これらはいずれも、絵の上に付着した二次生成物の年代測定なので、描かれた年代はそれ以前となります。イノシシ1は獣人1、アノア2は獣人2、アノア3は獣人3~8と関連づけられています。イノシシ1は44000年以上前に描かれたことになりますから、現時点では世界最古の形象的表現となります。以下、この洞窟壁画の写真も含めた本論文の図2です。
画像

 本論文はこれら一連の洞窟壁画を狩猟場面と解釈し、最古の物語的表現と主張しています。獣人という想像上の形象的表現もそうですが、こうした虚構の世界を語り、表現する能力は、宗教とも関連していると考えられることから、注目されてきました。芸術活動だけではなくこうした能力も、現生人類が出アフリカ以前より潜在的に備えていたのでしょう。問題となるのは、本論文でもやや懐疑的に扱われているネアンデルタール人の洞窟壁画の事例です。確かに、ネアンデルタール人が確実に残したとされる形象的表現はまだ確認されていませんが、ネアンデルタール人の所産とされる洞窟壁画には形象的表現もあるので、今後、ネアンデルタール人の形象的表現が確認される可能性は低くないように思います。虚構を語る能力をネアンデルタール人が有していた可能性も、きょくたんに低いわけではないだろう、とさえ私は考えています。

 なお、上記報道によると、芸術学専攻の小川勝氏は、獣人とされている絵はじっさいには動物で、そうだとすると、狩猟場面を描いた壁画ではない、と指摘しています。また小川氏は、LBS4の壁画を複数の研究チームが検証したわけではないので、年代測定も含めて信頼性という点でまだ不充分とも指摘しています。年代測定の根拠となったウラン系列法は、ネアンデルタール人の所産とされる6万年以上前の洞窟壁画の研究でも用いられていますが、信頼できる方法ではあるものの、標本の扱いと年代の解釈には難しさも指摘されており(関連記事)、本論文にたいしても、今後慎重な意見が寄せられていくかもしれません。

 なお、ここまでLBS4の壁画を描いたのは現生人類との前提で述べてきましたが、45000年前頃のアジア南東部には、現生人類ではない人類が存在していた可能性もあります。その一方はインドネシア領フローレス島のホモ・フロレシエンシス(Homo floresiensis)で、リアンブア(Liang Bua)洞窟でのフロレシエンシスの痕跡は5万年前頃で消滅しますが、その後も存在していた可能性が指摘されています(関連記事)。そのフロレシエンシスは、スラウェシ島から意図せず何度も漂着した、との見解も提示されており(関連記事)、スラウェシ島では10万年以上前の石器が発見されていることから(関連記事)、スラウェシ島には後期更新世までフロレシエンシスもしくはその近縁系統が存在した可能性は低くないように思います。

 もう一方は種区分未定のホモ属であるデニソワ人(Denisovan)で、3万年前頃までアジア南東部もしくはメラネシアに存在した可能性が指摘されています(関連記事)。ただ、フロレシエンシスもしくはその近縁系統がLBS4の壁画を描いた可能性はさすがに皆無に近いと思います。デニソワ人に関しては、そもそも3万年前頃までアジア南東部に存在した可能性がさほど高いとは言えないように思うので、LBS4の壁画を描いたのは、やはり現生人類でほぼ確定的だと考えています。


参考文献:
Aubert M. et al.(2019): Earliest hunting scene in prehistoric art. Nature, 576, 7787, 442–445.
https://doi.org/10.1038/s41586-019-1806-y


追記(2019年12月19日)
 本論文が『ネイチャー』本誌に掲載されたので、以下に『ネイチャー』の日本語サイトから引用します。



考古学:先史時代の芸術における最古の狩猟場面

考古学:最古の狩猟場面か

 M Aubertたちは今回、インドネシア・スラウェシ島の鍾乳洞で発見された1枚の岩絵について報告している。そこには、イノシシや小型のウシ科動物と共に、ヒトに似た姿がいくつも描かれている。この洞窟芸術の年代は少なくとも4万3900年前と推定され、狩猟場面を描いたものとしては世界で最古の作品と考えられる。

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』全体的な感想

 本作の平均視聴率(関東地区)は大河ドラマ史上最低で、しかもこれまでの平均最低視聴率を大きく下回り、単回での最低視聴率もこれまでの記録を大きく下回ったため、低視聴率という点で面白おかしく騒がれたように思います。率直に言って、本作が広く人気を得られなかったことは否定できないでしょう。本作は朝の連続テレビ小説『あまちゃん』の制作陣と出演者の(もちろん全員ではないにせよ)再結集といった感があり、大きな話題を呼んだ『あまちゃん』の再来を企図していたのでしょう。それが、視聴率では大惨敗だったわけですから、見通しの甘さを批判されても仕方のないところだとは思います。

 近年の大河ドラマの病巣の一つとして『篤姫』幻想がある、と私は以前から考えています。2008年放送の大河ドラマ『篤姫』は、21世紀の大河ドラマとしては驚異的な視聴率を誇り、NHKにとって、『篤姫』は21世紀の大河ドラマにおける最良の成功例なのでしょう。しかし、その(あくまでも視聴率的な意味での)成功体験に固執した結果が、2011年放送の『江~姫たちの戦国~』と2015年放送の『花燃ゆ』と2018年放送の『西郷どん』の、まず間違いなく制作陣の放送開始前の期待よりもずっと低い視聴率と、何よりも質の面での惨状をもたらした、と私は考えています。本作の視聴率での大惨敗も、大河ドラマではありませんが、『あまちゃん』の成功体験に囚われてしまった結果だと思います。その意味で本作には、成功体験への固執という近年の大河ドラマの問題点が顕著に現れている、と私は考えています。

 ただ、私は視聴率では大惨敗だった本作をひじょうに楽しめました。完走した21世紀の大河ドラマは本作で14本目となりますが、私は本作を2012年放送の『平清盛』に次いで高く評価しています。21世紀の大河ドラマでは、2007年放送の『風林火山』と2016年放送の『真田丸』と2017年放送の『おんな城主 直虎』も楽しめましたが、本作はそれら以上に楽しめました。スポーツ史の観点から近代史を描くという大河ドラマとしては異色の点も、オリンピックの問題点も描かれていたという点も高評価となります。ただ、本作の低視聴率の一因となっただろう落語話の方は、本筋との接続も、物語を落語の視点で展開するという構造も、とても絶賛するほどではなかったかな、とは思います。確かに、主人公2人と落語との関連は上手く設定されていましたが、それが明かされるまで長く、心を大きく動かされるところまではいきませんでした。

 落語話と本筋との接続を絶賛する気にはなれませんでしたが、人物造形の方は本当に上手かったと思います。本作は半世紀以上にわたる期間を描くだけに、登場人物の入れ替わりは激しく、登場回数の少ない人物も多かったのですが、それでも強烈に印象に残る人物は少なくありませんでした。すぐに思いつくだけでも、高橋是清・犬養毅・杉村陽太郎・三遊亭圓生・ヤーコプなどがいます。一方、知名度の高い人物でも織田幹雄や南部忠平のようにほとんどモブキャラだった場合もありますが、マラソンの金栗四三と水泳の田畑政治を主人公としているのですから、有名人でも重要な役割を担わせない、という脚本には問題がなかったと思います。主要人物の一人を演じていた役者の逮捕のため代役が立てられたことと、何よりも記録的な低視聴率のため、本作は大河ドラマ史における黒歴史となり、再放送も難しいかもしれませんが、いつかは再放送されて、新たな視聴者を獲得していってもらいたいものです。