大河ドラマ『麒麟がくる』第7回「帰蝶の願い」

 尾張にもまだ敵を抱える織田信秀は、大垣城を斎藤利政(道三)に奪われます。体調に不安を覚える信秀は、尾張国内・今川・斎藤という三方の敵を同時に相手にするのは困難と判断し、斎藤と和議を結ぼうとします。都から駒とともに美濃に帰還した明智光秀(十兵衛)は家に戻りますが、そこへ帰蝶が訪ねてきます。信秀は和議の条件として、嫡男の信長に利政の娘を嫁がせるよう、提示します。父の利政に信長に嫁ぐよう言われた帰蝶は反発し、光秀は叔父の光安経由で、帰蝶の気持ちを確かめるよう、命じられます。帰蝶は光秀に、かつて父の命で嫁いだ土岐頼純を父に毒殺されたことから、信長に嫁ぐのは嫌だと皆に伝えてほしい、と光秀に頼みます。

 帰蝶を説得できないと答えた光秀に利政はいったん激怒しますが、光秀を呼び戻し、国を豊かにするための和議だ、と真意を明かします。利政は改めて、帰蝶を説得するよう、光秀に命じます。その帰り、光秀は斎藤高政(義龍)に呼ばれ、稲葉良通たち国人衆とともに、織田との和議に反対するよう説得されますが、まだ迷っています。帰蝶は光秀に、うつけと言われているものの、美濃ではまだ誰も見たことのない信長をじっさいに見て、どのような人物か教えてほしい、と頼みます。信頼する光秀の信長への評価を聞いてから嫁ぐかどうか判断する、というわけです。光秀は帰蝶の想いを受け止めて尾張に潜入します。

 今回は、帰蝶と光秀が幼少時より親しくしており、帰蝶が光秀を信頼し、想いを寄せている、という設定で話が進みました。これは以前から描かれていたので、説得力はあったと思います。帰蝶は初々しさと気丈さを見せており、今のところは川口春奈氏の起用は正解だったように思います。まあ、撮り直しとなり、川口氏に寄せた演出に変えているところもあるのかもしれませんが。当時の尾張情勢と、美濃における利政と息子の高政や国人衆との対立も簡潔に描かれ、歴史ドラマとしてなかなかよいと思います。利政の真意に光秀が動かされた描写は、今後光秀に大きな影響を与えそうで、注目されます。信長は最後に顔見世程度の出番でしたが、おそらくは大河ドラマ愛好者の多くが想定・期待する信長像とは大きく異なりそうですから、これが本作の評価と視聴率に重大な影響を及ぼすでしょう。不安もありますが、楽しみでもあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント