現代人における古代型ホモ属由来の遺伝子の多様性

 現代人における非現生人類ホモ属(古代型ホモ属)由来の遺伝子の多様性について、2020年度アメリカ自然人類学会総会(関連記事)で報告されました(Kelsey, and Huerta-Sanchez., 2020)。この報告の要約はPDFファイルで読めます(P311)。現代人の遺伝的多様性は、過去の移動と相互作用により形成されてきました。非アフリカ系現代人系統はアフリカを離れて以来、ランダムな変異と、ネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)や種区分未定のホモ属であるデニソワ人(Denisovan)といった古代型ホモ属との交雑という両方により、多くの新たな多様体を獲得してきました。非アフリカ系現代人系統と古代型ホモ属との交雑後、古代型アレル(対立遺伝子)はさらに地域的な選択と人口統計学的事象により形成されていきました。

 本報告は、「古代型」多様体がどの程度非アフリカ系現代人集団の新たな遺伝的多様性に寄与したのか、定量化します。本報告はそのため、アフリカでは稀で、非アフリカ系現代人系統がアフリカを離れた後に生じた可能性の高い、古代型ホモ属と非アフリカ系現代人の間で特有の共有された変異を検証しました。本報告はさらに、これらのアレルを、チンパンジーとヒトの祖先に関連する派生的もしくは祖先的なものと識別し、「古代型」多様体を、新たな変異として非アフリカ系集団において生じた可能性の高い多様体と比較しました。その結果、派生的な新規アレルの5.5~7%と祖先的な新規アレルの65%は古代型ホモ属と共有されており、おそらくは遺伝子移入によりもたらされました。

 非アフリカ系集団の「古代型」遺伝的多様性のパターンは、非アフリカ系現代人系統がユーラシア全域に拡散し、さらにアメリカ大陸に移住した時に起きた連続的なボトルネック(瓶首効果)を考慮すると予想されるものと、ほぼ一致します。しかし一部の集団は、予想よりも多いもしくは少ない古代型ホモ属の多様体を有しており、選択圧が世界の各地域で異なって作用してきたことを反映しています。非アフリカ系現代人集団における古代型系統の割合は低水準ですが、古代型アレルは地域ごとに個体群を分類するのに充分な情報を含んでいる、と本報告は明らかにしています。これは、現代人集団で生き残っている古代型アレルが、しばしば単一集団に固有か、別の進化的過程により形成されている、と示唆します。


参考文献:
Kelsey JA, and Huerta-Sanchez E.(2020): Characterizing Archaic Hominin Variation in Human Populations. The 89th Annual Meeting of the AAPA.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント