大河ドラマ『麒麟がくる』第15回「道三、わが父に非ず」

 家督を息子の斎藤高政(義龍)に譲った利政は、出家して道三と名乗ります。明智光秀(十兵衛)は叔父の光安に呼ばれ、高政の弟の孫四郎から、織田と敵対する可能性の高い高政を当主から退かせる企てに加わるよう、依頼しますが、光秀は即座に拒絶します。孫四郎は、織田信長に嫁いだ姉の帰蝶に扇動されていました。高政はこの件を把握しており、光秀を呼び出します。孫四郎と帰蝶が自分を軽視していることに不満な高政は、帰蝶に扇動を止めさせるよう、光秀に命じます。道三に面会に行った光秀ですが、道三は、高政も帰蝶も孫四郎も信長も自力で道を切り開くしかない、と突き放します。尾張では守護の斯波義統が討たれ、内紛が生じます。帰蝶は信長の叔父の信光を扇動して、信長と敵対していた守護代の織田彦五郎を討たせ、信長は一気に勢力を拡大します。織田との同盟にずっと懐疑的な高政は、稲葉良通(一鉄)に煽られ、孫四郎への警戒心を強めて、その弟の喜平次とともに城内に呼んで殺害します。息子二人を殺された道三は激昂します。

 今回は、尾張と美濃の内紛を軸に話が展開しました。高政と道三の対立は、これまでの流れの帰結といった感じで、よかったと思います。今回も帰蝶の暗躍が目立ちましたが、本作の帰蝶はなかなか政治的手腕に優れており、上手く信長を操っている感もありますが、信長の方もそれを理解したうえで踊らされているように思います。両者の関係が、信長の勢力拡大とともにどう変わっていくのか、注目されます。藤吉郎(豊臣秀吉)と駒との縁も注目されます。藤吉郎はまだ光秀とは出会っていませんが、駒という共通の知人がいるわけで、これが光秀と藤吉郎の関係にどう影響するのか、楽しみにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント