人類史における投擲能力

 人類史において、投擲能力はひじょうに大きな意味を有したのではないか、と思います。人類は一見すると、狩猟に相応しくない特徴を有している、と言えるかもしれません。人類は、狩りを行なう動物の多くよりも素早い動きと力強さの点で劣りますし、狩りを行なう動物のように鋭い牙や鉤爪を有しているわけでもありません。しかし、優れた認知能力・道具を作るのに必要な器用な手・長距離走に適した体形・投擲に適した腕と肩の構造などにより、人類は長期に亘って陸上で最強の狩猟者として君臨してきました(関連記事)。

 この中でもとくに重要なのは投擲能力で、人類の狩猟の効率を高め、その危険性を低下させました。また、狩猟でなくとも、襲ってきたり獲物を食べたりしている肉食動物を追い払うのにも投擲はたいへん有効です。人類の投擲能力の高さは、腰が回転すること、上腕骨のねじれが少ないこと、肩関節窩が上向きの非ヒト類人猿とは異なり横向きになっていることに由来します。現時点での化石記録によると、これら三つの特徴は短期間に一括して出現したのではなく、時間的に分散して現れたようです。腰が回転することと、上腕骨のねじれが少ないことはアウストラロピテクス属の化石で確認されており、肩関節窩が横向きになったのは、200万年前頃(~180万年前頃までの間?)に出現したホモ・エレクトス(Homo erectus)以降のようです。現時点では、高い投擲能力を可能とする派生的な解剖学的特徴が最初に一括して認められるのは200万年前頃以降のホモ・エレクトスと考えられています(関連記事)。

 人類進化史においては、投擲能力の向上と引き換えに、木登りの能力は低下してしまいましたから、投擲能力の向上をもたらすような形態学的変化には、当初から投擲が選択圧として作用したと考える方が妥当でしょう(関連記事)。この形態的な変化により、人類はより直立二足歩行に特化していき、長距離走の能力が向上しました。あるいは、ホモ属における直立二足歩行への特化に関しては、直立二足歩行よりもむしろ、投擲能力への選択圧の方が重要な役割を果たした可能性も考えられます。四肢の発生に関連する遺伝子群の特定により、この問題が解明されていくかもしれません。

 投擲能力の向上が人類史において重要な役割を果たしたかもしれないとはいっても、じっさいの投擲の証拠を提示するのはなかなか困難です。初期ホモ属が投擲を行なっていた証拠となるかもしれないのが、ジョージア(グルジア)にあるドマニシ(Dmanisi)遺跡です。ドマニシ遺跡では、185万年前頃までさかのぼるホモ属遺骸と石器が発見されていますが、峡谷の入口では大量の石が発見されており、ドマニシ人が動物に投石して逃げるか、投石により動物を狩っていた可能性が指摘されています(関連記事)。おそらく、人類はアウストラロピテクス属の頃から投擲を行なっており、捕食圧を減じるとともに、食料獲得の可能性を高め、それがホモ属になって投擲能力の向上によりさらに効率的になったのでしょう。

 更新世人類の投擲でとくに威力があったと思われるのは投槍で、やや間接的ではあるものの、投槍の証拠は28万年前頃のアフリカ東部で発見されています(関連記事)。おそらく現生人類(Homo sapiens)は、古くから槍を投げて獲物を仕留めていたのでしょう。また、現生人類は投槍器を用いますが、それはヨーロッパでは少なくとも4万年以上前までさかのぼる、と推測されています(関連記事)。現生人類は投擲能力を活かした道具を使用しており、これが、世界中へと拡散し、ネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)など先住人類を置換した(一部交雑により現代人にも遺伝子が継承されています)一因になった、と言えそうです。

 現生人類に置換されてしまったネアンデルタール人が槍を投げていた確実な証拠はまだ得られていないと思いますが、ヨーロッパでは中期更新世の槍が確認されていますから、ネアンデルタール人が投槍を用いていても不思議ではありません。ネアンデルタール人が投槍器を用いた証拠は得られていませんが、投槍器なしで槍を獲物から20m程度の距離で投げても、獲物を仕留められる、と示されています(関連記事)。ネアンデルタール人は現生人類と比較して、より危険な近接狩猟を行なっていた、との見解が一般的ですが(関連記事)、ネアンデルタール人と更新世の現生人類とでは頭蓋外傷受傷率にあまり違いはない、とも指摘されています(関連記事)。少なくとも一部のネアンデルタール人は日常的に投擲行動を繰り返していた、と推測されていますから(関連記事)、ネアンデルタール人も投擲能力を活用した人類であったことは間違いないでしょう。また、ドイツで発見された30万年前頃木製棒は投擲に用いられた可能性が高い、と指摘されており(関連記事)、これは広義のネアンデルタール人系統か、あるいは別系統のホモ属の道具だったのでしょう。人類、少なくともホモ属が生き延びてきた要因の一つとして、その高い投擲能力は必ず挙げられねばならない、と思います。

岡本隆司『シリーズ中国の歴史5 「中国」の形成 現代への展望』

 岩波新書(赤版)の一冊として、岩波書店より2020年7月に刊行されました。本書はいわゆる明清交代から現代までを扱っています。本書は、17世紀の混乱期に対して、アジア東部ではダイチン・グルン(大清国)が広範な地域の安定化をもたらした一方で、ヨーロッパでは諸勢力の競合がもたらされ、これが近代における東西の違いにつながった、との見通しを提示しています。これは、オスマン帝国による広範な地域の平和がもたらされた同時代のアジア南西部とも通ずるかもしれません。

 マンジュ(満洲、元は漢字文化圏で女真と表記されたジュシェン)起源のダイチン・グルンは、人口・経済力ともに明に遠く及ばない勢力で、明の領域を支配できたのも、明が反乱で首都を陥落させられ、明の将軍による手引きがあったからで、その覇権は多分に僥倖だった、と本書は指摘します。ダイチン・グルンの支配は、基本的に在来勢力による統治の承認で、直接的に干渉しようとはしませんでした。これは藩部についてで、本部18省は直接統治だった、と一般的には認識されているかもしれませんが、本書は、漢字文化圏(漢人)の本部18省に関しても、その基層社会は明代の統治を踏襲した、と評価しています。明代の統治が集権的だったので、ダイチン・グルンの本部18省の統治も集権的・直接的に見えるというわけですが、本書は、そもそも明代の統治が集権的だったのか、疑問を呈しています。明代も、基層社会を確実に把握できていたのか、疑わしいからです。

 こうしたダイチン・グルンの支配方式は外交関係にも現れており、朝鮮は明代の冊封体制のまま属国とされましたが、東進してきたロシアとは比較的対等な関係を築いています。これは、華夷秩序に基づく一元体制を志向し続けた明との大きな違いですが、ダイチン・グルンの支配層は自らが弱小勢力だったことを強く自覚していたからなのでしょう。日本など交易のみを認める互市関係も、そうした自己認識に基づいているとともに、武装商業集団として勃興したダイチン・グルンは、交易の統制が16~17世紀のような不安定な状況をもたらす、とよく理解していたのでしょう。

 こうしたダイチン・グルンの支配は、18世紀には安定しますが、不安定要因も現れます。それは漢人社会の急速な人口増加と経済成長で、元々基層社会を把握できていなかったダイチン・グルンは、官と民との分離傾向に悩まされようになり、18世紀後半以降は反乱が続いて不安定になります。また本書は、漢人社会の経済成長が、急速な人口増加により相殺され、庶民個々の生活水準が向上しなかったことを指摘します。さらに本書は、ヨーロッパとは異なり大規模な金融の信用体制をダイチン・グルン(というかアジア東部)は構築できず、これが産業革命・近代化を達成したヨーロッパと、遅れたアジア東部との違いになった、と指摘します。

 「中国」の近代は、西洋列強(日清戦争後は日本も)の侵略と共に、官と民との分離をいかに克服していくのか、という苦闘の歴史となります。この状況で、漢人知識層の間で、モンゴルや新疆やチベットも含めて一体的な「中国」を目指す機運が高まります。しかし、とくに非漢人地域では独立への機運が高まり、この問題は現代にも尾を引いています。「中国」の一体化を目指す立場からさらに厄介だったのは、この両問題が結びつき、各地域が独自に列強との経済的結びつきを深めていったことでした。通貨制度も一元化されず、「銀銭二貨制」から「雑種幣制」へと移行します。この状況は、単に外国の侵略によるのではなく、「中国」の一体化を主張した知識層自体が、社会・経済的につながりの深い在地勢力の支持に傾いていたからでした。

 蒋介石も打開できなかったこの状況が大きく変わる契機となったのは、日本の侵略が本格化したことでした。これにより国民党側も共産党側も総力戦体制の構築を進めねばならなくなり、日本の敗戦後の国共内戦でその傾向はさらに強化されました。内戦に勝った共産党政権(中華人民共和国)下で、通貨制度も含めた社会の一元化と中央権力の基層社会への浸透が進展しました。これは、冷戦下で中国が西側世界と切り離されたことも大きかったようです。

 共産党政権下の中国は、大躍進と文化大革命の混乱の後、「社会主義市場経済」に移行しますが、これは毛沢東が克服できなかった官と民との二元構造に適合していました。そのため中国では、経済大国となった今も、格差と腐敗というこの二元構造の弊害が大きな問題となっています。また本書は、習近平政権で強調されるようになった「中国の夢」の根幹にある「中華民族の偉大な復興」に疑問を呈します。「中華民族」は「多元一体」と定義されますが、そんな「一体」の「中華民族」は存在したことがない、と本書は指摘します。存在しなかったものを回復させることはあり得ず、復興も現実ではなく「夢」である、というわけです。ずっと以前から思っていましたが、「中華民族」という概念にはやはり無理がある、と言うべきでしょう。

 本書で『シリーズ中国の歴史』は完結となります。他の巻を取り上げた記事は以下の通りです。

渡辺信一郎『シリーズ中国の歴史1 中華の成立 唐代まで』
https://sicambre.at.webry.info/202004/article_26.html

丸橋充拓『シリーズ中国の歴史2 江南の発展 南宋まで』
https://sicambre.at.webry.info/202005/article_23.html

古松崇志『シリーズ中国の歴史3 草原の制覇 大モンゴルまで』
https://sicambre.at.webry.info/202005/article_43.html

檀上寛『シリーズ中国の歴史4 陸海の交錯 明朝の興亡』
https://sicambre.at.webry.info/202007/article_28.html

最終氷期における地球規模の急激な気候変動現象の同時発生

 最終氷期における地球規模の急激な気候変動現象の同時発生に関する研究(Corrick et al., 2020)が公表されました。日本語の解説記事もあります。グリーンランドの氷床コアから得られた最終氷期(11万5000~1万1700年前頃)の気候記録により、温暖期と寒冷期を繰り返す急激な気候振動が明らかになっています。こうした振動は、ダンスガード・オシュガー(DO)イベントとも呼ばれており、急速な温暖化の時期へと急激に移行した後、徐々に、そして急激に寒冷期に戻るという特徴があります。

 振動は100年から1000年の単位で準周期的に起きます。最終氷期には北極圏以外でも同様の急激な気候変動現象が発生した、と地球上の遠く離れた場所で得られた数多くの古気候記録によって確認されています。急激な移行の原因となる過程についてはよく分かっていませんが、いくつもの過程が関連していると推測されています。しかし、同程度の精度をもつ正確な古気候の年代測定法がないため、グリーンランドのDOイベントが、他の場所で起きた急激な気候変動と同時期に発生したかどうかを判断するのは困難です。

 この研究は、正確な年代で発表された高精度の洞窟生成物記録を63件収集しました。これらの記録は、北半球の中緯度地方から南半球の亜熱帯地方におよぶ地域の、最終氷期の気候を示します。この研究はこうしたデータセットを用いて、53の大規模および小規模の急激な温暖化現象について発生時期を調べたところ、グリーンランドの氷に記録されていた現象の発生時期は、アジアのモンスーン地域、南アメリカ大陸のモンスーン地域、ヨーロッパの地中海地域で急激な気候変動が発生した時期と同じだった、と明らかになりました。この知見から、北極圏の急激な温暖化現象が地球規模の急激な気候変動を引き起こした、と示唆されます。

 これにより、地球の両半球をまたいで気候現象がほぼ同時に発生するテレコネクション(遠隔地の大気や海洋の変動が結びついて相互に有意な相関関係にある現象、遠隔相関)が明らかになりました。これは、今後世界中で発生すると予測される急激な気候変動を考えるうえで重要です。また、この時期には現生人類(Homo sapiens)の拡散と非現生人類ホモ属(古代型ホモ属)の絶滅という人類史の重要な事象が起きているので、その関連という点でも注目されます。


参考文献:
Corrick EC. et al.(2020): Synchronous timing of abrupt climate changes during the last glacial period. Science, 369, 6506, 963–969.
https://doi.org/10.1126/science.aay5538