『卑弥呼』第47話「凶手」

 『ビッグコミックオリジナル』2020年10月5日号掲載分の感想です。前回は、クラトが穂波(ホミ)の重臣であるトモに、恋仲のミマアキの殺害を依頼したところで終了しました。今回は、伊都(イト)に講和の使者として赴いていたミマアキが、山社(ヤマト)に帰還する場面から始まります。伊都のイトデ王から山社へは王冠も含めて豪華な献上品が送られ、イクメもヌカデも目を見張ります。ヌカデが見たことのない石だと思ったのは、瑠璃(今回はガラスを指します)でした。ミマアキは、瑠璃が漢からもたらされた工芸品で、熱を用いて作られ、天竺(インド)より西方で生まれたものだ、と説明します。ミマアキとイクメとヌカデの報告から、山社と伊都・那(ナ)・末盧(マツロ)との同盟が確定したことを把握したヤノハは、3人に休みを与えます。姉のイクメから、穂波(ホミ)に派遣されたクラトの帰還にはもう数日かかるだろう、と聞かされたミマアキは嘆息します。

 夜、楼観で休んでいるヤノハはアカメから報告を受けます。ヤノハの予想通りだった、とアカメは報告し、ヤノハは顔をしかめます。これが何を指すのか、今回は明かされませんでしたが、クラトが裏切り者であることをヤノハは疑っているのでしょうか。ヤノハはアカメとともに楼観から降り、警備兵の注意をそらし、ナツハがいる(軟禁されている、と言うべきでしょうか)小屋を訪ねます。ヤノハは、ナツハがミマアキの報告通り喋れないと判断します。ナツハの顔を初めて間近で見たヤノハは、何か気づいたようですが、それを追求しようとはしません。ナツハが弟のチカラオかもしれない、とヤノハは気づいたのでしょう。ナツハが心から自分の配下になったのか、まだ鞠智彦(ククチヒコ)の僕なのか分からないが、一つ頼みを聞いてほしい、とヤノハは言い、ナツハに回収していた狼や犬を自在に操る土笛を渡します。

 穂波では、ヲカ王がクラトに、山社に献上する特産の米や器類を託していました。これら献上品を運ぶ奴婢の1人が腰を痛め(おそらく穂波の重臣であるトモの指示なのでしょう)、トモ自分の奴婢に代わりを命じます。その奴婢はアチという名の巨漢でした。穂波から山社への帰還の道中、夜になり休憩しているところで、クラトはアチに、どの武器を使うのか、尋ねます。アチが使うのは、紐の先に金属製の鏃のようなものを装着した縄鏢(ジョウヒョウ)という武器でした。アチは一撃で鹿を倒し、縄鏢の威力をクラトに見せつけます。アチに昼の王となるべき人物の殺害の具体的な計画を問われたクラトは、聖地の山社には特別な許可がなければ、参拝目的以外で余所者は立ち入れないので、帰るふりをして一刻ほど森で待機し、穂波の特別な土産を渡し、内々の話があるといって、自分が昼の王となるべき友人を砦の外に呼び出す、と答えます。親友を殺すとはさぞ気が重いだろう、とアチに言われたクラトは沈んだ表情を浮かべます。アチに昼の王となるべき友人の名を問われたクラトが、葛藤しているような表情を浮かべつつ、ミマアキと答えるところで今回は終了です。


 今回注目されるのは、まずクラトによるミマアキ暗殺計画です。これはおそらく失敗するのでしょうが、ヤノハがアカメに調べさせていたこととの関連が気になります。ヤノハはミマアキとクラトが恋仲であることをヌカデに聞かされるまで知りませんでしたから、そこでクラトに何らかの疑念を抱き、アカメに調べさせていた、ということでしょうか。あるいは、クラトとは無関係のことをアカメに調べさせていたのかもしれませんが、ヤノハがナツハに狼や犬を自在に操る土笛を返却したことから考えて、クラトのミマアキ暗殺計画を阻止するよう依頼した可能性が高いように思います。クラトとミマアキの運命が気になります。おそらく、ミマアキはこの危機を切り抜けるでしょうから、クラトが死に追いやられるか亡命することになりそうです。ただ、ヤノハは大胆ですから、クラトを改心させて今後も使い続け、クラトが通じているトモとも接触し、日下(ヒノモト)にいるとされるサヌ王(記紀の神武天皇と思われます)の末裔の動向を探るのかもしれません。また、ナツハの顔を初めて間近で見たヤノハの心境も注目されます。おそらくヤノハは、ナツハが弟のチカラオだと気づいたのでしょうが、それを追求せず、重要な依頼をするところは、これまでに描かれてきた冷徹な判断ができる人物像と合致します。ヤノハとナツハの今後の関係も、本作の見どころの一つとなりそうで楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント