朝ドラ『繭子ひとり』で延命の嘆願が寄せられた露口茂氏

 『女性自身』2021年3月23・30日号に朝ドラ特集記事が掲載されていました。朝ドラ史上平均視聴率が最高の作品は、1983年4月1日から1984年3月31日まで放送されていた『おしん』であることは、よく知られています。この特集記事によると、朝ドラ史上平均視聴率第2位の作品は、1971年4月5日から1972年4月1日にかけて放送された『繭子ひとり』とのことです。『繭子ひとり』は総集編も含めて映像が全く残っていなかったそうですが、出演者の1人である杉良太郎氏からNHKに提供されたビデオの中に第125回の一部の映像が含まれていたそうです(関連記事)。

 『繭子ひとり』の主役は山口果林氏演じる加野繭子で、繭子は雑誌社の女性記者となり、北川編集長に恋をしますが、どうも北川編集長は原作では死ぬ設定の役だったようで、この特集記事によると延命嘆願が寄せられたそうです。北川編集長を演じたのは露口茂氏なので注目したわけですが、ウィキペディアの記事を読むと、すでに書かれていた情報でした。勝手に少し興奮して損をした気分になりましたが、1972年7月21日放送開始の『太陽にほえろ!』前の露口氏の芸能界における立場を窺える興味深い情報が得られたので、読んで正解でした。

 『太陽にほえろ!』での露口氏は、山さん役で一定以上の年齢の女性からの人気がひじょうに高かったそうですが(若い女性から高い人気を得たのは殿下役の小野寺昭氏)、すでに『太陽にほえろ!』の放送開始前に、『繭子ひとり』などで一定以上の年齢の女性から高い支持を受けていたのかもしれません。露口氏は北川編集長をひじょうに魅力的に演じたのでしょうから、映像がほとんど残っていないのは何とも残念です。

 1973年に放送された大河ドラマ『国盗り物語』も、露口氏が葛籠重蔵役で出演していますが(関連記事)、総集編しか映像が残っておらず、この頃のNHKのドラマの映像がほとんど残っていないのは日本の芸能史における大きな損失だと思います。ネットで見かけた情報だと、『国盗り物語』本編で葛籠重蔵の出番は多かったそうなので、いつか本編の録画も見つかるのではないか、と期待してきたのですが、残念ながら叶わないようです。

 私は戦後芸能史に詳しくないので、『太陽にほえろ!』放送開始前の露口氏の立場がどのようなものだったのか、ほとんど知りませんが、『繭子ひとり』での演技が評判だったことや、山口崇氏が出演していた、1972年5月6日~1972年8月26日まで放送された『お祭り銀次捕物帳』でクレジットのトメは露口氏でしたから、すでにかなりの地位を確立していたように思います。『太陽にほえろ!』のサウンドトラックの解説(確か1975年頃発売のレコード盤の解説そのままだと思います)で、プロデューサーの岡田晋吉氏が、露口氏が出演依頼を承諾してくれた時に成功の手応えを感じた、というようなことを述べていたと記憶していますが、これも『太陽にほえろ!』放送開始直前の時点で、すでに露口氏が俳優として高く評価されていた傍証になりそうです。

中邑徹『地震とミノア文明』

 「自然異変と文明シリーズ」の一冊として、白水社より2020年11月に刊行されました。電子書籍での購入です。本書はミノア文化を地中海世界に位置づけ、近東およびヨーロッパとの関連で論じます。また表題にあるように、本書はミノア文化に大打撃を与えた地震に着目し、クレタ島やその周囲の地理・地形も詳しく解説しています。ミノス王朝下のミノア文化最盛期には、クレタ島のクノッソス宮殿周辺では、2万人以上の住民が経済活動に従事していた、と推測されています。

 農村は小規模でしたが、最大で200人規模の農村が存在した可能性も指摘されています。ミノア文化は優れた青銅製品を輸出し、その原材料となる銅や錫を輸入するため、キプロス島など東地中海にも進出しました。古代地中海世界における青銅製品の普及は、ミノア文化の優れた青銅生産技術と海上交易圏拡大が大きかった、と本書は指摘します。こうした地中海世界の交流の中で、ミノア文化とエジプトとのつながりも生じました。ミノア文化とフェニキアとの深い交易関係もあり、紀元前1600年頃のテラ島のカルデラ噴火後にミノア文化が衰退すると、フェニキアは急成長します。

 ミノス王朝のクノッソス宮殿は、紀元前1700年頃の大地震で破壊され、その後再建されました。クノッソス宮殿の最終的な破壊と原因については議論があり、紀元前1450年頃のミケーネ王国によるクレタ島への侵攻が原因との説もありますが、最近では、紀元前1600年頃のテラ島のカルデラ噴火による地震と津波が原因と指摘されています。しかし、津波と地震の後の数世代にわたる政治的混乱と内紛拡大が原因との見解も提示されています。紀元前1600年頃のテラ島のカルデラ噴火による自然変異が収まった後、ミケーネ王国がクレタ島に侵入し、ミノス王朝に代わってエーゲ海群島を支配しました。

 古代DNA研究によると、当時のミケーネ王国とクレタ島の住民の遺伝的構成は類似していましたが、前者には後者と異なり、ユーラシア草原地帯もしくはアルメニア系統が見られます(関連記事)。紀元前1200~1100年頃、ミケーネ王国は「海の民」も関わった東地中海の大混乱の中で滅亡し、ギリシア本土は「暗黒時代」に入ります。この大混乱の中で、青銅器時代から鉄器時代へと移行します。しかし本書は、この「暗黒時代」を経ても、ミノア文化の遺産がギリシア世界に受け入れられたことを指摘します。

 テラ島の大噴火の後、ミノス王朝は衰退し、ミケーネ王国がクレタ島を支配しますが、ミケーネ王国の植民地拡大とともにミノア文化の影響は広がり、「海の民」も関わった青銅器時代末期から鉄器時代にかけての地中海東部の混乱にも関わらず、継承されていきました。その一例が、ミノア文化で筋力と速さと精神力を競う行事で、アテナイにおいてオリンピックとして定着しました。食文化でもミノア文化の影響は後世に伝えられており、単に「滅亡した文化」と把握することはできないでしょう。尤もこれは、他の「滅亡した」と認識されている文化にも当てはまるでしょうが。